「English 4skills」にAI自動採点機能を追加

スポンサーリンク

和文英訳で自分の書いた英文を活かした自動採点が可能に

2020-03-25 株式会社NTTドコモ

株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘、以下:ドコモ)は、「読む」「聞く」「話す」「書く」の英語4技能をオンラインで身につけるための学校向け英語4技能学習サービス「English 4skills®」(以下、本サービス)に、生徒が入力した和文英訳をAIで即時に採点・添削するAI採点機能(以下、本機能)を2020年3月25日(水曜)より提供します。

英語でのコミュニケーションには「話す」「書く」力の向上が必要ですが、英作文の採点・添削をするための先生の稼働確保が難しいなど、生徒の英作文の学習量を増やすことが課題でした。

本機能は、生徒の作成した和文英訳の表現を活かしながら、英語の表現として正しいかAIが自動採点するため、生徒はどこでも繰り返し和文英訳の学習に取り組むことができ、先生はこれまで採点・添削にかけていた時間を、より良い表現など指導の時間に充てることができます。

■AIによる自動採点・添削イメージ

「English 4skills」AIによる自動採点・添削イメージ

2019年12月から2020年2月まで同志社香里中学校・高等学校で本機能をトライアル導入したところ、「自分が間違えたところをどう変えたらいいか模範解答以外でも教えてくれた」「ライティングの学習を楽しく続けられそう」「英語の外部試験や定期テストのライティングに効果が出そう」などの声をいただきました。

今後も、ドコモは中期戦略2020「beyond宣言」にもとづき、教育分野での「ソリューション協創」実現に向け、新たな技術を取り入れながら、生徒の学びの向上に努めてまいります。

  • 別紙 「AI採点」の概要
  • 参考 English 4skills概要
別紙 「AI採点」の概要
1. 概要

生徒が入力した和文英訳を、ドコモのAIで即時に自動採点・添削ができる機能。
ニューラル機械翻訳技術を応用しており、英語の表現として正しいかを、生徒の表現を活かしながらAIが自動採点するため、模範解答と異なる解答をした場合でも採点・添削が可能。

2. 提供開始

2020年3月25日(水曜)

3. 料金

English 4skillsの月額利用料に含まれます。

  • English 4skillsの利用料金は、利用ID数により異なります。

AI採点の画面イメージ

「English 4skills」AI採点の画面イメージ

利用イメージ:別ウインドウが開きますhttps://e4skills.com/news/article200325/index.html

参考 English 4skills概要
1. サービス概要
  • 「読む」「聞く」「話す」「書く」の英語4技能をスマートフォン、タブレット、パソコンでトレーニングし、「レベルチェックテスト」で技能ごとの実力を測定できる学校向けの英語4技能学習サービス
  • 生徒は4つの技能ごとの自分の実力にあった演習問題を繰り返し、レベルチェックテストで現状把握
  • 先生向けに、オンライン課題配信や生徒へのフィードバック、学習状況を一覧で確認できる生徒指導の支援をする機能を提供
  • 英検®などの英語の検定試験対策も可能

サービスサイト:別ウインドウが開きますhttps://e4skills.com/

2. 料金

利用ID数により異なります。

3. 主な機能

レベルチェックテスト

  • 英語4技能別に実力を測定できる確認テスト
  • 各技能テスト受験時間は約20分
  • 10段階およびCEFR※1レベル(A1~B1)で即時に自動採点※2、フィードバック

トレーニング

  • 各技能の一人ひとりのレベルに応じた、「読む」「聞く」「話す」「書く」の学習
    • 「読む」:英文を読み、出題された問題に解答する
    • 「聞く」:英語音声を聞き、出題された問題に解答する
    • 「話す」:スマートフォンやタブレット、パソコンに向けて、実際に声に出して英文を読み上げる、問題に発話で解答する
    • 「書く」:出題された問題に、スマートフォンやタブレット、パソコンでテキスト入力または並べ替えで解答する
  • 英検®5級~準1級相当の問題※3を搭載

成績・学習進捗管理

  • 生徒だけでなく、先生も生徒の英語4技能のレベルや学習進捗を把握

オンライン課題配信

  • オンラインで課題出題、添削
  • 英語の検定試験対策として個別指導

授業支援

  • 1、2分程度の英会話動画をCEFR別、ジャンル別に検索
  • 日本語、英語字幕や小テストなどの印刷可能なワークシートつき

英語の検定試験対策※3

  • 英検®などの検定試験に向けた個別対策
4. ご利用イメージ

「English 4skills」ご利用イメージ

5. 画面イメージ

「English 4skills」画面イメージ

  1. 「CEFR(セフアール)」とは、欧州で広く使われている言語能力を示す国際指標です。例えば、CEFR「A2」の判定は英検® 準2級相当です。

  2. レベルチェックテストのSpeaking、Writingでは、株式会社EduLabグループのAI自動採点技術を使用しています。

  3. 株式会社旺文社の教材を中心に搭載。


  • 「英検®」は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

  • English 4skillsのAI採点は、NTTグループのAI「corevo®」を構成する技術です。

  • 「corevo®」は、日本電信電話株式会社の登録商標です。(https://www.ntt.co.jp/corevo/

  • 「English 4skills」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする