テック・アイが選ぶ、2021年の人気情報ランキング!!

ad
ad

皆様に応援いただき、Tiiサイトは日々成長しております。
おかげさまで、13,883件の情報(2021年12月31日現在)を掲載し、年間88万6千件を超えるアクセスを頂いております。
これからも、使いやすく真に役立つ情報インフラとなりますよう努力してまいります。 応援よろしくお願いいたします。

さて恒例の、年間アクセス数ランキングを紹介させていただきます。
今年は、全体に加え、各部門ごとの年間ベスト10も紹介させていただきます。

なお、各部門ごとの年間アクセス数の構成は図のとおりです。

ad

2021年のアクセス数ランキング

全体

NO. 1 PV= 3353

今、ここは標高何メートル?~スマートフォンで一発表示!地理院地図がより便利に~
国土地理院のウェブ地図「地理院地図」で、現在地の標高がスマートフォンなどで瞬時にわかるようになった。

NO. 2 PV= 1805

メタレンズの進展 (Metalens grows up)
全ガラス製でセンチメートルサイズの可視スペクトルメタレンズを開発。

NO. 3 PV= 1686

ブリード・ボンド工法 (KT-110001-VE)
コンクリート打継処理工法開発会社 :東洋&#34220...

NO. 4 PV= 1346

NHKプラス「 マイページにアクセス時にシステム障害発生 」のバグが発生してるひと
2020-03-14 NHKプラス「 マイページにアクセス時にシステム障害発生 」のバグが発生してるひと NHKプラスID、パスワードを無事入力完了。 NHK+には問題なく、ID、パスワード入力...

NO. 5 PV= 1344

モバイル式コンクリート養生温度管理システム (旧:HK-100021-VE)
養生中のコンクリート内温度や、外気温・養...

NO. 6 PV= 1338

太陽活動第25周期の開始を告げる極小は2019年12月
2020-09-15 国立天文台 太陽観測科学プロジェクト  太陽黒点の数が2019年12月に極小になり、この時を境に太陽活動の第24周期が終わり第25周期が始まりました。2020年8月までに三鷹で得られた太陽黒点の観測データでは...

NO. 7 PV= 1243

世界中の雨の分布がリアルタイムでわかります!
2019年6月26日より、「JAXA世界の雨分布リアルタイム(GSMaP_NOW)」として公開中の降水データの領域を全球に拡張、世界中の雨の様子をリアルタイムにウェブ上で閲覧できるようになった。

NO. 8 PV= 1236

地図の北と方位磁石が指す北の”今”のズレがわかる!~地磁気”予測値”計算サイトを公開~
日本全国における現在および今後推定される地磁気値(偏角、伏角、全磁力等)を、地磁気の”予測値”として簡単に計算できる「地磁気予測値計算サイト」を公開した。

NO. 9 PV= 1165

海水で作る再生可能な水素
(Generating renewable hydrogen fuel from the sea) 2020/9/29  アメリカ合衆国・ペンシルベニア州立大学(PennState) ・ PennState が、海水を使用し...

NO. 10 PV= 1158

車両検知システム「カーデル・カークル」 (HK-110022-VE)
ソーラー電源と無線を利用した工事現場出入...

建設部門

NO. 1 PV= 4933

ブリード・ボンド工法 (KT-110001-VE)
コンクリート打継処理工法開発会社 :東洋&#34220...

NO. 2 PV= 3342

INSEM材製造専用プラント:SR-メサイア (QS-110030-VE)
現地土砂を活用した砂防ソイルセメント(INSEM材)&...

NO. 3 PV= 2999

レベルポイントミニ (QS-180004-A)
コンクリート床版打設時の天端表示具開発会...

NO. 4 PV= 2604

被膜型コンクリート表面養生剤エムキュアリング (KT-160044-VE)
コンクリート被膜養生剤開発会社:株式会社...

NO. 5 PV= 2563

アバノン(透水性型枠用シート) (KK-140008-VE)
コンクリート構造物表面のあばたの発生を抑...

NO. 6 PV= 2402

飛砂・粉塵・侵食防止剤クリコートC-720グリーン (KK-100037-VE)
固結層を形成する飛砂・粉塵・侵食防止剤開...

NO. 7 PV= 2229

環境配慮型濁水処理フィルター工法 (QS-100035-VE)
バイオログフィルター開発会社: 株式会社&#12454...

NO. 8 PV= 1844

視覚障害者誘導用シート「アトムセフティーガイド」(旧:CG-090008-VE)
視覚障害者誘導用シート開発会社:アトミク...

NO. 9 PV= 1825

小径強力バイブレーター (HR-110024-VE)
狭隘な過密配筋部を確実に締固めることがで...

NO. 10 PV= 1773

ジオ・ステップ簡易階段( KK-150063-A )
施工性・品質の向上に寄与するリサイクルプ...

NETIS

NO. 1 PV= 1686

ブリード・ボンド工法 (KT-110001-VE)
コンクリート打継処理工法開発会社 :東洋&#34220...

NO. 2 PV= 1344

モバイル式コンクリート養生温度管理システム (旧:HK-100021-VE)
養生中のコンクリート内温度や、外気温・養...

NO. 3 PV= 1158

車両検知システム「カーデル・カークル」 (HK-110022-VE)
ソーラー電源と無線を利用した工事現場出入...

NO. 4 PV= 1105

循環式エコ クリーンブラスト工法 (CB-100047-VE)
循環式スチールグリットによるブラスト工法...

NO. 5 PV= 1087

コンクリート品質管理システム it-Concrete(KT-200152-A)
生コンの製造・運搬・打込み情報を電子化、...

NO. 6 PV= 1000

スパイラル型内部振動機( KT-110054-VE )
螺旋状の凹凸により締固め性能を向上させた...

NO. 7 PV= 973

ソーラー式LED表示機 (旧:KK-100021-VE)
ソーラー充電式バッテリーによるLED文字・映&#206...

NO. 8 PV= 911

アスファルト付着防止剤 ネッパラン (HK-120004-VE)
舗設時にアスファルト混合物が締固め機械の...

NO. 9 PV= 887

被膜型コンクリート表面養生剤エムキュアリング (KT-160044-VE)
コンクリート被膜養生剤開発会社:株式会社...

NO. 10 PV= 869

アバノン(透水性型枠用シート) (KK-140008-VE)
コンクリート構造物表面のあばたの発生を抑...

化学部門

NO. 1 PV= 2048

世界初、100%に近い量子収率で水を分解する光触媒を開発
収率低下要因を完全に抑える高活性な光触媒の設計指針 2020-05-29 新エネルギー・産業技術総合開発機構,人工光合成化学プロセス技術研究組合 NEDOと人工光合成化学プロセス技術研究組合(ARPChem)は、信州大学、山口大学、...

NO. 2 PV= 1805

メタレンズの進展 (Metalens grows up)
全ガラス製でセンチメートルサイズの可視スペクトルメタレンズを開発。

NO. 3 PV= 1634

水電解技術の進展が低価格な再生可能エネルギーの実現に期待
(Water splitting advance holds promise for affordable renewable energy) 2020/3/ ワシントン州立大学(WSU) ・ WSU とロスアラモス国立研究...

NO. 4 PV= 1484

未来のサステナブルな接着剤は環境に残らない
(Sustainable Adhesives of the Future Won’t Stick Around)CO2を主要な構成要素とするプラスチックを使用した、生分解性の接着剤を開発。

NO. 5 PV= 1346

CO2 をエチレンに効果的に転換する経路を発見
(From CO2 to Ethylene — UCLA and Caltech Researchers Discover Effective Pathway to Convert Greenhouse Gas into Valuable ...

NO. 6 PV= 1216

ペロブスカイトシリコンタンデム太陽電池のエネルギー変換効率で世界新記録の29.15%を達成
(World Record: Efficiency of perovskite silicon tandem solar cell jumps to 29.15 per cent)ペロブスカイトとシリコンによるタンデム型太陽電池(1 ㎠セル)で 29.15%のエネルギー変換効率を達成。

NO. 7 PV= 1165

海水で作る再生可能な水素
(Generating renewable hydrogen fuel from the sea) 2020/9/29  アメリカ合衆国・ペンシルベニア州立大学(PennState) ・ PennState が、海水を使用し...

NO. 8 PV= 1081

波長200nm以下の深紫外線が発光可能な新しい半導体材料を開発
水銀(Hg)や希ガス(アルゴン、クリプトン、キセノンなど)の放電を用いることなく、200 nm(ナノメートル)以下の短い波長を含む深紫外線を発光可能な半導体材料の開発に成功した。

NO. 9 PV= 1072

炭酸塩やコンクリートへCO2を固定化し、有効利用する技術開発5テーマに着手
CO2の再資源化(カーボンリサイクル)技術の早期実用化を目指す 2020-07-14 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOはCO2を資源として捉え、炭酸塩やコンクリート製品・コンクリート構造物へCO2を固定化し、有効利用する...

NO. 10 PV= 820

ガス化をグリーンに (Gasification goes green)
ライス大学が 2016 年に実証した銅(Cu)-ルテニウム(Ru)光触媒を改良し、低エネルギー・低温度の合成ガス製造プロセスを開発。

機械部門

NO. 1 PV= 1959

スパイラル型内部振動機( KT-110054-VE )
螺旋状の凹凸により締固め性能を向上させた...

NO. 2 PV= 1204

小径強力バイブレーター (HR-110024-VE)
狭隘な過密配筋部を確実に締固めることがで...

NO. 3 PV= 1091

簡易位置情報管理システム「トランシーカー(TranSeeker)」(QS-200010-A)
多機能GPSトラッカーを用いて、工事用車両等&#123...

