1202農芸化学

スポンサー
1801細胞遺伝子工学

遺伝子組換え作物の栽培実験

令和2年度 スギ花粉ペプチド含有イネ及びノボキニン蓄積イネの生育状況(田植えの様子 7月7日) (観音台第1事業場高機能隔離圃場) 2020-07-09 農研機構 令和2年7月7日(火曜日)、観音台第1事業場高機能隔離圃場にて、スギ花...
1802生物化学工学

植物のストレスをスマートフォンに知らせるナノセンサー

(Nanosensor can alert a smartphone when plants are stressed) 2020/4/15 マサチューセッツ工科大学(MIT) ・ MIT が、傷、感染や光による損傷等のストレスに対...
1102水質管理

空心菜で阿木川ダム湖水質浄化実験 ~水質浄化と地域活性化の取組<今年で 17 年目>~

恵那農業高校の生徒が育てた空心菜の苗(1,200 株)の植え付け作業を実施します。 2020-06-25 独立行政法人水資源機構 阿木川ダム管理所 空心菜は、生育の際に、大量の水とともに水中のリンや窒素を吸収するため、水 質浄化の効果...
1801細胞遺伝子工学

高次倍数体農作物の農業形質を遺伝的に解析する手法を開発しました〜高収量などを目指した育種が可能に〜

2020-06-24 かずさDNA研究所  かずさDNA研究所、岡山大学、農研機構九州沖縄農業研究センターは共同で、高次倍数体農作物における果実の大きさや収量などに関わる遺伝解析法を開発しました。  高速で低コストに大量のDNA 配列を...
1801細胞遺伝子工学

「未知のゲノム領域」が支えるお米の生殖~雄しべと雌しべの成長をコントロールするマイクロRNAを発見~

2020-06-19 沖縄科学技術大学院大学,科学技術振興機構 ポイント イネの雄しべと雌しべの発生に必要な生殖マイクロRNAを発見しました。 このマイクロRNAは、二次的な小分子RNA群を雄しべで大量に生成することを促しまし...
1200農業一般

AI研究用スパコン「紫峰(しほう)」と農研機構統合データベースの本格稼働開始

2020-06-16 農研機構 ポイント 農研機構は、国内農業系研究機関で初となるAI研究用スーパーコンピューター「紫峰」、および農研機構内に分散して所有管理されている各種の研究データを収集・統合し、農研機構内外の研究者が分野横断的に利...
1202農芸化学

バイオディーゼル原料植物の成長促進に成功~遺伝子融合によるモーターたんぱく質の高速化で実験

2020-06-16 早稲田大学,千葉大学 ポイント 植物種子の油脂から生産されるバイオディーゼルは、化石燃料に代替する次世代の燃料として注目されている。 バイオディーセルの原料植物として注目されているカメリナにシロイヌナズナ...
1802生物化学工学

根圏 植物の根と微生物が土の中で繰り広げる営みを観る

2020-06-11  量子科学技術研究開発機構 発表のポイント 地中の根が分泌物の放出を介して築き上げた「根圏」を画像として観察する革新的手法を考案。 根圏内で根が土と微生物に働きかけて生育環境を最適化しようとする生命活...
1801細胞遺伝子工学

農研機構の「世界のイネ」コアコレクションの高精度ゲノム情報公開

~イネの多様性を利用した効率的育種に利用できる~ 2020-06-11 農研機構 ポイント 農研機構は、日本のイネ品種の改良に利用できる「世界のイネ」コアコレクション1)の高精度なゲノム情報を整備して、公開しました。さまざまな特性を持...
1801細胞遺伝子工学

食痕に残されたDNAから誰が食べたかを特定できることを確認

2020-06-11 京都大学 工藤葵 農学部学生、山本哲史 理学研究科助教、源利文 神戸大学准教授の研究グループは、植物につけられた昆虫の食痕からDNAを採取し、食害した昆虫を特定できることを明らかにしました。 植物と昆虫の食...
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました