2019年08月17日一覧

「睡眠時無呼吸症候群と認知症」

呼吸器内科部では 終夜睡眠ポリグラフを検査しCPAP治療を提供。CPAPは目覚ましく進歩。治療器の洗練以上に治療アルゴリズムを規定するコンピュータの性能が向上、患者との接点のマスクも改良、CPAPアドヒアランス(受容)が大きく改善された。

スポンサーリンク
スポンサーリンク