99未分類

0403電子応用

インクコーティングにより、熱で動くデバイスを実現(Ink coating could enable devices powered by heat)

2022-06-15 スウェーデン王国・王立工科大学(KTH) ストックホルムにあるKTH王立工科大学の研究者は、American Chemical Society Applied Materials & Interfaces誌に...
2004放射線利用

カンタベリー郊外に英国最古の人類が住んでいたことが、60万年前の発掘品から判明(Canterbury suburbs were home to some of Britain’s earliest humans, 600,000-year-old finds reveal)

2022-06-22 ケンブリッジ大学 英国ケント州カンタベリー郊外で行われた考古学的発見により、56万年前から62万年前の間に初期人類が英国南部に存在していたことが確認され、北ヨーロッパで最も早く知られた旧石器時代の遺跡の一つとなりまし...
99未分類

4ケルビンで動作するスピン量子ビット読み出し向け電流計測回路を開発~量子コンピューターの正確な演算に応用可能な、従来の100倍の高速化を実現~

2022-06-14 産業技術総合研究所 ポイント 半導体スピン量子ビットの状態を読み出すために必要な微小電流を計測する回路を開発 回路を集積化し極低温の4ケルビンでも動作可能としたことで、従来の室温での計測に比べて電流の...
1700応用理学一般

アモルファス物質の低温物性異常の起源を解明

2022-06-07 東京大学 〇発表者: 田中 肇(東京大学名誉教授/東京大学 先端科学技術研究センター シニアプログラムアドバイザー(特任研究員)) フー ユアンチャオ(研究当時:日本学術振興会 外国人特別研究員、現在:エール...
1703地質

地下水が流れていない場所を探す~地下水の動きを割れ目の水質で判断する方法を構築~

2022-06-06 日本原子力研究開発機構 【発表のポイント】 高レベル放射性廃棄物の地層処分では、地下水の流れによる放射性物質の移動が生じにくい領域を探すために、地層中の割れ目における地下水の流れの分布を推定する技術が必要に...
99未分類

2次元結晶の積層構造由来の電気分極を反映した光起電力応答を発見~2次元物質の積層自由度を用いた新たな機能性の可能性~

2022-05-30 東京大学 1.発表のポイント: ◆積層方向に電気分極(注1)を持つような特徴的積層構造を持つ2次元結晶(注2)において、大きな光起電力効果(注3)が室温で生じることを発見した。 ◆分極を持たない単層試料や別の...
1701物理及び化学

水/氷の界面に2種目の”未知の水”を発見! ~水の異常物性を説明する”2種類の水”仮説の検証に新たな道~

2022-05-12 産業技術総合研究所 発表のポイント 氷と水の界面に、通常の水より低密度な水を発見 密度の異なる2種類の未知の水の流れやすさの測定に成功 水の異常物性の解明と水の関わる多くの分野に影響を与える画期...
1700応用理学一般

ブルー・ブレイン、数学でニューロンを構築(Blue Brain builds neurons with mathematics)

2022-04-06 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) ・EPFLのBlue Brain Projectは、数学のみを用いて神経細胞を自動的に3Dで描画する方法を発見しました。 ・数十億個の神経細胞は、数兆個のシナプスを形成し...
1102水質管理

環境 – 水をきれいにするロボット(EnvironmentーClean water bots)

2022-04-04 オークリッジ国立研究所(ORNL) オークリッジ国立研究所が開発した水中ドローン「AquaBOT」を使えば、河川ネットワーク全体の水質を、従来の方法よりも正確に、迅速に、低コストで測定することが可能になりました。 ...
99未分類

結晶中の強く相関する電子雲の振る舞いを解明

2022-03-25 名古屋大学 国立大学法人東海国立大学機構 名古屋大学大学院工学研究科の萬條 太駿 大学院博士後期課程学生、澤 博 教授らの研究グループは、理化学研究所創発物性科学センターの鬼頭 俊介 基礎科学特別研究員、帝京大学...
ad
タイトルとURLをコピーしました