0504高分子製品

0502有機化学製品

自己治癒するソフトロボットアクチュエーター (Soft robot actuators heal themselves)

2020/7/27 アメリカ合衆国・ペンシルベニア州立大学(PennState) ・ PennState が、イカの環歯のパターンをベースにした、生分解性で自己修復可能なバイオ合成ポリマーを開発。 ・ 現在の自己...
0504高分子製品

強靭なプラスチックをリサイクル可能に (Chemists make tough plastics recyclable)

2020/7/22 アメリカ合衆国・マサチューセッツ工科大学(MIT) ・ MIT が、熱硬化性樹脂のリサイクルを可能にする技術を開発。 ・ 熱硬化性樹脂には、エポキシ樹脂、ポリウレタンやゴムが含まれ、車輌や電化...
0500化学一般

海洋生分解性プラスチックの社会実装に向けた技術開発に着手

2030年に海洋生分解性プラスチックの社会実装を目指す 2020-08-31 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOは海洋生分解性プラスチックの社会実装に向けた技術開発事業に着手します。本事業では、プラスチックの海洋生分解...
0504高分子製品

CO2 排出量と原油精製のエネルギー使用量を低減するメンブレン技術

(Membrane Technology Could Cut Emissions and Energy Use in Oil Refining) 2020/7/16 アメリカ合衆国・ジョージア工科大学(GeorgiaTech) ...
0504高分子製品

自己組織化する分子繊維のネットワークを種形成の制御で作り分けることに成功

人工スマートマテリアル設計の新機軸として期待 2020-08-26 京都大学  浜地格 工学研究科教授、窪田亮 同助教、長尾和俊 同修士課程学生、田中航 同博士課程学生、浦山健治 京都工芸繊維大学教授らの研究グループは、2種類の...
0504高分子製品

廃プラスチックをリサイクルする革新的なプロセス技術開発に着手~資源循環型社会構築への貢献を目指す~

2020-08-18 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOは、廃プラスチックを適正に処理し、資源として循環させるための革新的なプロセス技術開発事業に着手します。 本事業は、廃プラスチックについて【1】最適な処理方...
0501セラミックス及び無機化学製品

プラスチックの導電性を向上しながらさらに透明に

 (Making plastic more transparent while also adding electrical conductivity) 2020/7/6 ミシガン大学 ・ ミシガン大学が、プラスチックの導電...
0504高分子製品

ミクロの力学からポリマーの流動性を学ぶ

2020.08.11 AI Japan R&D Network 京都大学 私たちは、高分子材料のマクロな流動特性とそれを構成するミクロな高分子鎖の挙動との関係を解明するための学習法を開発しました。このミクロとマクロの結合と...
0503燃料及び潤滑油

廃棄硫黄で作るポリマーの有望な新展開

(Exciting new developments for polymers made from waste sulfur) 2020/6/22 英国・リバプール大学 ・ リバプール大学が、硫黄を原料としたポリマー...
0504高分子製品

史上最薄の高分子樹脂を開発

2020-07-17 東京大学 発表のポイント ◆高分子シートはさまざまな製品に利用されていますが、その厚さを分子レベルにまで薄くすることは非常に難しく、これまで長い間化学者の課題となっていました。 ◆分子レベルの細孔...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました