Tii環境と食

ad

Tii環境と食 新着20件

大気汚染は気候変動による悪影響を増幅させる(Air Pollution Can Amplify Negative Effects of Climate Change)
ペロブスカイト-シリコンタンデム型 PV モジュールによる環境への影響はシリコン PV モジュールより も低い (Environmental impact of perovskite-on-silicon solar PV modules lower than silicon alone)
2021年シーズン国内発生高病原性鳥インフルエンザウイルスの特徴
黒毛和種の遺伝子発現データベースを新たに構築 ~遺伝性疾患や経済形質に関わる遺伝子の機能解析を促進~
乳牛の生殖機能を維持するためのアミノ酸サプリメント(Amino acid supplement key to reproductive health in dairy cows)
航空業界は気候変動への対応を見直す必要がある(The Aviation Industry Needs to Overhaul its Response to Climate Change)
気候変動下での作物収量に関するより良い理解(A better understanding of crop yields under climate change)
山火事の煙が北極圏の植物プランクトンの成長を加速させた可能性(Wildfire Smoke May Have Amplified Arctic Phytoplankton Bloom)
動物用飼料の変更で10億人分の食料を供給可能(Changes to animal feed could supply food for one billion people)
不耕起栽培は亜酸化窒素ガスの排出を減らし、気候変動に対処できる可能性があります。(No-till management may reduce nitrous oxide gas releases, fight climate change)
野生イモの近縁種は、ゼブラチップ病を飼いならすのに役立つか?(Can wild potato relatives help tame zebra chip disease?)
トマトの病原菌の感染指標となる植物体内成分の非破壊検出に成功 ~ハイドロゲルを用いたヒトの汗成分の検出技術を植物に応用~
ブドウ・ミカン施設栽培用 天敵を主体とした果樹のハダニ類防除体系標準作業手順書を公開
ULの研究者がモデル化したシナリオの5%未満でネットゼロを維持(Net zero status maintained in ‘less than 5%’ of scenarios modelled by UL researchers)
4℃の地球温暖化を回避するためには、世界の化学産業は経営を劇的に転換させる必要があるとの研究報告書を発表いたしました
農薬使用による水生生物への生態リスクの全国的な変動を見える化~水生生物へのリスクは過去20年間で減少~
北極への暖気流入で汚染レベルが極端に上昇(A warm intrusion in the Arctic causes extreme pollution levels)
海水に含まれるDNAから外洋の小型浮魚類の分布を探る
急速な進化で除草剤耐性を獲得した雑草イネ(Weedy rice has become herbicide resistant through rapid evolution)
乳牛の飼料に菌類酵素を添加すると、乳量と乳質が向上する。(Adding fungal enzymes to dairy cow rations boosts milk output and quality)

 

タイトルとURLをコピーしました