NO. 4 PV= 914

エコノマイザー (KK-110047-VE)
地盤剛性即時表示装置搭載の転圧機械開発会...

NO. 5 PV= 765

超低騒音型締固め機械 (HK-110006-VE)
超低騒音化技術を装備した締固め機械開発会...

NO. 6 PV= 745

水温コントロールユニット( CB-110045-VE )
チ-リングユニットを用いて水温の調節を行&#12358...

NO. 7 PV= 708

路面切削機搭載型粉じん防止システム(CB-090020-V)
路面切削時の粉じん発生を抑制する装置と散...

NO. 8 PV= 695

循環式ハイブリッドブラストシステム (QS-150032-VE)
研削材の再利用および設備の車載対応が可能...

NO. 9 PV= 680

INSEM材製造専用プラント:SR-メサイア (QS-110030-VE)
現地土砂を活用した砂防ソイルセメント(INSEM材)&...

NO. 10 PV= 664

ペイロードメータ装着油圧ショベル (KT-180136-A)
積込重量表示機能を搭載した油圧ショベル開...

情報工学部門

NO. 1 PV= 13271

今、ここは標高何メートル?~スマートフォンで一発表示!地理院地図がより便利に~
国土地理院のウェブ地図「地理院地図」で、現在地の標高がスマートフォンなどで瞬時にわかるようになった。

NO. 2 PV= 2692

NHKプラス「 マイページにアクセス時にシステム障害発生 」のバグが発生してるひと
2020-03-14 NHKプラス「 マイページにアクセス時にシステム障害発生 」のバグが発生してるひと NHKプラスID、パスワードを無事入力完了。 NHK+には問題なく、ID、パスワード入力...

NO. 3 PV= 1243

世界中の雨の分布がリアルタイムでわかります!
2019年6月26日より、「JAXA世界の雨分布リアルタイム(GSMaP_NOW)」として公開中の降水データの領域を全球に拡張、世界中の雨の様子をリアルタイムにウェブ上で閲覧できるようになった。

NO. 4 PV= 1236

地図の北と方位磁石が指す北の”今”のズレがわかる!~地磁気”予測値”計算サイトを公開~
日本全国における現在および今後推定される地磁気値(偏角、伏角、全磁力等)を、地磁気の”予測値”として簡単に計算できる「地磁気予測値計算サイト」を公開した。

NO. 5 PV= 1132

医療機関初!AIを利用した文字の読み取りソフトと定型作業を自動化するRPAの導入
光学式文字読み取り(OCR)にAIを取り入れてより認識精度を高めたAI-OCRと、定型作業を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用し、医事日報作成や勤務報告書のチェックなど一連の定型業務の大部分を自動化した。

NO. 6 PV= 632

PTSD治療における仮想現実(VR)活用の進展
医療分野でのVR利用には、医学教育や手術支援があり、これ以外に認知行動療法にも活用。VRデバイスの技術革新により、認知行動療法において、これまで以上に臨場感を伴い、五感に訴えるようなシミュレーションが用いられるなど、急速に進展している。

NO. 7 PV= 613

世界初、手のひら静脈認証装置「PalmSecure Fシリーズ」がFIDOサービスに対応
手のひら静脈認証装置「FUJITSU 生体認証 PalmSecure(パームセキュア)FシリーズのFIDO(ファイド)UAFおよびFIDO2に準拠した認証用ソフトウェアを新規開発し、国際標準規格FIDOに対応した。

NO. 8 PV= 602

機械学習アルゴリズムがトレーニング無しで埋もれた科学知識を発掘
材料科学分野に関する事前のトレーニングをしていない機械学習アルゴリズムが、数百万本の科学文献のテキストマイニングを通じて新しい科学的知見を発掘できることを実証。

NO. 9 PV= 517

時系列データの異常検知を行うAIモデルの自動作成技術を共同開発
IoT機器などで取得される時系列データの異常検知を行うAIモデルを自動で作成する技術を開発した。

NO. 10 PV= 445

高齢者・障害者に配慮した触覚(記号・文字)、文字、報知光、音声の基盤規格制定
高齢者・障害者配慮設計指針の基盤技術となるアクセシブルデザインに関する4件の国際標準化機構(ISO)規格を作成し、それら4件が2019年に国際規格として制定された。

応用理学部門

NO. 1 PV= 2676

太陽活動第25周期の開始を告げる極小は2019年12月
2020-09-15 国立天文台 太陽観測科学プロジェクト  太陽黒点の数が2019年12月に極小になり、この時を境に太陽活動の第24周期が終わり第25周期が始まりました。2020年8月までに三鷹で得られた太陽黒点の観測データでは...

NO. 2 PV= 2444

世界中の雨の分布がリアルタイムでわかります!
2019年6月26日より、「JAXA世界の雨分布リアルタイム(GSMaP_NOW)」として公開中の降水データの領域を全球に拡張、世界中の雨の様子をリアルタイムにウェブ上で閲覧できるようになった。

NO. 3 PV= 1236

地図の北と方位磁石が指す北の”今”のズレがわかる!~地磁気”予測値”計算サイトを公開~
日本全国における現在および今後推定される地磁気値(偏角、伏角、全磁力等)を、地磁気の”予測値”として簡単に計算できる「地磁気予測値計算サイト」を公開した。

NO. 4 PV= 712

波長200nm以下の深紫外線が発光可能な新しい半導体材料を開発
水銀(Hg)や希ガス(アルゴン、クリプトン、キセノンなど)の放電を用いることなく、200 nm(ナノメートル)以下の短い波長を含む深紫外線を発光可能な半導体材料の開発に成功した。

NO. 5 PV= 451

動画「全地球史アトラス」最終章の公開
丸山特任教授らは、生命誕生の場および生命の起源、進化に関する定説を覆す新たな仮説を提案してきた。新仮説をわかりやすく紹介することを目的として、動画「全地球史アトラス」を制作し順次公開してきた。動画「全地球史アトラス」は12章で完結。

NO. 6 PV= 352

フッ化物イオン導電性固体電解質のイオン伝導メカニズムを解明
ポスト・リチウムイオン電池の蓄電池開発において重要なキーマテリアルとなる、固体フッ化物シャトル電池で使用するフッ化物イオン導電性固体電解質Ba0.6La0.4F2.4のイオン伝導メカニズムを原子レベルで解明した。

NO. 7 PV= 351

ボース・アインシュタイン凝縮による超伝導を初めて確認
2020-11-07 東京大学 発表のポイント 鉄系超伝導体FeSe0.79S0.21において、クーパー対(注1)のボース・アインシュタイン凝縮(注2)によって超伝導が実現している確証を得ました。 ボース・アインシュタイン...

NO. 8 PV= 345

恐竜時代の地球環境や生態系に1000万年周期のモンスーンが与えた影響
2020-07-23 東京大学 池田 昌之(現:地球惑星科学専攻 准教授/研究当時:静岡大学理学部地球科学科 助教) 尾﨑 和海(東邦大学理学部生命圏環境科学科 講師) Julien Legrand(現:地球惑星科学専攻 特任研究...

NO. 9 PV= 343

コロイド状量子ドットレーザーダイオード実現が間近に迫る
(Colloidal quantum dot laser diodes are just around the corner)光共振構造を持たせた LED に、コロイド状量子ドットを統合した半導体レーザーを開発。

NO. 10 PV= 343

マテリアルズインフォマティクスを活用し リチウム電池負極用の有機材料で世界最高水準の性能を達成
マテリアルズインフォマティクス(MI)により、リチウムイオン二次電池の負極となる有機材料の新たな設計指針を確立し、極めて少ない実験数で高容量・高耐久性の材料を得ることに成功した。

電気電子部門

NO. 1 PV= 2068

世界初、100%に近い量子収率で水を分解する光触媒を開発
収率低下要因を完全に抑える高活性な光触媒の設計指針 2020-05-29 新エネルギー・産業技術総合開発機構,人工光合成化学プロセス技術研究組合 NEDOと人工光合成化学プロセス技術研究組合(ARPChem)は、信州大学、山口大学、...

NO. 2 PV= 1262

ペロブスカイトシリコンタンデム太陽電池のエネルギー変換効率で世界新記録の29.15%を達成
(World Record: Efficiency of perovskite silicon tandem solar cell jumps to 29.15 per cent)ペロブスカイトとシリコンによるタンデム型太陽電池(1 ㎠セル)で 29.15%のエネルギー変換効率を達成。

NO. 3 PV= 520

皮膚に貼り付けて健康状態をモニタリングするワイヤレスセンサーを開発
(Stanford engineers have developed wireless sensors that stick to the skin to track our health)皮膚が発信する生体信号を検出し、衣服に留められた受信機に無線で送信するシステムを開発。オーダーメイド医療・健康管理システムへの応用が期待。

NO. 4 PV= 410

宇宙探査での利用も可能なストレスレベルを検出する汗センサー
(Sweat Sensor Detects Stress Levels; May Find Use in Space Exploration) 抗ストレスホルモンであるコルチゾールレベルをほぼリアルタイムで精確に検出する、ワイヤレス汗センサーを開発。

NO. 5 PV= 369

波長200nm以下の深紫外線が発光可能な新しい半導体材料を開発
水銀(Hg)や希ガス(アルゴン、クリプトン、キセノンなど)の放電を用いることなく、200 nm(ナノメートル)以下の短い波長を含む深紫外線を発光可能な半導体材料の開発に成功した。

NO. 6 PV= 366

フッ化物イオン導電性固体電解質のイオン伝導メカニズムを解明
ポスト・リチウムイオン電池の蓄電池開発において重要なキーマテリアルとなる、固体フッ化物シャトル電池で使用するフッ化物イオン導電性固体電解質Ba0.6La0.4F2.4のイオン伝導メカニズムを原子レベルで解明した。

NO. 7 PV= 359

6G実現に向けたセラミックデバイスのスペックロードマップを策定
10年後の6Gを見据えた素材・製造技術の高度化による産業価値の創造へ 2020-12-07 産業技術総合研究所 ポイント 6G実現のためのセラミックデバイスの必要スペックを確定 6G実現のため、その必要スペックに到達する...

