1200農業一般

1200農業一般

気候変動下での作物収量に関するより良い理解(A better understanding of crop yields under climate change)

水が農業生産に与える影響に関する長年の謎を解明 Research solves long-standing mystery of how water impacts agricultural production 2022-9-19 ハ...
1200農業一般

動物用飼料の変更で10億人分の食料を供給可能(Changes to animal feed could supply food for one billion people)

家畜や魚に農業副産物をより多く与えることができ、人間のための食料を確保することができる。 Livestock and fish could be fed more agricultural by-products, freeing up ...
1200農業一般

ロボティクス人工気象室の構築と運用開始~栽培環境の再現と作物性能の推定を超精密に~

2022-09-02 農研機構 ポイント 農研機構は、栽培環境を精密に制御し、作物の環境応答を精密に解析できる、ロボティクス人工気象室を構築しました。また、これをスーパーコンピューター「紫峰」と連動した研究基盤として、このたび運用を開始...
ad
1200農業一般

微生物の培養だけでセルロースを糖化する技術を開発~微生物糖化法で糖化酵素に要するコストをゼロに~

2022-06-02 国際農研,キングモンクット工科大学トンブリ校 ポイント セルロース糖化の際に酵素添加を必要としない次世代糖化技術「微生物糖化法」を開発 蓄積される糖はエタノール、油脂など、様々な化学製品へ容易に変...
1200農業一般

圃場毎の土壌病害の発生しやすさをAIで診断できるアプリを開発

2022-07-25 農研機構,株式会社システム計画研究所/ISP ポイント 農研機構と株式会社システム計画研究所/ISPは、野菜生産で問題となる10種の土壌病害を対象に、圃場毎の発生しやすさをAIで診断できるアプリ「HeSo+...
1200農業一般

食品異物の混入時期推定に役立つ遺伝子検査技術を開発~ハウス食品分析テクノサービスが受託検査を開始~

2022-07-05 農研機構,株式会社ハウス食品分析テクノサービス ポイント 農研機構とハウス食品分析テクノサービスは、食品に混入した昆虫の加熱履歴を評価する新しい遺伝子検査技術を開発しました。この検査技術を利用した受託検査サービスが7月...
1200農業一般

農場は最大限の生産を行いながら、温室効果ガスの排出を抑えることができるのでしょうか?(Can farms produce to the max and still reduce greenhouse gas emissions?)

2022-06-16 アルゴンヌ国立研究所(ANL) 米国が2050年までにネットゼロエミッションを達成するためには、農業の脱炭素化が不可欠です。データに基づいた新しいアプローチで、地球に優しく、農家にとって有益な農法に注目します 持続...
1200農業一般

ドローン・AIによるスマート植生評価法の開発~イネ科牧草との混播草地におけるマメ科牧草割合をAIが推定~

2022-06-16 農研機構 ポイント 農研機構は株式会社バンダイナムコ研究所と共同で、ドローンと人工知能 (AI) を用いて、イネ科牧草1)とマメ科牧草2)が混播された牧草地におけるマメ科牧草の被度3)を簡便に推定できる手法を開発し...
1200農業一般

東北農業気象『見える化』システム」を公開~様々な気象の「見える化」で栽培管理や適地適作をサポート~

2022-06-08 農研機構 ポイント 農研機構は、ウェブサイト「東北農業気象見える化システム(」を本日公開しました。1kmメッシュ気象データを使ったマップを中心に、日々の気象を画像として表示します。その時の状態を確認しやすいよう、一...
1200農業一般

ゼロカーボン農業に貢献する窒素肥料の作出に成功!

2022-05-26 京都大学,理化学研究所,Symbiobe株式会社 本拠点のターゲットのひとつである「ゼロカーボン農業」創出の第1歩として、海洋性紅色光合成細菌を用いて、空気から窒素肥料を作出することに成功しました。窒素は、農業肥...
1200農業一般

AI画像解析による茶葉の摘採時期判断技術を開発~スマホで撮影した画像でお茶の摘み頃を簡便に判断し、 持続可能な農業に貢献~

2022-05-10 株式会社伊藤園,富士通株式会社 株式会社伊藤園(代表取締役社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区、以下 伊藤園)と富士通株式会社(代表取締役社長:時田隆仁 本社:東京都港区、以下 富士通)は、AI画像解析により茶葉(...
1200農業一般

カワヒバリガイ対策を目的とした貯水池の侵入検知及び落水標準作業手順書

2022-04-28 農研機構 カテゴリ: 標準作業手順書(SOP) 生産基盤・防災 気象・環境 タイトル: カワヒバリガイ対策を目的とした貯水池の侵入検知及び落水標準作業手順書 発行年月日...
ad
タイトルとURLをコピーしました