1100衛生工学一般

0505化学装置及び設備

「3℃適温蓄冷材」を活用した 医薬品向け「定温輸送容器セット」を開発

業界初待機時間をなくし、年間を通した同一運用の実現により医薬品の定温輸送を効率化 2020-12-24 シャープ株式会社,株式会社スギヤマゲン シャープ株式会社(以下、シャープ)と株式会社スギヤマゲン(以下、スギヤマゲン)は...
1100衛生工学一般

ファインバブル技術によるオゾンガス処理除菌水「Re:Clear(リクリア)」販売開始

ウィズコロナ対応向けに,安心・安全,高除菌効果製品で除菌水市場に本格参入 2020-11-05 株式会社IHI 株式会社IHI(所在地:東京都江東区,社長:井手 博,以下「IHI」)とグループ会社の株式会社IHIアグリテックは,感染...
1100衛生工学一般

洪水による被災を防ぐ「社会的閾値」の存在が明らかに

日本を含む東アジア・東南アジアのメガシティが立地する海岸沿いの平地で地下水の汲み上げの規制が始まる地盤沈下の深さや、信仰の中心であるタイの寺院の立地する標高が、共通して約1.5mであるという「社会的閾値」が存在することを見出した。
1100衛生工学一般

nano tech 2020 第19回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議

2019-12-22 産業技術総合研究所 本展は平成14年に初回を開催し、ナノテクノロジーのシーズとニーズを明確化することで、国内外のナノテクノロジーの開発・実用化状況を明らかにし、産産・産学・産官間の共同研究・事...
1100衛生工学一般

最先端の室内臭気低減工法を共同開発

生活臭の元になるアンモニア・酢酸・ギ酸など 90 種類以上ものニオイ成分を測定・分析し、成分ごとに最も適した薬剤で徹底的に消臭するともに、ガスバリア性を有する特殊シートなどを活用してニオイの発生源を封じ込めていく室内臭気低減工法。
1100衛生工学一般

環境統合ヨーロッパ地中海会議最優秀論文賞を受賞

総合地球環境学研究所 サニテーションプロジェクトのメンバーが 1st Euro-Mediterranean Conference for Environmental Integration Best paper award を受賞 2...
ad
タイトルとURLをコピーしました