Tii環境と食

ad

Tii環境と食 新着20件

米粉用多収品種「笑みたわわ」の栽培技術 標準作業手順書
地球上のごく一部の地域が、人類の大部分に重要な自然の恩恵をもたらしている(Small percentage of globe provides critical natural benefits to most of humanity)
海を肥やして二酸化炭素を貯める(Fertilizing the Ocean to Store Carbon Dioxide)
トコジラミに一般的な動物用医薬品が有効であることが判明(Common Veterinary Drugs Show Effectiveness Against Bed Bugs)
カモ等がハス田の泥中のレンコンを食べる様子を初確認~ 夜間に生じる「カモ被害」の実態の把握に向けて~
世界の森林を再生させるカギは動物たちにあり(Animals are key to restoring the world’s forests)
新型電気集じん装置「イオン風型電極EP」を開発 従来の集じん原理および電極構造を一新、大幅な性能向上を実現
カニ殻から農作物の免疫力を引き出すオリゴ糖の効率的合成に成功
タイヤから放出されるマイクロプラスチックの秘密を解き明かす(Unraveling the secrets of microplastics released by tires)
アブラナ科黒斑細菌病菌を効果的に分離・識別できる新しい選択培地を開発~ 検査方法確立の要望が高い種子伝染性病害に対応~
リン制限により熱帯林の総生産量は従来の予測より36%減少~陸域の炭素収支モデルの予測精度向上に貢献~
気候が河川からの炭素放出に大きな役割を果たすことが判明(Climate plays large role in carbon release from streams, researchers find)
ファインバブル技術を用いた除菌水「Re:Clear(リクリア)」専用の霧化式空間除菌装置を開発,従来の1/3の時間処理で高い除菌効果を確認 ~IHI感染対策デザインラボの共創活動により誕生した次世代オゾン発生装置~
水稲無コーティング種子代かき同時浅層土中播種栽培(せんそうどちゅうはしゅさいばい)」の標準作業手順書を公開~種子コーティングを省略できる低コストで省力的な水稲栽培技術~
餌のプランクトン減少がカタクチイワシの再生産に悪影響
炭素を利用して外洋の新たな窒素源を発見(Scientists use carbon to detect a new nitrogen source in the open ocean)
新しい一価不飽和大豆油は豚の飼料によく効く(New monounsaturated soybean oil works well in pig diets)
公共データベースからのミツバチ参照遺伝子セットの構築〜農畜産生物のゲノム編集に向けたバイオデジタルトランスフォーメーション〜
大豆への灌水適期を伝える「大豆灌水支援システム」の一般利用がスタート~国産大豆の安定多収に資する乾燥害対策向けWebシステム~
鳥の飛行が乱気流に関する予測に役立つことが、新しい研究で示された(Flight of birds can help provide predictions on turbulence, new study suggests)

 

タイトルとURLをコピーしました