NO. 8 PV= 357

マイクロ波帯を用いたUWB無線システムの屋外利用の技術的条件
近年、様々な利用シーンを想定したUWB無線システムの活用が検討されており、我が国においても、諸外国の技術基準と調和のとれた技術基準となるよう屋外利用等を求めるニーズが高まってきている。

NO. 9 PV= 346

コロイド状量子ドットレーザーダイオード実現が間近に迫る
(Colloidal quantum dot laser diodes are just around the corner)光共振構造を持たせた LED に、コロイド状量子ドットを統合した半導体レーザーを開発。

NO. 10 PV= 332

次世代太陽電池を実現可能にする透明グラフェン電極
(Transparent graphene electrodes might lead to new generation of solar cells) 2020/6/5 アメリカ合衆国・マサチューセッツ工科大学(MIT) ...

生物工学部門

NO. 1 PV= 1270

老化細胞を選択的に除去するGLS1阻害剤が加齢現象・老年病・生活習慣病を改善させることを証明
2021-01-15 東京大学,九州大学,新潟大学,慶應義塾大学&#...

NO. 2 PV= 233

食虫植物ハエトリソウの記憶の仕組みを解明
2020-10-06 基礎生物学研究所食虫植物は葉で小動物&#124...

NO. 3 PV= 180

血液中を巡っているNAD合成系酵素eNAMPTが、哺乳類の老化と寿命を制御していることを解明
新しい抗老化方法論の開発に期待2019-06-14 神戸医&#302...

NO. 4 PV= 179

サンゴの白化・絶滅を防御する天然の化合物を発見
サンゴの共生バクテリアが放出する天然色素...

NO. 5 PV= 176

オカラミンの化学構造と殺虫活性の関係~生合成研究により解明された殺虫活性に必須な部分構造~
2018-05-25 理化学研究所,近畿大学,大阪府立大学理化&#2...

NO. 6 PV= 167

DNAオリガミによる人工細胞微小カプセルの開発に成功
機能をプログラム可能な分子ロボットの開発...

NO. 7 PV= 149

植物が春の「暖かさ」を感じて「寒さ」を無視して花を咲かせるしくみを解明
2020-05-29 京都大学西尾治幾 生態学研究センター研&#31...

NO. 8 PV= 136

新技術を用いて再生能力を持つウーパールーパーの全ゲノム解読に成功
2018/05/17 科学技術予測センター伊藤裕子(主任研&#313...

NO. 9 PV= 130

腸内細菌による胆汁酸認識の分子機構を解明!
2019-02-26 大阪大学,日本医療研究開発機構研究成&#265...

NO. 10 PV= 126

B型肝炎ウイルス抑制物質の作用機序解明
新規抗B型肝炎治療薬の開発へ期待2019-06-13 京都&#228...

医療・健康部門

NO. 1 PV= 644

老化細胞を選択的に除去するGLS1阻害剤が加齢現象・老年病・生活習慣病を改善させることを証明
2021-01-15 東京大学,九州大学,新潟大学,慶應義塾大学&#...

NO. 2 PV= 462

細胞の中に入って働く湾曲ナノグラフェンを開発
2018-01-31 名古屋大学, 科学技術振興機構(JST)&#1...

NO. 3 PV= 399

がん治療用ヘルペスウイルスG47△の実用化へ最終段階
世界初の脳腫瘍に対するウイルス療法製品2021-01-...

NO. 4 PV= 133

ALK融合遺伝子陽性肺がんに対する薬剤耐性克服薬の発見~第3世代ALK阻害薬耐性の克服を目指す~
2021-02-25 がん研究会,日本医療研究開発機構ポイン&#12...

NO. 5 PV= 114

世界で初めて開発された「酢酸亜鉛顆粒剤」の薬事承認を取得
小児低亜鉛血症患者に対し治療薬の適切な用...

NO. 6 PV= 111

サリドマイド催奇性を引き起こすタンパク質の発見~サリドマイドによる副作用のメカニズムを提唱~
2021-01-20 愛媛大学,東北大学,名古屋大学,名古屋工業&#...

NO. 7 PV= 102

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の細胞内侵入を防ぐ既存薬を同定
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のACE2受容体の内在化(=ウイルス侵入)を阻害する候補薬として既承認薬クロミプラミン(抗うつ薬)を同定した。SARS-CoV-2を用いた感染実験において、ウイルスの増殖を抑制できるだけでなく、ヒトiPS細胞由来心筋細胞の機能障害も抑制することが明らかとなった。レムデシビルとの...

NO. 8 PV= 94

抗マラリア薬が効力を失う原因を解明 〜病原菌の変異に影響されない薬剤の開発に期待〜
抗マラリア薬が、pHの上昇で塩基性両親媒性薬剤(CAD)構造に変化し、酵母の脂質膜に局在して単糖輸送体機能を阻害し、抗菌作用を示す機構を初めて明らかにした。この機構に基づけば、わずかなpHの低下でCAD構造の割合が減少すると抗マラリア薬は効力を失い、見かけ上耐性になると考えられる。

NO. 9 PV= 90

新型コロナウイルスタンパク質の柔らかい構造~薬分子結合過程の分子動力学シミュレーション~
2020-11-10 理化学研究所理化学研究所(理研)生命機能&#3...

NO. 10 PV= 86

指定難病「潰瘍性大腸炎」の自己抗体発見~新たな診断や治療開発へ~
潰瘍性大腸炎の原因を探索し、インテグリンαVβ6というタンパク質に対する自己抗体が潰瘍性大腸炎患者の約90%に認められることを発見した。この自己抗体を測定する検査キットを企業とともに開発中。

農業部門

NO. 1 PV= 686

花きスマート農業技術実証~大規模花き経営体(品目:キク)~
需要期の安定出荷と作業の省力化を図るため、スマート農業の導入を進めることにしており、今年度から2年間、男鹿・潟上地区園芸メガ団地において実証試験を実施する。

NO. 2 PV= 529

カイコのひみつ
2020-08-27 農研機構 カイコ (蚕)についてどれくらい知っていますか? その存在は知っていても、「シルクのもととなる繭を作るイモムシ」「桑の葉を食べる」ということくらいしか知らないという人も多いでしょう。とこ...

NO. 3 PV= 472

3月以降に出荷できる高糖度晩生カンキツ新品種「あすき」苗木の流通開始
2020-12-17 農研機構 ポイント 農研機構は、極めて高糖度で風味に優れ、3月以降に出荷できる晩生カンキツ新品種「あすき」を育成しました。2020年12月頃から苗木の流通が開始される予定です。 「あすき」は、露地栽培...

NO. 4 PV= 425

AIによる農地の形状変化の特定に成功!~筆ポリゴン(農地の区画情報)の更新期間を5年から1年に短縮~
2020-07-10 農林水産省,産業技術総合研究所 農林水産省は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下「産総研」という。)との共同研究の成果として、AI(人工知能)により人工衛星画像等を解析し、形状変化のあった筆ポリゴンを...

NO. 5 PV= 325

新技術を導入した「シャインマスカット」栽培マニュアル
「シャインマスカット」の省力栽培技術、減農薬防除体系、収穫期延長技術、長期貯蔵技術の概要に加えて、実際の植え付け方法や栽培管理のポイント、注意したい病害虫、経営収支の試算等についてまとめて紹介しています。

NO. 6 PV= 249

暑さや病害虫に強く、多収な水稲新品種「秋はるか」
農研機構は、暑さやいもち病、縞葉枯病に強く、さらにトビイロウンカにも強い多収な水稲新品種「秋はるか」を開発しました。

NO. 7 PV= 222

端境(はざかい)期向けかぼちゃ新品種「おいとけ栗たん」
国産かぼちゃの供給が少ない12月~5月の端境期向けのかぼちゃ新品種「おいとけ栗たん」を育成した。3ヶ月間貯蔵しても高い糖度とホクホクとした食感を維持、青果用途に加えてペースト加工原料用に最適。つるが短いため省力栽培、大果で収量性も高い。

NO. 8 PV= 195

濃い紫色で食味の良い紫サツマイモ新品種 「ふくむらさき」
食味の良い紫サツマイモ新品種「ふくむらさき」を育成した。「パープルスイートロード」より紫色が 濃く食味も優れ、蒸しいもや焼きいもの糖度は「べにはるか」並に高く しっとりとした食感。関東を中心とする青果用サツマイモ産地において普及予定。

NO. 9 PV= 188

世界の乾燥地域では、農地土壌の炭素量増加により穀物生産の干ばつ被害が軽減
世界の穀物収量と土壌データを解析し、乾燥地域1)を中心とする世界の7割の農地では、農地の土壌に含まれる炭素量が多い場所で、干ばつ被害が抑えられていることを明らかにした。

NO. 10 PV= 173

食料生産~消費がもたらす窒素負荷の長期変遷~窒素フットプリントから考える食の選択~
日本の食料消費に伴って国内外の環境中で生じている窒素負荷(=食の窒素フットプリント)の長期変遷を初めて明らかにした。

環境部門

NO. 1 PV= 1420

未来のサステナブルな接着剤は環境に残らない
(Sustainable Adhesives of the Future Won’t Stick Around)CO2を主要な構成要素とするプラスチックを使用した、生分解性の接着剤を開発。

NO. 2 PV= 1049

炭酸塩やコンクリートへCO2を固定化し、有効利用する技術開発5テーマに着手
CO2の再資源化(カーボンリサイクル)技術の早期実用化を目指す 2020-07-14 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOはCO2を資源として捉え、炭酸塩やコンクリート製品・コンクリート構造物へCO2を固定化し、有効利用する...

