2019—日本が抱えているエネルギー問題(前編)

ad
ad

2019-08-13 資源エネルギー庁

TOPICS

1.日本の自給率と海外依存の問題

2.電気料金の変化

3.温室効果ガス(GHG)の排出問題

4.2030年に向けたエネルギー政策

日本の自給率と海外依存の問題

電気、ガス、ガソリンなどのエネルギーは、いまや生活に欠かせないものとして社会を支えています。けれども石油やLNG(液化天然ガス)などのエネルギー資源がとぼしい日本では、エネルギーを安定的に供給するためにさまざまな方策が必要です。

2017年の日本のエネルギー自給率は9.6%で、他のOECD諸国と比較すると低い水準です。過去最低だった2014年の6.4%からは上向いていますが、エネルギー自給率が低いと資源を他国に依存しなければならず、国際情勢の影響などを受けてエネルギーを安定して確保することが難しくなります。

主要国の一次エネルギー自給率比較(2017年)

主要国の一次エネルギー自給率のランキングを示しています。1位はノルウェーの792.6%、2位はオーストラリアの306.0%、3位はカナダの173.9%と続き、日本は34位の9.6%となっています。

(出典)IEA「World Energy Balances 2018」の2017年推計値、日本のみ「総合エネルギー統計」の2017年度確報値。 ※表内の順位は2017年OECD35カ国中の順位です。

詳しく知りたい
日本のエネルギー2018「Q 日本は、国内の資源でどのくらいエネルギーを自給できていますか?」

我が国のエネルギー自給率

2010年から2017年までの1年ごとの日本のエネルギー自給率を示しています。2010年は20.3%、そこから数値が下がっていき2014年の6.4%を最低値として、その後少しずつ上昇し2017年では9.6%となっています。

(出典)IEA「World Energy Balances 2018」の2017年推計値、日本のみ「総合エネルギー統計」の2017年度確報値。 ※表内の順位は2017年OECD35カ国中の順位です。

詳しく知りたい
 日本のエネルギー2018「Q 日本は、国内の資源でどのくらいエネルギーを自給できていますか?」

とりわけ日本は、石油・石炭・LNG(液化天然ガス)などの化石燃料に大きく依存しています。2011年に起こった東⽇本⼤震災の前年、化石燃料への依存度は81.2%(⼀次エネルギー供給ベース)でしたが、原⼦⼒発電所の稼働停⽌にともなう電⼒の不⾜を火⼒発電所の焚き増しによっておぎなったことから、2017年の化石燃料への依存度は87.4%まで増加しています。

また、2018年の化石燃料の海外依存度は、石油99.7%、LNG(液化天然ガス)97.5%、石炭99.3%となっており、そのほとんどを海外からの輸入に頼っているのが現状です。

我が国の一次エネルギー国内供給構成の推移

日本の一次エネルギー国内供給構成を年度ごとに3つの円グラフで示しています。1973年度の化石燃料依存度は94.0%、2010年度は81.2%、2017年度は87.4%となっています。

(出典)総合エネルギー統計

※ 当資料で扱うパーセンテージ表示については、四捨五入の関係上、合計が100%にならない場合があります。

※ 再生可能エネルギー等は水力を除き、未活用エネルギーを含みます。

詳しく知りたい
日本のエネルギー2018「Q 日本はどのような資源に依存していますか?」

日本の化石燃料の海外依存度

タイトルとURLをコピーしました