1200農業一般

スポンサー
1200農業一般

AIによる農地の形状変化の特定に成功!~筆ポリゴン(農地の区画情報)の更新期間を5年から1年に短縮~

2020-07-10 農林水産省,産業技術総合研究所 農林水産省は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下「産総研」という。)との共同研究の成果として、AI(人工知能)により人工衛星画像等を解析し、形状変化のあった筆ポリゴンを含む区画...
1200農業一般

AI研究用スパコン「紫峰(しほう)」と農研機構統合データベースの本格稼働開始

2020-06-16 農研機構 ポイント 農研機構は、国内農業系研究機関で初となるAI研究用スーパーコンピューター「紫峰」、および農研機構内に分散して所有管理されている各種の研究データを収集・統合し、農研機構内外の研究者が分野横断的に利...
1200農業一般

屋根散水による施設内冷却技術マニュアル

農林水産省委託プロジェクト研究「温暖化の進行に適応する生産安定技術の開発」の成果として、「屋根散水による施設内冷却技術」についてとりまとめた。
1200農業一般

地球と宇宙の食の課題解決を目指す共創プログラム 「SPACE FOODSPHERE」…

宇宙食料マーケット創出プログラム「Space Food X」を約50の参画メンバーと共に取り組んできたが、この度、更なる活動の拡大に向けて「SPACE FOODSPHERE(スペースフードスフィア)」プログラムへと進化する。
99未分類

新型コロナウィルス・パンデミック―輸出規制 保護主義回避の必要性-2008年世界食料危機からの教訓

食糧農業機関FAOは、パンデミックによる食料・栄養安全保障へのリスクを緩和するために、最も脆弱な社会層の緊急食料ニーズの充足、社会的保護プログラムの充実、流通・貿易にかかわる効率性の改善とコストの削減 、を提言し、国際協調の重要性を訴える。
99未分類

新型コロナウィルス・パンデミック ― 世界食料危機への国際社会による対応

国際農研は、世界の農業研究者らとともに世界の食料の安定供給に係る農業研究の優先事項を協議し、各国等の連携強化について情報交換を行っている。長期的な視点から、サブサハラ・アフリカ地域における食料生産安定化の研究を行っている。
1200農業一般

サバクトビバッタの予防的防除技術の開発に向けて

従来の防除方法では、広大な土地をくまなく調査しなければならず、高いコストがかかる上、殺虫剤に頼り切りになるため環境汚染というリスクが伴う。バッタの生態を理解し、その行動習性を考慮した新しい防除技術の開発に取り組む。
1200農業一般

AIによる温州みかん糖度予測手法を開発 ~ 早期予測を生産・出荷に活用し収益向上をめざす~

温州みかんを対象に、前年までに蓄積された糖度データと気象データから、AI(人工知能)による機械学習を用いて当年の糖度を予測する手法を開発した。
1200農業一般

マンホール型漏水モニタリング施設を用いた小口径管路の維持管理方法の提案

農業用パイプラインの管種として塩ビ管の破損事故が多発していることを受けて、漏水事故の早期発見や原因究明が期待できるマンホール型漏水モニタリング施設を用いた管路施設の維持管理方法を提案し、そのモニタリング施設の設置マニュアルを作成した。
1200農業一般

世界の乾燥地域では、農地土壌の炭素量増加により穀物生産の干ばつ被害が軽減

世界の穀物収量と土壌データを解析し、乾燥地域1)を中心とする世界の7割の農地では、農地の土壌に含まれる炭素量が多い場所で、干ばつ被害が抑えられていることを明らかにした。
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました