グラフェンが「スマートテキスタイル」の新たな可能性を拓く

スポンサーリンク

2018/12/3 英国・エクスター大学

 (Graphene unlocks new potential for ‘smart textiles’)

figure1

・ エクスター大学の Center for Graphene Science、ポルトガルのアベイロ大学、およびベルギーの CenTexBel から成る国際研究チームが、衣類製造時に織り込められるグラフェンベースの電子ファイバーを作製する技術を開発。
・ 現在のウェアラブルエレクトロニクスは基本的にデバイスを布地に接着したもので、材料の硬さや誤作動の起こしやすさが課題となっている。
・ 同グラフェンベース電子ファイバーは、広範囲にわたる日常的なアプリケーションから心拍や血圧等の医療モニタリングでの使用に向けた、ウェアラブルエレクトロニクスデバイス開発に革新をもたらすものと考える。
・ テキスタイル産業で一般的に使用されているポリプロピレン繊維にグラフェンベース電子ファイバーを統合してタッチセンサーと発光デバイスを作製。同技術により、電極やワイヤ等の追加的な材料を使用することなく、直接布地にウェアラブルディスプレイを統合できるようになる。
・ 同技術による電子ファイバーは、フレキシブル、軽量で快適に着用できることに加え、日常生活の活動に必要な耐久性を有する。
・ 同大学を含む国際研究チームは、透明でフレキシブルなグラフェン電極を一般的な繊維に埋め込む技術を 2015 年に開発している。
URL: http://www.exeter.ac.uk/news/featurednews/title_695317_en.html

(関連情報)
npj Flexibile Electronics 掲載論文(フルテキスト)
Graphene electronic fibres with touch-sensing and light-emitting functionalities for smart textiles
URL: https://www.nature.com/articles/s41528-018-0040-2

<NEDO海外技術情報より>

Abstract

The true integration of electronics into textiles requires the fabrication of devices directly on the fibre itself using high-performance materials that allow seamless incorporation into fabrics. Woven electronics and opto-electronics, attained by intertwined fibres with complementary functions are the emerging and most ambitious technological and scientific frontier. Here we demonstrate graphene-enabled functional devices directly fabricated on textile fibres and attained by weaving graphene electronic fibres in a fabric. Capacitive touch-sensors and light-emitting devices were produced using a roll-to-roll-compatible patterning technique, opening new avenues for woven textile electronics. Finally, the demonstration of fabric-enabled pixels for displays and position sensitive functions is a gateway for novel electronic skin, wearable electronic and smart textile applications.