NO. 3 PV= 541

人工光合成による「グリーンなメタン」が CO2 をリサイクル
(‘Green methane’ from artificial photosynthesis could recycle CO2) CO2 をメタンに還元する人工光合成の新しいアプローチを開発。

NO. 4 PV= 451

動画「全地球史アトラス」最終章の公開
丸山特任教授らは、生命誕生の場および生命の起源、進化に関する定説を覆す新たな仮説を提案してきた。新仮説をわかりやすく紹介することを目的として、動画「全地球史アトラス」を制作し順次公開してきた。動画「全地球史アトラス」は12章で完結。

NO. 5 PV= 318

電気自動車の完全普及によるCO2排出量削減の効果を解明
電気自動車の導入状況と排出削減努力に6通りのシナリオを設定しシミュレーションした。エネルギー消費量は減少するが、火力発電依存のままではCO2排出量はほとんど変わらず全体は増加。再生可能エネルギーを大規模導入しても2割程度のCO2削減に。

NO. 6 PV= 267

セメント工場のCO2を再資源化(カーボンリサイクル)する技術開発に着手
セメント産業の低炭素化を目指す 2020-06-18 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOはセメント製造プロセスで排出されるCO2を再資源化し、セメント原料や土木資材として再利用する技術の開発や、実用化に向けた実証試験に...

NO. 7 PV= 263

プラスチック袋を代替する環境に優しい製品がすぐそこに
(Eco-friendly replacement for plastic bags in the pipeline)プラスチック廃棄物を削減するため、木質繊維ベースの新バイオプラスチック材料の開発と産業レベルへのスケールアップを支援。

NO. 8 PV= 259

世界で初めて廃ゴムタイヤからエアロゲルを作製
(The world's first aerogels made from scrap rubber tyres) 2020/3/18 シンガポール国立大学 (NUS) ・ NUS が、廃タイヤを優れた特性を有するゴム製エア...

NO. 9 PV= 255

サステナブルなメタノールを作る触媒 (A catalyst for sustainable methanol)
(A catalyst for sustainable methanol) CO2 と水素をメタノールに効率的に直接変換する、酸化インジウムとパラジウムを使用した触媒を新たに開発。

NO. 10 PV= 244

平成30年度未来のあるべき社会・ライフスタイルを創造する技術イノベーション事業の結果について
GaNデバイスに基づく100ワット級マイクロ波源を用いた4チャンネルマイクロ波加熱装置(電子レンジ)を、世界で初めて開発した。

航空・宇宙部門

NO. 1 PV= 1243

世界中の雨の分布がリアルタイムでわかります!
2019年6月26日より、「JAXA世界の雨分布リアルタイム(GSMaP_NOW)」として公開中の降水データの領域を全球に拡張、世界中の雨の様子をリアルタイムにウェブ上で閲覧できるようになった。

NO. 2 PV= 1007

ファルコン9~再飛行が可能な最初の軌道クラスのロケット~
衛星とドラゴン宇宙船を軌道上に確実かつ安全に輸送するために設計および製造された2段ロケット。再飛行が可能な最初の軌道クラスのロケット。

NO. 3 PV= 497

匠航空株式会社 ロビンソン式R44型(回転翼航空機)の事故 緊急の措置を講ずる必要が生じた燃料の欠乏
同機が目的地までの飛行に必要な燃料を飛行計画書どおり搭載せずに出発し、飛行中も継続的な燃料計の監視が行われなかったため、残燃料が不足して緊急着陸に至ったものと推定される。

NO. 4 PV= 344

特集「電動航空機」第4回「電動化を実現する技術」~電動化に求められる要素技術はどこにあるか~
航空機の電動化においては、大電力や大電圧によるハイパワー確保と、構成機器の軽量化が大きな課題であり、機体設計や構造、材料の問題、燃料電池の技術や水素の製造・保存技術など、個々の課題もある。飛行高度によって異なる条件での課題解決も求められる。

NO. 5 PV= 320

2020年7月6日~7日九州北部における浸水について(速報)
2020-07-07 防災科学技術研究所 更新履歴 令和2年7月6日22:00 初版 令和2年7月7日11:00 大牟田市新栄町周辺及び久留米市の推定結果を追加しました 令和2年7月7日15:00 久留米市東櫛原町...

NO. 6 PV= 299

H3ロケット電気系システム試験(その1)の様子
H3ロケットでは搭載機器について、コスト低減のための自動車用電子部品の適用や、信頼性向上のための冗長化、運用性向上のための機体内ネットワーク化などの新たな技術を取り入れて開発を進めています。

NO. 7 PV= 252

ソカタ式TBM700型機 飛行中の制御喪失による墜落(奈良県山辺郡山添村、平成29年8月14日)
同機が飛行中に制御を喪失した状態となったため、旋回しつつ急降下し、空中分解して墜落したものと推定される。機長が同機の操縦に必要な知識及び技能を有していなかったため、適切な操縦操作が行えなかった可能性が考えられる。

NO. 8 PV= 193

H3ロケット開発:第2回第1段厚肉タンクステージ燃焼試験結果
H3ロケットは、2020年度以降20年間を見据え、毎年6機程度を安定して打ち上げることで産業基盤を維持するという運用の世界を目指している。

NO. 9 PV= 172

「宇宙探査と水素エネルギー」シンポジウム ~多様化するミッションと持続的な探査活動に向けた挑戦~
宇宙・地上側の双方から、将来のビジョンや現状の取り組みの紹介を行うとともに、情報交換・意見交換を通じて双方の活動をより加速することを目指し、シンポジウムを開催する。

NO. 10 PV= 164

光衛星間通信システム(LUCAS)
JAXA 通信をする衛星(情報通信測位分野) ミッション 光衛星間通信システム(LUCAS) JAXAが開発中の「光衛星間通信システム」(LUCAS:Laser Utilizing Communication System)は、地...

経営工学部門

NO. 1 PV= 763

優れたAIベンチャー企業の研究テーマ6件を採択
NEDOは、AIの社会実装を進めることを目的に、全国30件の応募の中から、優れたAIベンチャー企業の研究テーマ6件を採択した。(1)生産性分野から4件、(2)健康、医療・介護分野から2件。

NO. 2 PV= 735

日本人の表情がエクマンの理論とは異なることを実証
日本人の基本6感情の表情を報告する世界初の実証的知見。日本人において(西洋での実証研究と同様に)エクマンの普遍的な表情の理論は部分的にしか支持されず、理論を実証研究に基づいて修正する必要があることを示唆。

NO. 3 PV= 702

ISO8000:データ・クオリティの国際標準化
国際標準化機構ではデータ品質規格の中核であるISO8000の新規パート開発と適用が活発化。わが国でもSociety5.0の実現に向け様々な分野のデータが垣根を越え連携基盤を整備し、データの利活用等を通じて新たな価値の創出を目指している。

NO. 4 PV= 680

デジタル・トランスフォーメーション推進人材の機能と役割のあり方に関する調査
デジタル技術の活用によって企業のビジネスを変革し競争力を高めていく「デジタル・トランスフォーメーション(DX)」。DXの取組み状況や進展状況とともに、課題などの把握を目指し、アンケート調査及びヒアリング調査を実施した結果を公開する。

NO. 5 PV= 448

食品鮮度センサーが消費期限表示に代わり食品廃棄物量を低減
食品の鮮度を判別する紙ベースの電子ガスセンサー、 PEGS(paper-based electrical gas sensor)を開発。低コスト、生分解性で安全に使用できる。

NO. 6 PV= 433

折紙工学 ~折紙の特徴や機能を製品創出に生かす~
折紙の特徴や機能を備えた製品のモデル化や加工法などを総称して2002年に折紙工学を提唱した。以降、多くの研究者が研究の推進及び研究コミュニティの拡大を進めており、現在は折紙工学の概念に基づいた研究の成果を製品に生かす動きが大変活発。

NO. 7 PV= 358

なぜ日本は電子部品製造において比較優位を失ったのか
日本企業は金融危機後に利益率の低下に陥り投資力が減退した。日本の電子部品メーカーによる投資額は、金融危機後に急激に減少し回復していない。円高による逆風のため、日本の電子部品セクターは長期的な低迷に陥った。

NO. 8 PV= 340

花きスマート農業技術実証~大規模花き経営体(品目:キク)~
需要期の安定出荷と作業の省力化を図るため、スマート農業の導入を進めることにしており、今年度から2年間、男鹿・潟上地区園芸メガ団地において実証試験を実施する。

NO. 9 PV= 264

森林サービス産業~新たな森と人のかかわり「Forest Style」の創造~
山村の活性化に向け、森林空間を健康、観光、教育等の多様な分野で活用する新たなサービス産業。人口減少・高齢化社会の到来を迎え、「地方創生」は喫緊の課題で、「林業の成長産業化」と森林空間を利用し山村地域の新たな雇用と収入機会を生み出す期待。

NO. 10 PV= 263

プラスチック袋を代替する環境に優しい製品がすぐそこに
(Eco-friendly replacement for plastic bags in the pipeline)プラスチック廃棄物を削減するため、木質繊維ベースの新バイオプラスチック材料の開発と産業レベルへのスケールアップを支援。

原子力放射線部門

NO. 1 PV= 287

新魔法数34の新たな証拠 ~中性子ノックアウト反応で探るカルシウム-54の閉殻構造~
重イオン加速器施設「RIビームファクトリー(RIBF)」におけるガンマ線分光により、中性子過剰なカルシウム-54(54Ca、陽子数20、中性子数34)の基底状態を調べ、中性子の「新魔法数」34の直接証拠を得ることに成功した。

NO. 2 PV= 263

溶融燃料(燃料デブリ)の硬さを計算で明らかにする~第一原理計算による燃料デブリの機械的特性評価
燃料デブリの機械的特性に注目し、原子レベルのシミュレーションによって評価することに成功した。

NO. 3 PV= 250

事故時の制御棒破損を解明する~事故時のホウ素のふるまいの解明~
1F2 号機のプラントデータを基に、事故初期過程を概略評価し、設定した試験条件にて、制御棒ブレード破損試験を行い、制御棒ブレード破損に伴うホウ素の挙動を調査した。

NO. 4 PV= 208

原子炉運転中の燃料のふるまいを計算で再現
安全性評価に関する研究の一環として、燃料を長期間原子炉内で利用する際の安全確保で重要となる温度上昇や変形、放射性を持つ核分裂生成物の放出量などを予測できる解析コード」を大幅に改良し、平成31年3月22日付で無償公開した。

NO. 5 PV= 186

「原型炉研究開発ロードマップについて(一次まとめ)」の公表について
2018/07/24  核融合科学技術委員会 科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会 核融合科学技術委員会において、同委員会で昨年12月に策定した「核融合原型炉研究開発の推進に向けて」を踏まえて、7月24日...

