2019年度 SDGs特集 海洋プラスチック問題に立ち向かう ~カネカが生んだ期待のポリマー~

ad
ad

掲載日:2019-08-22

株式会社カネカ 高砂工業所 バイオテクノロジー研究所 田岡直明、佐藤俊輔

私たちの身の回りの、ありとあらゆるところで使われているプラスチック。加工しやすく丈夫なうえに価格も安く、ストローやスーパーマーケットのレジ袋をはじめ、私たちの生活にはもはや欠かせないものとなっている。しかし、皮肉にもその便利さが、大きな環境問題を引き起こす要因にもなっている。その環境問題とは、「海洋プラスチック問題」だ。テレビや新聞などでも大きく取り上げられ、耳にしたことのある人も多いだろう。世界を揺るがす社会課題に対し、様々な取り組みが行われている中で、日本発の科学技術が一筋の光を放っている。

G20大阪サミットでも主要な議論となった海洋プラスチック問題

今年6月に大阪市で開催された「金融・世界経済に関する首脳会合(G20 サミット)」。各国の大統領や首相などが集うトップ会談の場でも、海洋プラスチック問題は大きな議題の一つとして取り上げられた。今やこの問題は、世界共通の社会課題となっている。

海洋プラスチック問題は、ごみとして捨てられたプラスチックが適切に処理されずに海へと流出し、環境を汚染している深刻な問題だ。漁業の網に絡まった亀、胃袋から大量のプラスチックごみが発見された海鳥など、衝撃的な写真を目にした人も多いと思う。2050年には、海水中で魚類よりもプラスチックの重量の方が多くなるといった、驚くべき試算もなされている。

また、海水中で波の力や紫外線によって劣化し、直径5ミリ以下の微粒子になったプラスチックごみは「マイクロプラスチック」と呼ばれる。有害物質を吸着しやすい性質を持つとも言われており、生態系や私たちの健康への影響を心配する声も少なくない。

この海洋プラスチック問題に関して、G20大阪サミットである企業が存在感を示した。日本の化学メーカー「カネカ」だ。カネカは、「高分子技術」による化学の力と、「発酵技術」によるバイオテクノロジーの力を強みに、幅広い分野で社会課題解決への貢献を目指している企業。G20大阪サミットや、その直前に長野県軽井沢町で行われた「G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」では、“自然界で分解されるプラスチック”を使用したごみ袋、食器、ネームプレートなどを提供し、注目を集めた。

PHBHを用いた各種製品展示

会場で使用されたごみ袋(PHBH使用)

「G20イノベーション展」で使用されたネームプレート(PHBH使用)

そもそも、プラスチックが抱える一番の問題は、自然界では極めて“生分解”されにくいところにある。一般的に「生分解」とは、微生物の働きによってプラスチックが二酸化炭素や水などに分解されることをいう。しかし石油由来のプラスチックには、自然環境下での生分解が進まず、数十年以上留まり続けるものも存在する。

その点、「生分解性プラスチック」は、その名のとおり自然界で分解される性質を持っている。中でも植物由来の原料から作られたものは、分解時に排出される二酸化炭素も自然環境の中で循環すると考えられていることから、地球温暖化への影響もなく、期待が高まっているのだ。実はその歴史は古く、約90年前のフランスではすでに原料となるポリマーが発見されていた。だが、価格や強度などの様々な理由から、石油由来のプラスチックの開発が優先され、生分解性プラスチックは普及するに至らなかった。

しかし近年では、海洋プラスチック問題などを背景に、風向きが変わりつつある。ヨーロッパを中心に石油由来のプラスチック製品の使用を規制する動きが広まっており、カネカが開発したポリマーにも大きな注目が集まっているというわけだ。

では、カネカが開発した「カネカ生分解性ポリマーPHBH(以下「PHBH」)」は、従来のものと比べてどこが優れているのか。その理由を、株式会社カネカ高砂工業所バイオテクノロジー研究所バイオプロダクツ研究グループ主任の佐藤俊輔さんに聞いた。

「従来からあるポリ乳酸などの生分解性プラスチックは、有機廃棄物を堆肥化するコンポスト施設の中の50~60℃という高温環境でなければ生分解されませんでした。その点、カネカのPHBHは、自然の土壌はもちろん、土壌に比べ微生物の数が少ないとされる海水の中でも生分解されることが確認されているので、海洋プラスチック問題の解決に貢献できると期待されています」

また、石油由来のプラスチックと遜色のない質感を実現したことに加え、硬いものから柔らかいものまで、用途に応じて幅広く対応可能だという。

世界初!生分解性プラスチックの大量生産に成功するまでの道のり

 

タイトルとURLをコピーしました