端境(はざかい)期向けかぼちゃ新品種「おいとけ栗たん」

ad
ad

長期間貯蔵してもホクホクして美味しく、収穫しやすい

2018/10/23  農研機構,株式会社渡辺採種場

ポイント

農研機構は株式会社渡辺採種場と共同で、国産かぼちゃの供給が少ない12月~5月の端境期向けのかぼちゃ新品種「おいとけ栗たん」を育成しました。収穫後3ヶ月間貯蔵しても高い糖度とホクホクとした食感を維持することから、青果用途に加えて特に端境期のペースト加工などの原料用に最適です。また、つるが短いため省力栽培にも向いており、大果で収量性も高い品種です。

概要

国内産かぼちゃの供給がとても少ない12月~5月の端境期においては、海外から輸入されたかぼちゃで国内市場が占められています。そのため特に国内のかぼちゃの加工業者から、端境期に原料を入手できる優れたかぼちゃ品種の育成が強く求められてきました。

そこで農研機構は(株)渡辺採種場と共同で、収穫後の貯蔵性が高く、端境期に出荷できるかぼちゃ新品種「おいとけ栗たん」を育成しました。

「おいとけ栗たん」は、糖度が高くホクホクとした食感(粉質)で、加工適性も高い品種です。北海道などの春播き露地栽培、本州、九州地域等の抑制栽培1)を経て秋から冬に収穫後、3ヶ月程度貯蔵しても品質が落ちませんので、リレー出荷により端境期の数ヶ月間供給が目指せます。また濃い黄色で明るい色調のため見栄えが良く、ペースト加工などの原料用や貯蔵しながらの青果販売に最適です。さらに「短節間性」2)であることにより密植栽培が可能で、側枝が少なく株元に着果するので整枝・誘引の手間が省け、果実が広範に存在しないことによる収穫作業の省力化が図れるので、低コスト栽培に挑戦する生産者にとってもメリットのある品種です。

本品種の利用により、国内産かぼちゃが不足する冬から春にかけて、品質の良い美味しく、加工にも適するかぼちゃが生産できることで、年間を通しての国産かぼちゃの供給が可能となります。

関連情報

予算 : 農林水産省「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業(農食事業)」

品種登録出願 : 第32781号

その他

本資料は、道政記者クラブ、札幌市政記者クラブ、筑波研究学園都市記者会、農政クラブ、農林記者会、農業技術クラブに配付しています。

※農研機構(のうけんきこう)は、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構のコミュニケーションネーム(通称)です。新聞、TV等の報道でも当機構の名称としては「農研機構」のご使用をお願い申し上げます。

お問い合わせ

研究推進責任者 :
農研機構北海道農業研究センター
所長 安東 郁男

株式会社渡辺採種場
代表取締役 渡邉 穎悦

研究担当者 :
農研機構北海道農業研究センター
作物開発研究領域園芸作物育種グループ
グループ長 杉山 慶太

広報担当者 :
農研機構北海道農業研究センター
広報チーム長 柴垣 誠

詳細情報

新品種育成の背景と経緯

国内産かぼちゃの国内市場向け総出荷量は約14万6千トンです。一方、海外からは約11万6 千トンが輸入されています(2016年)。国内産のかぼちゃの出荷時期は主に夏~晩秋(6月~11月)であるため、端境期となる冬~春(12月~5月)には、ニュージーランド、メキシコなど海外からのかぼちゃで国内市場が占められています(図1)。日本では冬春期に出荷するかぼちゃ栽培に適した地域が少なく、そのための品種も少ないなどの理由により、冬~春の出荷が少なくなっています。このため、かぼちゃの加工業者からは、端境期においても利用可能な、高品質な国内産かぼちゃが求められていました。

タイトルとURLをコピーしました