NO. 6 PV= 180

遂に組立完了 世界最大の核融合超伝導トカマク型実験装置JT-60SA
日欧共同で茨城県那珂市において建設を進めてきた世界最大の核融合超伝導トカマク型実験装置JT-60SAの組立が完了。今後、初プラズマ着火を含む統合試験運転(コミッショニング)へ移行する。

NO. 7 PV= 168

水素再結合触媒の最適形状を明らかにする~実規模試験により水素濃度低減効果を確認~
水素再結合触媒を作製し、水素濃度低減効果を実規模反応試験装置にて評価した。

NO. 8 PV= 168

プラズマに負けない強い壁を作る。超熱負荷試験装置で加速する炉壁研究開発
超熱負荷試験装置ACT2によって、熱に強い炉壁を作るための工学研究が加速しており、試験を重ねることで炉壁の性能を向上させ、核融合発電の実現に貢献していく。

NO. 9 PV= 165

電子温度1億5,000万度イオン温度8,000万度のプラズマを実現
大型ヘリカル装置(LHD)の重水素プラズマ実験で、電子温度1億5,000万度の高性能プラズマを生成することに成功した。

NO. 10 PV= 161

2019—日本が抱えているエネルギー問題(前編)
日本の将来のエネルギー政策の基本方針「3E+S」、安全性(Safety)を大前提、自給率(Energy Security)経済効率性(Economic Efficiency)環境適合(Environment)を同時達成しようとの考え方。

ODA

NO. 1 PV= 151

バングラデシュ:ダッカ都市交通整備事業(1号線)(第一期)
ODA(Dhaka Mass Rapid Transit Development Project (Line 1) (1) 国名 バングラデシュ&#20511...

NO. 2 PV= 123

バングラデシュ:ジャムナ鉄道専用橋建設事業(第二期)
ジャムナ川に鉄道専用橋(複線かつ広軌・狭軌のデュアルゲージ)を建設。

NO. 3 PV= 95

インドネシア:パティンバン港開発事業(第一期)
ODA(Patimban Port Development Project (1))国名 インドネシア借&#274...

NO. 4 PV= 89

カンボジア:プルサット上水道拡張計画
ODA(The Project for the Expansion of Water Supply System in Pursat) 国名 カンボジア事業 &...

NO. 5 PV= 87

インドネシア:ジャカルタ下水道整備事業(第1区)
ODA(Jakarta Sewerage Development Project (Zone 1)) 国名 インドネシア事業 有&#...

NO. 6 PV= 87

ベトナム:ベンチェ省水管理事業
ODA(Ben Tre Water Management Project)国名 ベトナム借款契約(L/A&#652...

NO. 7 PV= 81

インドネシア:ジャカルタ下水道整備事業(第6区)(フェーズ1)
ODA(Jakarta Sewerage Development Project (Zone 6) (Phase 1)) 国名 インドネシア事業 ...

NO. 8 PV= 81

インドネシア:ルンタン灌漑近代化事業
ODA(Rentang Irrigation Modernization Project)国名 インドネシア借款契&...

NO. 9 PV= 79

インドネシア中部スラウェシ州パル第四橋再建計画
ODA(The Programme for the Reconstruction of Palu 4 Bridges in Central Sulawesi Province)国名 インドネ...

NO. 10 PV= 78

ミャンマー:ヤンゴン・マンダレー鉄道整備事業フェーズ1(3)
ODA(Yangon Mandalay Railway Improvement Project Phase 1 (3)) 国名 ミャンマー事業 有...

上下水道部門

NO. 1 PV= 561

フロートフラップゲート(門柱レスゲート) (HK-110013-VE)
門柱を必要とせず、水位変化に応じ無動力で...

NO. 2 PV= 433

マンホール土留(アルミ製水圧式スプリング内蔵四方張り土留) (KK-130024-VE)
開削工事における仮設土留機材で、腹起しと...

NO. 3 PV= 304

超高速凝集沈澱装置 AKTi SYSTEM (アクチシステム) (KT-160149-A)
フロックを高密度化することで超高速で沈降...

NO. 4 PV= 250

GMラウンド工法 (QS-110036-VE)
マンホール蓋が備えるがたつき防止性能や浮...

NO. 5 PV= 211

エルセ工法( KT-140126-A )
セラミックボールを用いた給排水管の保全装...

NO. 6 PV= 201

15m浸水にも防水効果のあるマンホール蓋(旧:KK-120010-A)
外水圧0.15MPa(15m浸水の水圧に相当)および内水圧0.10Mpa&#124...

NO. 7 PV= 194

圧入式スクリュープレス脱水機(Ⅲ型)における事後調査結果
2020-09-24 日本下水道事業団 技術戦略部 資源エネル&#1...

NO. 8 PV= 190

インドネシア:ジャカルタ地盤沈下対策プロジェクト
ODA(Project for Promoting Countermeasures against Land Subsidence in Jakarta)国名 インドネシ&#1...

NO. 9 PV= 155

ラオス水道事業運営管理能力向上プロジェクト(MaWaSU 2)
ODA(The Project for Improvement of Management Capacity of Water Supply Sector (MaWaSU 2))国名 ラオ&...

NO. 10 PV= 146

下水処理場等におけるBIM/CIMの試行結果報告
2020-09-24 日本下水道事業団 技術戦略部技術基準課&#96...

金属部門

NO. 1 PV= 500

CO2 でグラフェンを作る
自然界の金属酵素ベースの変換からヒントを得て、特別調合の触媒活性を示す金属表面を用いて、摂氏 1,000 度以下で二酸化炭素と水素ガスをグラフェンに直接変換するプロセスを開発。

NO. 2 PV= 322

難削材も容易に切削できる新しいサーメットを開発
インコネル718などの切削時に低摩耗性を示す炭窒化チタン系サーメット 2020-09-14 産業技術総合研究所 ポイント 最小厚さ数十ナノメートルの網目構造を持ち、整合結合を含む炭窒化チタン系サーメットを開発 従来の切削...

NO. 3 PV= 303

炉を使わずにレーザーでセラミクスを溶接
(Lasers Enable Engineers to Weld Ceramics, No Furnace Required)極短パルスレーザーを使用して界面に沿ってセラミック材料を溶解させ、それを融合する、新しいセラミック加工技術を開発。

NO. 4 PV= 297

プラズマを利用した異種金属接合技術を開発高品質で電力消費量が1/3以下に
産学連携による成果・幅広い応用が期待 2020-09-18 核融合科学研究所,東邦金属株式会社 概要  自然科学研究機構 核融合科学研究所(岐阜県土岐市 所長・竹入 康彦)の森﨑友宏教授、村瀬尊則実験応用技術係長、東邦金属株式会社...

NO. 5 PV= 267

重希土類フリーの高耐熱希土類磁石粉末の合成法を開発~自動車駆動用モーター向け磁石の開発を推進~
重希土類元素を使わないで、室温での保磁力が30 kOeを超えるサマリウム-鉄-窒素(Sm2Fe17N3)系磁石粉末を作製できる技術を開発した。

NO. 6 PV= 226

形状を変えて新たな特性を呈するメタマテリアル
( Metamaterial Morphs Into New Shapes, Taking on New Properties) 微調整して形状を変える、階層構造のメタ材料を開発。

NO. 7 PV= 175

マイクロエレクトロニクスの進展に寄与するハイレゾパターニング材料の強化
(Enhancing Materials for Hi-Res Patterning to Advance Microelectronics)浸透合成技術により、有機ポリマーのポリメチルメタクリレート(PMMA)と無機材料のアルミニウム酸化物を組合せたフォトレジストの製造に成功。

NO. 8 PV= 165

世界最高級出力の深紫外ピコ秒パルスレーザー発振器を開発
レーザー加工に用いる波長266nmの深紫外ピコ秒パルスレーザー発振器で世界最高クラスとなる出力8Wの発振器を開発した。

NO. 9 PV= 126

電気炉ダストから亜鉛と鉄を同時に回収する手法を実証 ~複数の業種を経ていた処理の一元化が可能に~
電気炉ダストを石灰添加法により有害元素を除去し、真空加熱で金属亜鉛を還元回収、残留物を製鉄原料として再利用できる手法を開発し、ベンチスケールプラントでの実証に成功した。

NO. 10 PV= 123

鉄腐食細菌は黒サビを使って腐食を加速させていた
鉄腐食菌が原因で発生する黒サビの導電性が、細菌活性を高め腐食を促進する役割があることを発見した。

船舶・海洋部門

NO. 1 PV= 516

貨物船ISHIZUCHI作業員死亡事故(新居浜市新居浜港、平成31年1月17日)
貨物船ISHIZUCHI作業員死亡事故(愛媛県新居浜市新居浜港の住友化学の岸壁、平成31年1月17日発生) 公表年月日:2020年06月25日 報告書番号:MA2020-5 発生年月日:2019年01月17...

