「原型炉研究開発ロードマップについて(一次まとめ)」の公表について

ad
ad

 

2018/07/24  核融合科学技術委員会

科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会 核融合科学技術委員会において、同委員会で昨年12月に策定した「核融合原型炉研究開発の推進に向けて」を踏まえて、7月24日の会合まで議論してきた「原型炉研究開発ロードマップについて(一次まとめ)」をとりまとめましたので公表します。

 

原型炉研究開発ロードマップについて(一次まとめ)

平成 30 年 7 月 24 日
科学技術・学術審議会
研究計画・評価分科会
核融合科学技術委員会

核融合炉開発のビジョンについては、核融合コミュニティのみならず、社会に 対して明確に分かりやすく示すことが重要である。このため、核融合科学技術委 員会においては、平成 29 年 12 月に「核融合原型炉研究開発の推進に向けて」を 策定し、
(1) 核融合原型炉の開発に必要な戦略、
(2) 原型炉に求められる基本概念と技術課題解決のための開発の進め方、
(3) 原型炉段階への移行に向けた考え方、
を示すとともに、同年 12 月に、原型炉の技術開発課題の項目毎に解決のための アクションプランを作成し、実効的なフォローアップと時宜を得た体制整備の 進捗確認を実施することとしている。
現在、原型炉建設ならびにその後の実用化に向けた原型炉研究開発ロードマ ップ(以下、ロードマップ)を検討しているが、アクションプランに示された開 発課題のうち、とりわけ早期に、限られたリソースの中で優先的に実施すべき課 題を抽出することが必要である。そのため、今般、課題抽出の際に特に重要とな る、①開発の重要度と緊急性、②国際協力の観点に基づいて、ロードマップを検 討し、一次まとめとして整理することとした。 また、原型炉研究開発の産学官によるオールジャパン体制の強化、特に、大学 等との連携強化に向けた方策についてもとりまとめた。

タイトルとURLをコピーしました