1202農芸化学

1202農芸化学

水田土壌のカリ収支を踏まえた水稲のカリ適正施用指針 ~ 低地土の水田に広く適用できるカリ減肥の指針 ~

2021-01-14 農研機構 カテゴリ:水田作、技術紹介パンフレット、成果マニュアル、土壌肥料・根圏 タイトル:水田土壌のカリ収支を踏まえた水稲のカリ適正施用指針 ~ 低地土の水田に広く適用できるカリ減肥の指針 ~...
1202農芸化学

渋皮がむきやすいニホングリ果実の安定生産体系標準作業手順書

カテゴリ:標準作業手順書(SOP) タイトル:渋皮がむきやすいニホングリ果実の安定生産体系標準作業手順書 発行年月日:2020年12月 8日 概要: ニホングリ「ぽろたん」は、大果でかつ渋皮が簡単にむける...
1202農芸化学

3月以降に出荷できる高糖度晩生カンキツ新品種「あすき」苗木の流通開始

2020-12-17 農研機構 ポイント 農研機構は、極めて高糖度で風味に優れ、3月以降に出荷できる晩生カンキツ新品種「あすき」を育成しました。2020年12月頃から苗木の流通が開始される予定です。 「あすき」は、露地栽培...
1202農芸化学

アミノ酸・フラボノイド分析データの相違によるシャロット在来品種とタマネギ栽培品種のメタボローム識別解析

シャロットがもつ高機能性を解明して新たなネギ類野菜資源の創造を目指す 2020-12-16 山口大学 山口大学大学院創成科学研究科(農学系学域)の執行正義教授と理化学研究所環境資源科学研究センター(CSRS)の共同研究グループは、シ...
1202農芸化学

微生物やその細胞壁成分の葉面散布による酒米の増収に成功

メタノールを原料に生産した微生物製剤を出穂後1度の散布で 2020-12-11 京都大学 由里本博也 農学研究科准教授、阪井康能 同教授らの研究グループは、白鶴酒造株式会社、岡山大学と共同で、食糧と競合しない炭素資源で安価なメタノー...
1202農芸化学

オオムギ遺伝資源のゲノム多様性を解明 ~オオムギのデジタル育種の実現が期待~

2020-11-26 岡山大学,理化学研究所,科学技術振興機構 ポイント 岡山大学と理化学研究所が参加した国際研究グループは、最新の塩基解読法および整列技術によって20品種のオオムギにおける染色体単位のゲノム配列解析に成...
1202農芸化学

日本コムギ農林61号など世界15品種の高精度ゲノム解読に成功

ゲノム情報を利用した迅速な分子育種技術の開発に期待 2020-11-26 横浜市立大学,チューリッヒ大学,農業・食品産業技術総合研究機構,京都大学,株式会社ヒューマノーム研究所,産業技術総合研究所,科学技術振興機構 ポイント ...
1202農芸化学

様々な用途に向くお米の品種シリーズ

カテゴリ:米 :品種紹介パンフレット タイトル:様々な用途に向くお米の品種シリーズ 発行年月日:2020年4月 1日 概要:農研機構では、全国6か所の研究機関でそれぞれの地域に適した品種の開発を進めていて、 特に近年、地域の良食...
1202農芸化学

株枯病抵抗性のイチジク台木新品種「励広台れいこうだい1号」

野生種との種間雑種で株枯病に極めて強い 2020-11-25 農研機構 ポイント 農研機構と広島県は、イチジク株枯病1)に極めて強い抵抗性を有するイチジク台木新品種「励広台1号」を育成しました。本品種はイチジク株枯病に真性抵抗性2)を...
1202農芸化学

キク種特性調査マニュアル

カテゴリ:技術マニュアル :園芸・茶 :技術紹介パンフレット タイトル:キク種特性調査マニュアル 発行年月日:2020年7月30日 概要:種苗管理センターでは、品種登録にかかる栽培試験を実施する...
ad
タイトルとURLをコピーしました