NO. 2 PV= 486

コンテナ船HARRIER荷役作業員死亡事故(愛知県弥富市鍋田ふ頭T1岸壁 、平成31年1月6日)
コンテナ船HARRIERは、鍋田ふ頭T1岸壁に係留中、荷役作業員7人が本船甲板上でコンテナの積載作業を行っていた際、無線誘導補助をしていた荷役作業員1人が、積載中のコンテナと別のコンテナの間に挟まれて死亡した。

NO. 3 PV= 437

コンテナ船OOCL NAGOYA衝突(ガントリークレーン)事故(四日市港、平成30年8月17日発生)
2020-08-27 運輸安全員会 概要 報告書番号:MA2020-7 発生年月日:2018年08月17日 事故等種類:衝突(単) 事故等名:コンテナ船OOCL NAGOYA衝突(ガント...

NO. 4 PV= 318

海事生産性革命(j-Ocean)の深化に向けて
8件の海洋資源開発関連技術高度化研究開発に対する支援を決定。海洋開発分野の競争力強化及び付加価値ビジネスに向けた取組

NO. 5 PV= 292

漁船第八十七昭徳丸沈没事故(鹿児島県薩摩川内市甑島列島西方沖、平成30年5月8日発生)
夜間、海上強風警報下、漁獲物を満載し甑島列島西方沖を北東進中、打ち込み波により砕氷機室の蓋板が外れて海水が流入し船首トリム、かつ、甲板上に打ち込み波による滞留水発生、船首部右舷側が海面に浸かる状態となり船体内部への浸水し沈没したと考える。

NO. 6 PV= 263

カーボンニュートラルポート検討会を開催します
水素等を活用したカーボンニュートラルポートの形成を通じた脱炭素社会の実現に向けて 2020-12-18 国土交通省 国土交通省では、国際物流の結節点・産業拠点となる港湾において、水素、アンモニア等の次世代エネルギーの大量輸入や貯蔵、...

NO. 7 PV= 242

遊漁船第三和丸乗揚事故(愛媛県松山市田ノ島南方沖、令和元年11月2日発生)
2020-10-29 運輸安全委員会 概要 報告書番号:MA2020-9 発生年月日:2019年11月02日 事故等種類:乗揚 事故等名:遊漁船第三和丸乗揚 発生場所:愛媛県松山市田ノ島南方沖 野忽那港北防波堤灯...

NO. 8 PV= 135

舶用LNG燃料ガス供給システム初号機搭載、国内初のLNG燃料自動車運搬船が就航
三菱造船、建造元とのきめ細かい連携により同船の引渡しに貢献 2020-11-04 三菱重工 ◆ FGSS供給のほかガスハンドリングに関するエンジニアリングや技師派遣で造船所をサポート ◆ 環境省、国交省のモデル事業採択により、実運...

NO. 9 PV= 116

屋形船第十八濵田丸火災 ~ 東京都足立区柳原の荒川右岸~
本船が本件桟橋に係留中、夜間営業の準備を行っていた際、本件鍋で食材を素揚げした後の本件油が本件コンロで加熱され続けたため、本件油が着火温度に達し、発火した火炎が厨房から本船船首方に延焼したことにより発生したものと考えられる。

NO. 10 PV= 108

コンテナ船NYK VENUSコンテナ船SITC OSAKA衝突・阪神港神戸区南方沖
NYK VENUSは水先人により神戸区の六甲アイランド東水路南口に向けようとして北東進から左転中、SITC OSAKAは神戸中央航路南口に向けて北西進中、平成30年5月4日7:02,49秒ごろ六甲アイランド東水路中央灯浮標付近において衝突。

衛生工学部門

NO. 1 PV= 382

ひと目でわかる「地下水の地図」をウェブサイトで公開
災害時対応や経済性から再び注目が集まっている地下水に関するマップ、水文環境図をウェブサイトで公開した。水質、水温、水位などの情報を、世界の水理地質図を参考に独自に作成したガイドラインに沿って編集した。全国水文環境データベースも公開した。

NO. 2 PV= 239

世界中の蓄電池をリサイクルする「ブルーグリーン」の新しい溶液
(New ‘blue-green’ solution for recycling world’s batteries)環境負荷のない深共晶溶媒で、リチウムイオン蓄電池カソード(正極)に使用される金属酸化物からコバルトを抽出する技術を開発。

NO. 3 PV= 214

MIT エンジニアらが大気から CO2 を除去する新技術を開発
(MIT engineers develop a new way to remove carbon dioxide from air)充電と放電によりあらゆる濃度の CO2 を吸着捕獲・放出する、バッテリータイプの CO2 除去システムを開発。

NO. 4 PV= 176

セメント工場のCO2を再資源化(カーボンリサイクル)する技術開発に着手
セメント産業の低炭素化を目指す 2020-06-18 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOはセメント製造プロセスで排出されるCO2を再資源化し、セメント原料や土木資材として再利用する技術の開発や、実用化に向けた実証試験に...

NO. 5 PV= 168

オゾン使用のHEPAフィルタ付空気清浄機で陰圧対応可能な簡易陰圧テントを発売
オゾンと高性能HEPAフィルタによる空気清浄機『オゾンエアクリアeZ-100』等のオゾン関連製品において,『eZ-100』等を用いて室内に陰圧下での隔離エリアを作ることが可能な簡易陰圧テントを開発し,販売を開始した。

NO. 6 PV= 154

CO2分離回収技術(固体吸収法)の石炭燃焼排ガスへの適用性研究に着手
分離回収コスト削減に向け発電所での実証を実施 2020-07-13 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOはCO2分離・回収コストの大幅な低減を図ることが期待される固体吸収法について、実際の石炭火力発電所で燃焼排ガスを用い...

NO. 7 PV= 133

冷熱、直膨式エアハンドリングユニット「ダイレクトX Comfort」を開発
最適な湿度コントロール機能で、夏は "からっと" 冬は "ほかほか" 快適に 2020-09-28 三菱重工冷熱株式会社 ◆ 国内初、空調機・熱源機を分離設置可能として設計・レイアウトの自由度を向上、消費電力も節...

NO. 8 PV= 124

ライス大研究室が廃棄物を一瞬で高価値なグラフェンに変換
(Rice lab turns trash into valuable graphene in a flash)ほぼすべての炭素源をグラフェン片に迅速かつ安価に変換する、「フラッシュ・グラフェン」技術を開発。

NO. 9 PV= 117

水素を用いた省エネルギーCO2回収技術を開発
火力発電所などの排ガスを混合ガス化、直接燃料・化成品原料に 2020-06-03 科学技術振興機構,名古屋大学 ポイント 地球温暖化対策のため、大気中の二酸化炭素(CO2)濃度の低減が求められており、CO2集中排出源か...

NO. 10 PV= 98

発電細菌を利用した新しい水質監視システム~豚舎排水処理施設の浄化性能を向上~
発電細菌を利用してBOD(生物化学的酸素要求量)を6時間で測定できる「BOD監視システム」を開発した。

教育部門

NO. 1 PV= 870

動画「全地球史アトラス」最終章の公開
丸山特任教授らは、生命誕生の場および生命の起源、進化に関する定説を覆す新たな仮説を提案してきた。新仮説をわかりやすく紹介することを目的として、動画「全地球史アトラス」を制作し順次公開してきた。動画「全地球史アトラス」は12章で完結。

NO. 2 PV= 835

折紙工学 ~折紙の特徴や機能を製品創出に生かす~
折紙の特徴や機能を備えた製品のモデル化や加工法などを総称して2002年に折紙工学を提唱した。以降、多くの研究者が研究の推進及び研究コミュニティの拡大を進めており、現在は折紙工学の概念に基づいた研究の成果を製品に生かす動きが大変活発。

NO. 3 PV= 316

新しい周期表を考案~原子核の周期表「ニュークリタッチ」~
原子核の陽子の数に着目した、新しい周期表「ニュークリタッチ」を考案した。

NO. 4 PV= 180

各教科等の指導におけるICTの効果的な活用に関する解説動画
文部科学省 各教科等の指導におけるICTの効果的な活用に当たって参考となる解説動画を作成しました。学校での実践事例に基づき、「主体的・対話的で深い学び」の視点から授業改善を行うに当たって、参考となりますので、研修や日々の授業の改善など...

NO. 5 PV= 168

「English 4skills」にAI自動採点機能を追加
読む聞く話す書くの英語4技能をオンラインで身につけるための学校向け英語4技能学習サービスに、生徒が入力した和文英訳をAIで即時に採点・添削するAI採点機能を提供する。

NO. 6 PV= 164

生体情報から授業の理解度を把握
生体情報に基づく学習の理解度の把握は、パーソナライズな学習環境を提供し、教室の授業やオンライン学習においてリアルタイムで対応できモチベーション向上にもつながると思われるが、教育関係者が生体情報分析の効果や精度への理解も深めていくことが大切。

NO. 7 PV= 155

令和元年度学校保健統計(学校保健統計調査報告書)の公表について
令和元年度学校保健統計(学校保健統計調査報告書)を取りまとめた。

NO. 8 PV= 44

令和元年度学校保健統計調査(速報値)の公表について
2019-12-20 文部科学省 2020-03-23に最終版が公表されています。 文部科学省は,学校における幼児,児童及び生徒の発育及び健康の状態を明らかにすることを目的として,学校保健統計調査を昭和23年度より毎年実施してい...

