EUが将来に向けた重要科学技術「ラジカル・イノベーション・ブレークスルー100」を公表

ad
ad

2019/07/09 科学技術・学術政策研究所
執筆者:蒲生 秀典(特別研究員)

2019年6月13日、欧州委員会は「100 Radical Innovation Breakthroughs for the future」1)を公表しました。この調査はHorizon 20202)でのプロジェクト“Radical Innovation Breakthrough Inquirer (RIBRI)”(フィンランド・トゥルク大学、ドイツ・フラウンホーファー研究機構・社会イノベーション研究所、ルーマニア・未来研究所)による成果です。レポートでは、将来に向けグローバルな価値創造に大きな影響を及ぼし、社会的ニーズに重要な解決策を示す可能性のある、100のラジカル・イノベーション・ブレークスルー(RIB)を提示しています。RIBは、当初はフィンランドでの予測調査から生まれた概念ですが、OECDなど他の国際機関の調査でも使われるようになってきました。

100のRIBは、87の技術的ブレークスルーと13の社会的ブレークスルー(RSB)で構成され、世界中の技術予測調査結果と200のプラットフォームからの15万以上のニュース記事から、機械学習アルゴリズムと人間による評価を組み合わせた手順によって抽出されました。(図表1)さらに、現状の成熟度、2038年における普及の可能性、および研究とイノベーションにおける欧州の相対的な強さについて、専門家による評価結果を示しています。

タイトルとURLをコピーしました