1200農業一般

1200農業一般

ウェブで使える作物家系図の作成ツール「Pedigree Finder」の開発~品種の祖先・子孫の情報を提供・利活用するデータベース~

2023-01-26 農研機構,情報・システム研究機構 ポイント 農研機構と情報・システム研究機構は、作物の家系図を利用者が自由に作成できるデータベース「Pedigree Finder」を開発しました。本データベースは、作物種・世代数な...
1200農業一般

ツイートやニュースから、外来昆虫の広がりを知ることができる(Tweets, News Offer Insights on Invasive Insect Spread)

2023-01-03 ノースカロライナ州立大学(NCState) The invasive insect, the spotted lanternfly. Credit: U.S. Department of Agricultur...
1200農業一般

公共データベースからのミツバチ参照遺伝子セットの構築〜農畜産生物のゲノム編集に向けたバイオデジタルトランスフォーメーション〜

2022-11-17 広島大学 研究成果のポイント 本研究グループでは、公共データベースを利活用してミツバチのゲノム配列解析を行ってきましたが、再現性のある遺伝子配列データ解析をはじめとしたデジタルトランスフォーメーション(バイ...
ad
1200農業一般

古代中国、渇いた小麦は新たな水管理戦略を必要としていた(Thirsty wheat needed new water management strategy in ancient China)

ワシントン大学セントルイス校の研究によると、約4000年前の中国北部では、西南アジアから伝わった新しい穀物を栽培するために、意図的に水を管理する灌漑という方法が採用されていたことがわかった。 Research from Washingto...
1200農業一般

害虫がアリの足跡を避けることを発見~厄介な害虫を天然物質で追い払える可能性を開拓~

2022-10-30 京都大学 捕食者は餌動物を捕食して減らすだけではなく、餌動物に警戒させることでも活動を抑えます。地上の至る所を歩き回って捕食するアリは、小型の害虫を抑止しているはずです。植物を食い荒らすハダニは、新しい化学農薬...
1200農業一般

低品位リン鉱石を活用した有機肥料製造技術を開発~土壌微生物の働きにより化学肥料と同等の増収効果~

2022-10-20 国際農研,ブルキナファソ環境農業研究所,ジョセフ・キゼルボ大学 ポイント 作物残渣に、ブルキナファソ産の低品位リン鉱石1)と根圏土壌2)を添加して発酵させることで、増収効果の高い有機肥料を製造する技術の...
1200農業一般

植物の隠れた能力を見える化できる栽培計測プラットフォームの構築~多様な気候条件下での未利用遺伝子発掘により、新しい作物開発が可能に~

2022-10-06 農研機構,かずさDNA研究所,株式会社テックス,株式会社ビュ-プラス,株式会社日本医化器械製作所 ポイント 農研機構を中心とする研究グループは、屋内環境下で植物の栽培管理や画像および環境情報の取得を自動で行える栽培...
1200農業一般

メロンの網目の品質を認識可能な等級判定AIの研究開発に成功

2022-09-20 静岡大学 国立大学法人静岡大学(所在地:静岡県静岡市、学長:日詰 一幸、以下、静岡大学)は、株式会社大和コンピューター(所在地:大阪府高槻市、代表取締役社長:中村 憲司、以下、大和コンピューター)との農知創造研究...
1200農業一般

気候変動下での作物収量に関するより良い理解(A better understanding of crop yields under climate change)

水が農業生産に与える影響に関する長年の謎を解明 Research solves long-standing mystery of how water impacts agricultural production 2022-9-19 ハ...
1200農業一般

動物用飼料の変更で10億人分の食料を供給可能(Changes to animal feed could supply food for one billion people)

家畜や魚に農業副産物をより多く与えることができ、人間のための食料を確保することができる。 Livestock and fish could be fed more agricultural by-products, freeing up ...
1200農業一般

ロボティクス人工気象室の構築と運用開始~栽培環境の再現と作物性能の推定を超精密に~

2022-09-02 農研機構 ポイント 農研機構は、栽培環境を精密に制御し、作物の環境応答を精密に解析できる、ロボティクス人工気象室を構築しました。また、これをスーパーコンピューター「紫峰」と連動した研究基盤として、このたび運用を開始...
1200農業一般

微生物の培養だけでセルロースを糖化する技術を開発~微生物糖化法で糖化酵素に要するコストをゼロに~

2022-06-02 国際農研,キングモンクット工科大学トンブリ校 ポイント セルロース糖化の際に酵素添加を必要としない次世代糖化技術「微生物糖化法」を開発 蓄積される糖はエタノール、油脂など、様々な化学製品へ容易に変...
ad
タイトルとURLをコピーしました