NO. 9 PV= 42

「くずし字、いろいろ」を開発!
異分野融合研究、市民の皆様に古典籍から天文の記録を読み解いてもらう取り組み「『古典』オーロラハンター」を進めて、くずし字を読むことにつなげる教育コンテンツを開発しました。

NO. 10 PV= 42

アート思考により人財育成を支援する新手法を開発
アーティストの思考ロジックをフレームワーク化し、新たな価値創造で企業の人財育成・事業開発を支援 2020-06-01 京都大学 土佐尚子 総合生存学館特定教授は、凸版印刷株式会社と共同で、アーティストの思考ロジックをフレームワーク化...

総合技術監理部門

NO. 1 PV= 342

SIP 第2期「国家レジリエンス(防災・減災)の強化」 研究開発項目Ⅵ.スーパー台風被害予測システムの開発
2020-09-01 国土技術研究センター 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP:エス・アイ・ピー)とは 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)は、科学技術イノベーション総合戦略及び日本再興戦略(平成25年6...

NO. 2 PV= 317

2019—日本が抱えているエネルギー問題(前編)
日本の将来のエネルギー政策の基本方針「3E+S」、安全性(Safety)を大前提、自給率(Energy Security)経済効率性(Economic Efficiency)環境適合(Environment)を同時達成しようとの考え方。

NO. 3 PV= 282

漁船第八十七昭徳丸沈没事故(鹿児島県薩摩川内市甑島列島西方沖、平成30年5月8日発生)
夜間、海上強風警報下、漁獲物を満載し甑島列島西方沖を北東進中、打ち込み波により砕氷機室の蓋板が外れて海水が流入し船首トリム、かつ、甲板上に打ち込み波による滞留水発生、船首部右舷側が海面に浸かる状態となり船体内部への浸水し沈没したと考える。

NO. 4 PV= 242

総合技術監理部門の技術体系(キーワード)について
2020-11-26 文部科学省 技術士制度における総合技術監理部門の概念及び技術体系を示すため、キーワード集を取りまとめましたので公表いたします。※2020年度版のキーワード集の一部を改訂し、2021年度版のキーワード集を掲載い...

NO. 5 PV= 211

SDGsを活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業
紹介リーフレットを作成した。ローカルSDGsに取り組むときのポイント、同時解決を可視化するツール、協働のプロセスを動かす中間支援機能、8事業の概要・地域や課題の整理、ローカルSDGsギャザリング(成果共有会の)の結果等を掲載。

NO. 6 PV= 115

屋形船第十八濵田丸火災 ~ 東京都足立区柳原の荒川右岸~
本船が本件桟橋に係留中、夜間営業の準備を行っていた際、本件鍋で食材を素揚げした後の本件油が本件コンロで加熱され続けたため、本件油が着火温度に達し、発火した火炎が厨房から本船船首方に延焼したことにより発生したものと考えられる。

NO. 7 PV= 90

貨物船ERNA OLDENDORFF衝突橋梁(山口県大畠瀬戸 大島大橋 平成30年10月22日
夜間、クレーン及びマストの高さでは通過できない大島大橋の下を航行し衝突したと考える。船長が同橋の高さを把握することなく二等航海士が作成した航海計画を承認し、手前で高さに不安を感じながらも航行を続けたことによると考える。

NO. 8 PV= 85

海上保安庁テキストロン・アビエーション172Sの事故[着陸時の機体損傷]平成30年8月21日
最初の接地でバウンドした後ポーポイズ状態となり、3回目の接地時にピッチダウン姿勢で前脚から強く接地したため、機体を損傷したものと推定される 。

NO. 9 PV= 83

都道府県初のLINEを利用した防災チャットポット災害対応訓練を実施
都道府県初のLINEを利用した防災チャットポット災害対応訓練を、令和元年7月5日に実施した。

NO. 10 PV= 80

EUが将来に向けた重要科学技術「ラジカル・イノベーション・ブレークスルー100」を公表
87の技術的ブレークスルーと13の社会的ブレークスルー(RSB)で構成され、世界中の技術予測調査結果と200のプラットフォームからの15万以上のニュース記事から、機械学習アルゴリズムと人間による評価を組み合わせた手順によって抽出された。

資源工学部門

NO. 1 PV= 532

水電解技術の進展が低価格な再生可能エネルギーの実現に期待
(Water splitting advance holds promise for affordable renewable energy)2020/3/ ワシントン州立大学(WSU)&#12...

NO. 2 PV= 330

NEDO燃料電池・水素技術開発ロードマップ
NEDOは、産学官が長期的視野を共有して技術開&#30...

NO. 3 PV= 268

GTL(Gas to Liquid):天然ガス由来の軽油代替燃料(KT-190065-A)
公共工事等で使用される建機車輛の軽油代替...

NO. 4 PV= 80

生分解性潤滑油(作動油・エンジン油・ギヤ油・切削油・グリース等)(KT-200048-A)
飽和エステルをベースとした環境配慮型潤滑...

NO. 5 PV= 72

下水汚泥からの水素製造・供給を推進します 「下水汚泥エネルギー化技術ガイドライン」を改訂し、水素利用の検討を支援
2018-01-15 国土交通省 国土交通省は、本日、「下&#277...

NO. 6 PV= 67

「水素基本戦略」が決定されました
平成29年12月26日本日開催された「第2回再生可能&...

NO. 7 PV= 67

新材料による風力発電ブレードはリサイクルが可能
(New Materials Could Lead to Recyclable Wind Blades)2019/3/19 アメリカ合衆国・国立再生&#...

NO. 8 PV= 66

低温・低圧でアンモニアを合成する触媒の開発~水素エネルギーキャリア実現の第一歩として実証試験を開始~
2018-05-28  産業技術総合研究所ポイント従来法よ&#1...

NO. 9 PV= 66

ジブチ地熱開発試掘プロジェクト
ODA(Test Well Drilling Project for Geothermal Development)国名 ジブチ協力期間&#1...

NO. 10 PV= 62

CO2を有効利用するメタン合成試験設備を完成、本格稼働に向けて試運転開始
カーボンリサイクル技術の一つであるメタネ...

水産部門

NO. 1 PV= 955

イカの雌は腕の中で受精を秘かに操る
世界で最も小さなイカ、ヒメイカを用いて、他の動物では直接観察できない貯蔵精子を用いた受精の過程を、詳細に観察・撮影することに世界で初めて成功した。

NO. 2 PV= 142

マイワシ、マアジの令和2年8月末に行った資源評価結果を公表
2020-09-11 水産庁 新たな資源管理の実施に向け、マイワシ及びマアジについては、資源評価を行い、資源管理方針に関する検討会において関係者との検討を開始しているところです。 今般、最新の情報に基づき資源評価が行われ、資源状...

NO. 3 PV= 139

より速く分解する海洋用途のプラスチック(Chemists create faster-degrading plastic for marine uses)
2020/4/16 コーネル大学 ・ コーネル大学が、海洋での使用に耐える強度を備えながら、紫外線で劣化・分解する新しいポリマーを開発。 ・ 同プラスチックは、商用の釣り道具で必要とされる機械強度を有し、現実的なタイムスケー...

NO. 4 PV= 119

平成30年度 我が国周辺水域の水産資源評価の公表について
我が国周辺水域の主要な水産資源である、マサバ太平洋系群等5系群について資源評価を行い、昨年10月に公表した資源評価対象魚種・系群(48魚種79系群)とあわせ、50魚種84系群について「平成30年度我が国周辺水域の水産資源評価」取りまとめた。

NO. 5 PV= 99

国内初、立地条件を選ばないサツキマスの陸上養殖の達成!
開発された閉鎖循環飼育システムを利用して、海水飼育経験親魚からの採卵をはじめ、淡水を用いた種苗生産から海水を用いた養殖生産まで一貫したサツキマスの生産管理が、どんな場所でも可能となった。

NO. 6 PV= 68

日ロ漁業委員会の結果
平成29年12月6日水産庁 平成29年11月27日から12月6日までモスクワで「日ロ漁業委員会第34回会議」が開催され、漁獲割当量等の操業条件について実質的に妥結しました。

NO. 7 PV= 54

かいせんけん:海の豆知識vol.75  県の魚(その6)
2018/04/17 海洋生物環境研究所 県の花や県の鳥の様に、全国の都道府県の内、半数以上の県がシンボルとして「県の魚」を制定しています。またシンボルとしての「県の魚」とは別に、それぞれの県の特色ある複数種を選定...

NO. 8 PV= 49

日本海大和堆周辺水域等における外国等漁船への対応状況について (令和2年漁期)
2021-1-29 水産庁 ○ 令和2年漁期において、水産庁は日本漁船の安全操業の確保のため、3月に新造の大型漁業取締船2隻(900トン級)を就航させました。我が国いか釣り漁業の漁期が始まる前の5月から、これら2隻を含めた漁業取締船を...

NO. 9 PV= 45

水温調節を用いたサンゴの人為的な成熟・産卵に成功
平成30年1月17日 公益財団法人海洋生物環境研究所 公益財団法人 海洋生物環境研究所及び国立研究開発法人 産業技術総合研究 所の研究チームは,水温調節の方法を用い,初めて造礁サンゴ類を短期間で成熟・ 産卵させることに成功しました...

