1101大気管理

0107工場自動化及び産業機械

産業排出ガスから CO2 を分離する新材料を開発

(Climate protection: Bayreuth chemists develop new material for the separation of CO2 from industrial waste gases) 2020...
0107工場自動化及び産業機械

排気ガスから CO2 を引き出す調整可能なメンブレン

(A controllable membrane to pull carbon dioxide out of exhaust streams) 2020/10/16 アメリカ合衆国・マサチューセッツ工科大学(MIT) ・ M...
1101大気管理

霞ヶ浦流域の大気中アンモニア濃度が冬季に高い傾向を解明~富栄養化対策に継続的観測を~

2020-09-18 京都大学  福島慶太郎 生態学研究センター研究員、久保田智大 茨城大学修士課程学生(研究当時)、堅田元喜 同講師(研究当時)、国立環境研究所、気象研究所、森林総合研究所らの研究グループは、茨城県の霞ケ浦流域に...
0107工場自動化及び産業機械

カーボンリサイクル技術における実証研究拠点化と技術開発に着手~大崎上島を実証研究拠点へ~

2020-08-05 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOはCO2を資源として有効利用するカーボンリサイクル技術の早期実用化に向け、さまざまな研究や技術開発に集中・横断的に取り組む実証研究拠点を広島県の大崎上島(大崎上島町...
0505化学装置及び設備

ゲート型吸着剤を活用した二酸化炭素の高効率分離システムを提案~二酸化炭素の分離回収技術の開発に貢献~

2020-08-04 京都大学  平出翔太郎 工学研究科助教、坂中勇太 同博士課程学生、宮原稔 同教授、上代洋 日本製鉄株式会社主幹研究員、河口彰吾 高輝度光科学研究センター主幹研究員、田中秀樹 信州大学教授らの研究グループは、従...
0107工場自動化及び産業機械

CO2分離回収技術(固体吸収法)の石炭燃焼排ガスへの適用性研究に着手

分離回収コスト削減に向け発電所での実証を実施 2020-07-13 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOはCO2分離・回収コストの大幅な低減を図ることが期待される固体吸収法について、実際の石炭火力発電所で燃焼排ガスを用い...
0107工場自動化及び産業機械

セメント工場のCO2を再資源化(カーボンリサイクル)する技術開発に着手

セメント産業の低炭素化を目指す 2020-06-18 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOはセメント製造プロセスで排出されるCO2を再資源化し、セメント原料や土木資材として再利用する技術の開発や、実用化に向けた実証試験に...
0105熱工学

未利用エネルギー源から廃熱を回収 (Technique harvests waste heat from untapped sources)

2020/4/14 ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) ・ LLNL が、コールドスプレー(CS)と呼ばれる付加製造(AM)技術を利用し、複雑な形状のパイプ等のこれまでにないエネルギー源から廃熱を回収できる熱電素子の作製に...
0501セラミックス及び無機化学製品

水素を用いた省エネルギーCO2回収技術を開発

火力発電所などの排ガスを混合ガス化、直接燃料・化成品原料に 2020-06-03 科学技術振興機構,名古屋大学 ポイント 地球温暖化対策のため、大気中の二酸化炭素(CO2)濃度の低減が求められており、CO2集中排出源か...
1101大気管理

都市域のCO2排出を大気観測から起源別に推定

観測タワー上での大気中の二酸化炭素(CO2)と酸素(O2)の高精度観測から、人間活動によるCO2排出量を、使用された化石燃料の種類ごとに評価する手法を開発した。
ad
タイトルとURLをコピーしました