電気炉ダストから亜鉛と鉄を同時に回収する手法を実証 ~複数の業種を経ていた処理の一元化が可能に~

ad
ad

2019-12-26   科学技術振興機構

ポイント
  • 電気炉で鉄スクラップを再溶解する時に発生する電気炉ダストは、処理費の負担と処理後残渣の取り扱いが電気炉メーカー共通の悩みとなっていた。
  • 石灰添加法により有害元素を除去し、真空加熱で金属亜鉛を還元回収、残留物を製鉄原料として再利用できる手法を開発し、ベンチスケールプラントで実証した。
  • 亜鉛と鉄を高効率に両方リサイクルでき、処理の一元化とともに、還元剤として炭材を使わないため二酸化炭素(CO)排出量の低減効果も期待される。

JST(理事長 濵口 道成)は、産学共同実用化開発事業(NexTEP)の開発課題「電気炉製鋼ダストからの高純度亜鉛と製鉄原料コプロダクションシステム」の開発結果を成功と認定しました。この開発課題は、東北大学 大学院工学研究科 長坂 徹也 研究科長/教授らの研究成果をもとに、平成26年3月から平成31年3月にかけて株式会社豊栄商会(代表取締役社長 樹神 康之、本社 愛知県豊田市、資本金9000万円)に委託して、同社 開発研究室が実用化開発を進めていたものです。

鉄スクラップをリサイクルする電気炉メーカーが排出している電気炉ダスト注1)は、約20パーセントの亜鉛(Zn)、約30パーセントの鉄(Fe)に加え少量のハロゲン(塩素、フッ素)、有害元素の鉛などを含んでいるため、多くが中間処理業者に委託して処分されています。電気炉ダストから亜鉛をリサイクルする方法は従来、エネルギー効率が悪く、鉄分の回収も困難でした。

タイトルとURLをコピーしました