NO. 10 PV= 42

『水産』で活躍する女性研究者〜SDGsへの貢献
今年度は、水産業研究分野のSDGsへの貢献という視点で、関連する分野の最前線で活躍する女性研究者の講演、討議を行う。

繊維部門

NO. 1 PV= 420

着るだけで心電図計測ができるスマートウエア~体の動きで生じるノイズを新設計手法で克服~
医療機器レベルの心電図を計測できるスマートウエアを開発した。柔らかな風合いで皮膚との接触が良好な起毛ドライ電極と、その接触状態を模擬できるMA評価装置を開発し、MAの小さな心電図を取得できるスマートウエアを実現した。

NO. 2 PV= 362

MXene をコーティングした織糸で洗濯できるウェアラブルなテキスタイルデバイスの実現が可能に
(That New Yarn?! — Wearable, Washable Textile Devices Are Possible With MXene-Coated Yarns)高導電性の2次元材料の MXeneで標準的なセルロースベースの織糸をコーティングした、耐久性と導電性に優れた織糸を作製。

NO. 3 PV= 269

カイコのひみつ
2020-08-27 農研機構 カイコ (蚕)についてどれくらい知っていますか? その存在は知っていても、「シルクのもととなる繭を作るイモムシ」「桑の葉を食べる」ということくらいしか知らないという人も多いでしょう。とこ...

NO. 4 PV= 196

人工筋肉の寿命を最大100倍にすることに成功~身体装着型アシスト装具などへの応用を目指す~
軸方向繊維強化型人工筋肉に用いるゴムの伸張結晶化特性を利用し亀裂の広がりを防ぐことで、人工筋肉の最大100倍の長寿命化に成功した。

NO. 5 PV= 104

グラフェンが「スマートテキスタイル」の新たな可能性を拓く
(Graphene unlocks new potential for ‘smart textiles’)衣類製造時に織り込められるグラフェンベースの電子ファイバーを作製する技術を開発。

NO. 6 PV= 101

健康状態と環境をモニタリングするウェアラブルガスセンサー
(A wearable gas sensor for health and environmental monitoring)環境や健康状態をモニタリングする、高感度ウェアラブルガスセンサーを開発。

NO. 7 PV= 92

繊維の高機能化を可能にするマイクロ波処理技術を開発~中空繊維の内側に機能性微粒子を合成~
中空糸など中空構造をもつ繊維の内側表面に機能性微粒子や結晶を選択的に合成する技術を開発した。

NO. 8 PV= 70

ナイロンは透明電子デバイスの構成要素となるか?
(Nylon as a building block for transparent electronic devices?)高性能のナイロン薄膜を開発。 ポリマーの長鎖から成る合成繊維で強誘電性材料は、センサー、アクチュエーター、メモリやエネルギーハーベスティングデバイス等で利用。

NO. 9 PV= 66

自己折りする「ロールボット」がテザー無しソフトロボットの可能性を拓く
(Self-folding “Rollbot” paves the way for fully untethered soft robots)折り紙から着想を得た、外部刺激に応じた動きや変形が可能なソフトロボットのシステムを共同で開発。

NO. 10 PV= 62

旅を身軽に - 世界初の環境に優しいグラフェンスーツケース
(Travelling light- first environmentally friendly graphene smart- case unveiled)100% リサイクプラスチックを使用したグラフェン強化スーツケースを開発。

森林部門

NO. 1 PV= 780

マダニの新たな天敵を発見
森に生息するネズミと共生するオオヤドリカニムシが、マダニの天敵であることを発見した。

NO. 2 PV= 353

森林サービス産業~新たな森と人のかかわり「Forest Style」の創造~
山村の活性化に向け、森林空間を健康、観光、教育等の多様な分野で活用する新たなサービス産業。人口減少・高齢化社会の到来を迎え、「地方創生」は喫緊の課題で、「林業の成長産業化」と森林空間を利用し山村地域の新たな雇用と収入機会を生み出す期待。

NO. 3 PV= 328

シイタケ害虫の新たな天敵を発見~菌床シイタケを脅かすキノコバエをハチが退治する~
菌床シイタケの害虫であるナガマドキノコバエ類の天敵となる寄生バチを発見し、この寄生バチがキノコバエの増殖を抑制する高い効果をもつことを実験的に証明した。

NO. 4 PV= 72

自動車内装用の高性能木質意匠パネル・部品の作製技術の開発
木材の細胞を流して固める "木質流動成形" の実用化への一歩 2018/02/05 産総研 ポイント 持続的に利用できカーボンニュートラルな木質資源の工業材料化技術を開発 産総研の技術シーズ「木質流動成形」に基づいた...

NO. 5 PV= 58

改質リグニン製造実証プラントが試験⽣産を開始します
スギを原料として製造する新素材「改質リグニン」を製造する実証プラントを竣⼯し、試験⽣産を開始する。

NO. 6 PV= 58

無花粉遺伝子をヘテロで保有する精英樹系統のリソースを構築
無花粉スギ「爽春」の無花粉遺伝子を高い精度で検出できる DNA マーカーを用いて、林業用の種苗生産に用いられるスギ精英樹 3,312 系統を含む全国の 4,241 個体を対象として、無花粉ヘテロ個体21 系統の存在が明らかになった。

NO. 7 PV= 58

樹木の乾燥ストレス反応の種間差を引き起こすメカニズムを解明
葉内のタンパク質の生理機能に着目し、乾燥ストレスによる気孔閉鎖のメカニズムについて調べた結果、細胞膜の水透過性を制御する膜タンパク質であるアクアポリンが、葉内部の水移動抵抗の変化を通じ、気孔の開閉を制御していることが明らかになった。

NO. 8 PV= 53

地下の菌類のネットワークが森林の安定と変化の原動力であることを解明
大規模野外操作実験によって、地下の菌類のネットワークが生み出す土壌環境の変化が森林を形作る重要な要因であることを明らかにした。

NO. 9 PV= 46

コウヨウザンの特性と増殖の手引き
植栽から収穫までの期間が短く強度が高い新たな造林用樹種としてコウヨウザンに着目している。コウヨウザンの特性等について、これまでの研究成果をもとにこの手引きを作成しました。

NO. 10 PV= 43

木を発酵して香り豊かなアルコールができました
木材に食品用の酵素と酵母を加えて原料樹木特有の香りに富んだアルコールの試験製造に成功しました。•スギやシラカンバを原料にアルコール発酵して蒸留すると、それぞれの樹種に特徴的な豊かな香り成分を含むアルコールができました。

未分類

NO. 1 PV= 735

日本人の表情がエクマンの理論とは異なることを実証
日本人の基本6感情の表情を報告する世界初の実証的知見。日本人において(西洋での実証研究と同様に)エクマンの普遍的な表情の理論は部分的にしか支持されず、理論を実証研究に基づいて修正する必要があることを示唆。

NO. 2 PV= 234

ナノマシン駆動で色を変える人工の「カメレオンスキン」
(Colour-changing artificial ‘chameleon skin’ powered by nanomachines) 光や熱に反応して色を変化させる、人工クロマトフォア(色素胞)を開発。

NO. 3 PV= 211

SDGsを活用した地域の環境課題と社会課題を同時解決するための民間活動支援事業
紹介リーフレットを作成した。ローカルSDGsに取り組むときのポイント、同時解決を可視化するツール、協働のプロセスを動かす中間支援機能、8事業の概要・地域や課題の整理、ローカルSDGsギャザリング(成果共有会の)の結果等を掲載。

NO. 4 PV= 117

交換時期を知らせる低コストの「スマート」なオムツ
(Low-cost "diaper can notify caregiver when it's wet)RFID タグによるウェットセンサーを取り入れた「スマート」なオムツを開発。オムツの濡れを検出してスマートフォンやコンピューターに送信する。

NO. 5 PV= 81

難削材も容易に切削できる新しいサーメットを開発
インコネル718などの切削時に低摩耗性を示す炭窒化チタン系サーメット 2020-09-14 産業技術総合研究所 ポイント 最小厚さ数十ナノメートルの網目構造を持ち、整合結合を含む炭窒化チタン系サーメットを開発 従来の切削...

NO. 6 PV= 80

EUが将来に向けた重要科学技術「ラジカル・イノベーション・ブレークスルー100」を公表
87の技術的ブレークスルーと13の社会的ブレークスルー(RSB)で構成され、世界中の技術予測調査結果と200のプラットフォームからの15万以上のニュース記事から、機械学習アルゴリズムと人間による評価を組み合わせた手順によって抽出された。

NO. 7 PV= 66

イネ稲こうじ病の防除技術標準作業手順書を公開
イネ稲こうじ病に対し、転炉スラグ系資材や生石灰による土壌改良と、「1km-メッシュ農業気象データ版薬剤散布適期連絡システム」による適期防除の支援方法を組み合わせた防除技術を開発し、標準作業手順書を公開した。

NO. 8 PV= 64

国土交通省の発注工事において 「3眼カメラ配筋検査システム」が初めて採用
東北中央自動車道 東根川橋(福島県)の工事でデジタル配筋検査を実用化 2020-10-14 シャープ株式会社 3眼カメラ配筋検査システムを使用した検査の模様  シャープが、清水建設株式会社(東京都中央区、代表取締役...

NO. 9 PV= 58

手すり一体型アルミ製トラック昇降ステップ(CG-210011-A)
トラックの荷台に昇降するためのアルミ製手すり一体型昇降設備。軽量で折りたたみができ持ち運びがしやすい。

NO. 10 PV= 56

水田の代かき時期を衛星データで広域把握~高い精度を確認、また、雲があっても補完的に把握可能に~
2020-07-14 農研機構 ポイント 農研機構は、晴天時に観測された短波長赤外域の衛星データを複数利用して、代かき時期(取水開始時期)を広域的・効率的に把握する手法を開発しました。本手法では、衛星データで各観測日における水田の湛水有...
タイトルとURLをコピーしました