1202農芸化学

1202農芸化学

植物が病原菌特有の脂質を認識するしくみ~ジャガイモ疫病菌のスフィンゴ脂質に対する受容体の発見~

2022-05-20 京都大学 ジャガイモ疫病は、卵菌類の疫病菌によって引き起こされる深刻な植物病害です。加藤大明 農学研究科特定研究員、寺内良平 同教授、高野義孝 同教授、大門高明 同教授、小内清 同研究員らの研究グループは、ジャ...
1202農芸化学

雑草の生育を抑制する「開張型」のイネを開発~野生イネの遺伝子を活用、雑草防除の負担が少ない品種の開発に期待~

2022-04-05 農研機構 ポイント 農研機構は、野生イネ1)の遺伝子を活用して、米の品質や収量は保持しつつ、雑草の生育を抑制する「開張型2)」のイネを開発しました。開張型イネは、従来の品種に比べて効率的に太陽光を遮ることで水稲群落...
1202農芸化学

パッションフルーツ簡易茎頂接ぎ木実施マニュアル&ウイルス病感染防止対策例

2022-04-04 国際農研 マニュアル・ガイドライン 本文フルテキスト manual_guideline-_-.pdf1.49 MB パッションフルーツ植物体のウイルスフリー化のために簡易茎頂接ぎ木法を実施する際に必要な資材、...
1202農芸化学

キンギョソウ属~栽培試験を実施する際の特性調査のポイント等を記載した特性調査マニュアル

2022-03-31 カテゴリ:技術マニュアル 園芸・茶 技術紹介パンフレット タイトル:キンギョソウ属 特性調査マニュアル 発行年月日:2022年3月31日 概要: 種苗管理センターでは、品種登録にかか...
1202農芸化学

イリノイ州の研究者がトウモロコシのタールスポットに対する抵抗性の外来種を発見(Illinois researchers find exotic sources of resistance to tar spot in corn)

2022-03-24 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 ・2015 年トウモロコシの真菌病であるタールスポットが突然発生したとき、中西部のトウモロコシ生産者は有効な手段がほとんどない中、発生した病気の管理に奔走することになった。...
1202農芸化学

新興ウイルス病に強いトマトの作出方法を開発

2022-03-16 農研機構,タキイ種苗株式会社 ポイント Tomato brown rugose fruit virus(ToBRFV)は、近年出現し世界的に深刻な問題になっているトマトの病原ウイルスです。ToBRFVには既存の抵抗...
1202農芸化学

小型果実の種子食用ペポカボチャ新品種「ゴールデンライト」

収量は既存品種と変わらずに、収穫作業を軽労化 2022-03-14 農研機構 ポイント 農研機構は、種子食用ペポカボチャ1)品種「ゴールデンライト」を育成しました。果実重量が既存の種子食用ペポカボチャ品種の約60%と、小型で軽いのが特...
1202農芸化学

ミツバチが射精し爆裂死する。ポリスチレンカバーで止められるかも(Bees are explosively ejaculating to death. A polystyrene cover could help stop it.)

2022-02-22 カナダ・ブリティッシュコロンビア大学(URC) シンプルなポリスチレンカバーが、猛暑の中でミツバチの巣を冷やし、オス蜂の悲惨な結末を防ぐことができる。 A simple polystyrene cover coul...
1202農芸化学

「わい化栽培リンゴ『ふじ』における着色向上のための 窒素施肥」の標準作業手順書を公開

リンゴ「ふじ」の果実は、着色期の高温や窒素施肥量の増加により着色不良となることが知られており、近年の温暖化の進行により着色不良果の増加が懸念されています。農研機構は、果皮の着色も考慮した窒素施肥基準とその解説を記載した標準作業手順書(SOP)2)を作成し、ウェブサイトで公開しました。栽培地域の年平均気温で施肥量を区分するとともに、樹勢に応じて窒素施肥量を増減する指標などを記載しています。
1202農芸化学

イチジク株枯病抵抗性台木「励広台(れいこうだい)1号」標準作業手順書

イチジク株枯病は、国内の多くの産地で被害が報告されているイチジクの難防除病害で、主に土壌感染で被害が拡大するため、これを防ぐ抵抗性台木の開発が望まれていました。イチジク属の野生種であるイヌビワが持つ本病害への極めて強い抵抗性に着目して、イチジクとイヌビワの種間雑種からイチジク株枯病抵抗性台木の新品種「励広台1号」を育成しました。2022年の秋季より接ぎ木苗木の販売を開始します。
ad
タイトルとURLをコピーしました