2019-08-01

1501生産マネジメント

高品質な自己由来iPS細胞の実現に向けた共同研究を開始

キヤノングループの光学や計測、画像診断技術により、低コストな検査手法の開発、およびiPS細胞の分化能を判別するマーカーの探索に取り組みます。品質管理や製造技術を活用し、高品質と安全性を保ちiPS細胞製造の低コスト化と期間短縮を目指す。
0701鉄鋼生産システム

中国・宝鋼湛江鋼鉄より、熱間圧延機向けにデジタル化パッケージ、オートメーション、電気設備を受注

目標は世界最先端のインテリジェントな熱間圧延機の建設。インダストリー4.0 対応の広範なソリューションパッケージを導入。熱間圧延における高度なインダストリー4.0 ソリューションの共同開発でも合意。
1600情報工学一般

AIを用いた超音波検査における影の自動検出 ラベルなしデータ学習で胎児心臓スクリーニング技術に進展

今回、共同研究グループは、機械学習の一つである深層学習(ディープラーニング)によるラベルなしデータでの学習により、影を自動検出する新手法を開発し、従来手法に比べて高精度に影を検出できることを確認した。
0501セラミックス及び無機化学製品

カプセル状多孔性配位高分子を合成~レアメタルフリー電極触媒の開発が進む~

穴の開いたカプセル状の多孔性配位高分子(Metal-organic framework, MOF)と、安価な鉄とニッケルを固定しカーボンナノチューブで連結したカプセル状金属高分散炭素触媒を開発した。
0300航空・宇宙一般

大気球実験BS19-02及び2019年度第一次気球実験の実施終了について

極薄ペロブスカイト太陽電池の気球飛翔を目的として、2019年度気球実験の2号機を、連携協力拠点である大樹航空宇宙実験場より放球した。この気球は満膨張時直径約11mのゴム気球で、毎分およそ330mの速度で上昇した。
1401漁業及び増養殖

令和元年度 サンマ長期漁海況予報(道東~常磐海域)

漁期を通じた来遊量は、昨年を下回る。9月中旬までの来遊量は極めて低調に推移するが、9月下旬以降に増加する。
91教育

ミャンマー向け無償資金贈与契約の締結:日本の知見を活かした職業訓練学校の整備により人材育成に貢献

「日本ミャンマー・アウンサン職業訓練学校整備計画」を対象として27億2,600万円を限度とする無償資金協力の贈与契約(Grant Agreement: G/A)を締結した。
1503ロジスティクス

ヨルダン向け無償資金贈与契約の締結:貿易港へのX線検査装置の導入によりセキュリティ対策能力を強化

ヨルダン南部アカバ港にX線検査装置を導入することにより、アカバ港の税関における治安対策能力の向上を図りヨルダン国内及び周辺地域の安定化に寄与することが期待されています。
1202農芸化学

ゲノム編集で迅速にコムギの特性を改良~収穫前の雨で発芽せず良質な小麦生産に向けて~

コムギの特性の改良にゲノム編集技術を利用することで、収穫時期に雨に濡れても発芽しにくい(休眠が長い)植物体を短期間のうちに開発することに成功した。
ad
タイトルとURLをコピーしました