濃い紫色で食味の良い紫サツマイモ新品種 「ふくむらさき」

ad
ad

「べにはるか」並に糖度が高く、しっとりとした食感

2018/11/15 農研機構

農研機構は、食味の良い紫サツマイモ新品種「ふくむらさき」を育成しました。現在主力品種として普及している紫サツマイモ品種「パープルスイートロード」より紫色が濃く、食味も優れています。蒸しいもや焼きいもの糖度は「べにはるか」並に高く、しっとりとした食感です。関東を中心とする青果用サツマイモ産地において、良食味の紫サツマイモ品種として普及する予定です。

概要

現在、沖縄県を除いた日本の各地域では、食用の紫サツマイモ品種は「パープルスイートロード」が最も普及しています。しかし本品種は、黄肉色のサツマイモ品種に比べると食味の評価が低いことから、より食味の良い紫肉色のサツマイモ品種を求める生産者および実需者の声が高まっていました。
そこで農研機構は、「パープルスイートロード」より食味が優れ、また紫色の濃いサツマイモ新品種「ふくむらさき」を育成しました。蒸しいもや焼きいもにした時の糖度は「べにはるか」並に高く、肉質は中~やや粘質でしっとりとした食感です。 「ふくむらさき」は茨城県など関東を中心とする青果用サツマイモ産地において、良食味の紫サツマイモ品種として普及する予定です。
2019年春より、民間種苗会社などを通じて「ふくむらさき」の苗が供給される予定です。

関連情報

予算: 運営費交付金、平成29年度農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業委託事業(継続課題)「地域ブランド強化のための高品質食用・加工用サツマイモ品種の開発」
品種登録出願番号:「第33033号」(平成30年4月16日出願)

お問い合わせ

研究推進責任者

農研機構 九州沖縄農業研究センター所長 大黒 正道

研究担当者

同 畑作研究領域 サツマイモ育種グループ 甲斐 由美、末松 恵祐 TEL:0986-24-4270

広報担当者

同 企画部産学連携室長 樽本 祐助 TEL:096-242-7682 FAX:096-242-7543
プレス用E-mail:konarc-press-mail

本資料は筑波研究学園都市記者会、農政クラブ、農林記者会、農業技術クラブ、九州各県の県政記者クラブ、日本農業新聞九州支所に配付しています。

※農研機構(のうけんきこう)は、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構のコミュニケーションネーム(通称)です。新聞、 TV 等の報道でも当機構の名称としては「農研機構」のご使用をお願い申し上げます。

詳細ファイル

濃い紫色で食味の良い紫サツマイモ新品種 「ふくむらさき」

タイトルとURLをコピーしました