『水産』で活躍する女性研究者〜SDGsへの貢献

スポンサーリンク

Women in Fisheries: Sustainable Development Goals (SDGs) and Contributions to Research and Industry

2018/09/21 国際農林水産業研究センター

   国際農林水産業研究センター(JIRCAS)は、日本の農林水産業研究分野での国際貢献と連携の中核的な役割を担い、開発途上地域における共同研究実施を通して人材育成にも取り組むとともに、男女共同参画も推進してきた。平成28年度からは、文部科学省科学技術人材育成費補助事業ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)「女性研究者の活躍推進を実現する“関東プラットフォーム”の創生と全国展開」に参画し、女性研究者が一層活躍できる環境の整備に取り組んでいる。平成29年度の国際シンポジウムでは、女性研究者が農業・食料・影響研究において国際的に活躍できる機会を広げていくための討議を行った。

今年度は、水産業研究分野のSDGsへの貢献という視点で、関連する分野の最前線で活躍する女性研究者の講演、討議を行う。

Program e20180529.pdf

JIRCAS国際シンポジウム
主催  国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター
共催  国立研究開発法人 水産研究・教育機構
後援  農林水産省農林水産技術会議事務局
水産庁

東京農工大学

東京外国語大学

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構

首都圏産業活性化協会

持続的開発のための農林水産国際研究フォーラム

開催日  2018年11月6日(火)
場所  国連大学ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区神宮前5-53-70、最寄り駅「表参道」)
プログラム

受付                 12:30-13:00
開会セレモニー  13:00-13:20
開会の挨拶      岩永 勝(JIRCAS理事長)
歓迎の挨拶   島田和彦(農林水産技術会議事務局 研究総務官)
基調講演

座長:土居邦弘(JIRCAS研究戦略室長)

  1. Meryl Williams (アジア水産学会 Chair, Gender in Aquaculture and Fisheries Section, Asian Fisheries Society)(13:20-13:50)
    「発展途上地域における女性研究者・管理者の養殖・水産業への貢献と今後の展望について」
    “Women’s contributions to fisheries and aquaculture in the developing areas: Present achievements and future prospects for women researchers and administrators”
  2. 中田薫(水産研究・教育機構理事)(13:50-14:20)
    「日本国内における水産業への女性たちの貢献および今後の活躍について」
    “Women in fisheries and aquaculture in Japan: Current achievements and future prospects in research and industry”
セッション1「水産研究における女性研究者」

座長:阿部寧(JIRCAS水産領域長)

  1. 蔵由美子 (ワールドフィッシュ・カンボジア Country Director)(14:20-14:45)
    「水産資源のSDGs達成への貢献~女性研究者の視点から」
    “The contribution of fisheries in achieving SDGs: Perspectives of women researchers”
  2. Evelyn Grace de Jesus Ayson (東南アジア漁業開発センター養殖部局)(14:45-15:10)
    「東南アジアにおける食料及び栄養保障のための持続的養殖研究開発」
    “R&D on sustainable aquaculture for food and nutrition security in Southeast Asia”
  3. Bong Jung Kang (JIRCAS水産領域研究員)(15:10-15:30)
    「クルマエビ類の新しい養殖および稚エビ生産技術の開発:JIRCASの取り組み」
    “Development of new aquaculture and seed production technology for commercially-important shrimp species: Research at JIRCAS”
記念撮影、休憩

15:30-15:55

セッション2「水産業における女性」

座長:山本由紀代(JIRCAS高付加価値化プログラムディレクター)

  1. 関いずみ(東海大学海洋学部教授)(15:55-16:20)
    「日本における起業する漁村女性たちの活躍」
    “Activities of women in fishing communities starting businesses in Japan”
  2. Bonnie Waycott(5M Publishing社・The Fish Siteライター)(16:20-16:45)
    「養殖産業で活躍する女性達 ~ 現場からのストーリー」
    “Women in aquaculture: Stories from the field”
パネルディスカッション   16:45-17:20
モデレータ:Marcy Wilder(JIRCAS水産領域主任研究員)
閉会式                17:20-17:30
閉会の挨拶  小山修(JIRCAS理事)
受付期間  2018年9月21日 (金) 12:00 – 2018年10月29日 (月) 17:00
申込受付
参加費       無料
開催日時   2018(平成30)年11月6日 (火)13時~17時30分
(受付開始12時30分)
その他
当日午前(10時00分~11時30分)、同じ会場で若手外国人農林水産研究者表彰(Japan Award)表彰式が開催されます。あわせてご参加ください。
過去のJIRCAS国際シンポジウムのプロシーディングス
https://www.jircas.go.jp/ja/publication/proceedings
使用言語
英語(日本語同時通訳あり)
ポスター
JIRCAS International Symposium 2018
問い合わせ先

国際農研 企画連携部 情報広報室

スポンサーリンク
スポンサーリンク