1900環境一般

1900環境一般

孫は祖父母が遭遇しないような暑い日と大雨を何度経験するのか?

気候モデルによる気候変動予測データを解析し、1960~2040年で最大の日最高気温および日降水量を超えるような暑い日および大雨を、2020~2100年で経験する回数について推計し、排出シナリオ別・地域別にその比較を行った。
1900環境一般

森林渓流水の硝酸濃度を決定する環境要因を広域スケールで解明~機械学習により視覚化~

森林渓流水の硝酸(NO3-)濃度を規定する環境要因を、機械学習を用いて広域スケールで解明した。
1900環境一般

北極域の森林火災と西欧熱波を同時誘発させうる気候パターンを初めて特定

近年夏季に多発するシベリア・亜寒帯北米(アラスカ・カナダ)の森林火災と西欧の熱波を同時に発生させうる高気圧性循環(気候)パターンを初めて特定し、森林火災由来の大気エアロゾルの増加が夏季北極域とその周辺の高濃度PM2.5の原因であることを明らかにした。
1900環境一般

温室効果・オゾン層破壊の原因である亜酸化窒素の生物的発生機構の解明

微生物によるN2O産生の主役である一酸化窒素還元酵素(NOR: Nitric Oxide Reductase)に着目し、N2O産生の分子機構を、X線自由電子レーザー(XFEL)施設SACLAを用いた無損傷結晶構造解析と時分割赤外分光法の最先端の計測手法を組み合わせることにより、原子・電子レベルで解明することに成功した。
1103廃棄物管理

リチウムイオン電池の新しい循環型未来像達成への道筋

リチウムイオン電池の廃棄材料を活用した循環型経済の実現に影響を及ぼす既存の政策や規制を分析・評価するテクニカルレポートを発表。
1900環境一般

持続可能なエネルギーで大気中の CO2 を除去

大気中の CO2 を捕獲・除去する持続可能な複数の技術を初めて比較分析し、大規模な処理を可能にする技術について報告。
1900環境一般

NREL がプラスチックのリサイクルと再設計の持続可能性のベンチマークを発表

(NREL Reports Sustainability Benchmarks for Plastics Recycling and Redesign) 2021/1/21 アメリカ合衆国・国立再生可能エネルギー研究所(NREL) ...
1900環境一般

EU:3月1日から新しいEUエネルギーラベルが適用開始

New EU energy labels applicable from 1 March 2021 「政策の科学」関連 海外情報(欧州委員会記事) 元記事公開日: 2021/3/1 2021年3月1日から、EU消費者のエネル...
1900環境一般

米国:環境保護庁が発電所から排出される主要な汚染物質の排出量に関する2020年度データを発表

EPA: 2020 Power Plant Emissions Continue to Demonstrate Significant Reductions 「政策の科学」関連 海外情報(EPA 記事) 元記事公開日: 2021/2/16...
1900環境一般

EUがより革新的でエネルギー効率の高い製品を推進するためにEUエネルギーラベルを改善

In focus: The improved EU energy label - paving way for more innovative and energy efficient products 「政策の科学」関連 海外情報(欧州...
ad
タイトルとURLをコピーしました