2019-09

1604情報ネットワーク

第5世代移動通信方式(5G)による 東海道新幹線への8K映像の伝送に成功

第5世代移動通信方式により、高速走行中の新幹線へ高精細8K映像コンテンツを伝送する実証試験に成功した。時速200km以上で走行する高速鉄道車内への大容量8K映像データの5Gによる伝送が実証された。
1202農芸化学

隠れて増えるウイルスゲノムを見つけ出し分解する、植物の新たな防御機構を発見

ダイズモザイクウイルス抵抗性遺伝子(Rsv4)から作られるRsv4タンパク質が、ウイルスの「隠れ家」を見つけ出してウイルスゲノムを分解することにより、感染を防いでいることを明らかにした。
0501セラミックス及び無機化学製品

固溶ナノ合金の量産化技術を確立

これまで安定量産化が困難とされていた数nmの固溶合金の連続合成が可能な量産化技術を共同開発した。一般的な液相還元法では困難とされていた1nm級の固溶合金およびその担持触媒の安定な連続合成に成功した。
0110情報・精密機器

流れの「かたち」解析による装置開発 ~流線位相データ解析による効率的粉体分級装置の開発~

さまざまな粒径を持つ粉体から細かい粒径の粒子を空気の流れによって分離する装置(分級装置)の開発に、応用数学の手法の1つである流線トポロジーデータ解析を応用し、従来よりも高い分離性能を持つ分級装置の製品開発に成功した。
0300航空・宇宙一般

宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機(HTV8)の 国際宇宙ステーションとの結合について

宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機(HTV8)は、9月29日2時55分(日本時間)にISSロボットアーム運用により、ISSとの結合を完了した。
0108交通物流機械及び建設機械

大韓航空ボーイング式777-300型機[脚損傷し地上走行が継続不能事態]平成30年6月29日

着陸時に右主脚後方の車軸が折損し、誘導路上で停止し地上走行が継続できなくなったと認められる。車軸が折損したことはピボット穴に腐食に起因する応力腐食割れが発生し、割れがある状態のままで運航したことによると推定。
0108交通物流機械及び建設機械

海上保安学校宮城分校所属ベル式505型機の事故[ハードランディングによる機体損傷](仙台空港)

オートローテーション・フルランディングを実施した際に、減速の開始が遅れたこと及びその後の操縦操作が適切に行われなかったことから、機体の降下を止めることができずハードランディングとなり機体を損傷したものと推定。
0300航空・宇宙一般

日本航空ボーイング777-300型機事故[機体の動揺による客室乗務員の負傷]2018年6月24日

ジェット気流の側縁を通過中、晴天乱気流に遭遇したため、機体が大きく動揺し機体後方通路にいた客室乗務員が転倒して、重傷を負ったと推定。飛行経路上に運航乗務員が飛行前に確認した予報よりも強まった鉛直シアー域が存在したことによると考えられる。
0402電気応用

2種類の高温超電導を用いて30テスラ超の高磁場発生 ~1.3ギガヘルツNMRに向けた大きな一歩~

高温超電導線材をらせん形状に巻いた超電導磁石において、これまで困難とされてきた30テスラ超の高磁場発生に成功した。次世代1.3ギガヘルツ(30.5テスラ相当)核磁気共鳴(NMR)装置の開発に向けた重要な技術要件が満たされた。
0505化学装置及び設備

分子の振動を一網打尽に観測できる光学技術を開発

1つのレーザーを用いて赤外吸収スペクトルとラマン散乱スペクトルを同時に計測できる分光法「相補振動分光法(Complementary vibrational spectroscopy)」の開発に成功した。
ad
タイトルとURLをコピーしました