1206農村環境

1206農村環境

農業用温室効果ガスの排出削減に役立つ新しい研究成果(New study could help reduce agricultural greenhouse gas emissions)

知識誘導型機械学習を用いて農業用亜酸化窒素の予測精度を向上させる Researchers use knowledge-guided machine learning to boost accuracy of agricultural ni...
1206農村環境

世界農業遺産の新潟県佐渡市における棚田の減農薬などの推進に向けた実証を開始

ドローン空撮、水田除草ロボット、高度水管理システムの活用で経営効果向上をめざす 2022-04-20 株式会社 NTTドコモ 株式会社 NTT ドコモ(以下、ドコモ)は、世界農業遺産に認定されている新潟県佐渡市において、棚田の水稲で...
1206農村環境

気候変動が大豆に求める完璧に近い雑草コントロール(Climate change demands near perfect weed control in soybean)

2022-04-11 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校 気候の変化の中で作物を育てるのは大変なことだが、雑草が絡むと、大豆の収量は大きな打撃を受ける。これはイリノイ大学と米国農務省農業研究局の新しい研究によるもので、農家は収量の損失を...
1206農村環境

輸出相手国が侵入を警戒する主要検疫対象病害虫発生調査手法マニュアル

2022-04-07 農研機構 カテゴリ:成果マニュアル タイトル:輸出相手国が侵入を警戒する主要検疫対象病害虫発生調査手法マニュアル 発行年月日:2022年3月31日 概要: 輸出拡大を図るための植物検疫協議では、相手国...
1206農村環境

世界的な研究により、「フラッシュ干ばつ」の発生が加速していることが判明(’Flash Droughts’ Coming on Faster, Global Study Shows)

2022-04-01 テキサス大学オースチン校(UT Austin) ・テキサス大学オースティン校、香港理工大学、テキサス工科大学の研究者によると、過去20年間、フラッシュ干ばつが発生する回数は横ばいであるものの、より多くのフラッシュ干ば...
1206農村環境

手を汚さずに土壌中の炭素を探索(Berkeley Lab Team Hunts for Carbon in Soil Without Getting Their Hands Dirty)

科学者たちが、私たちの足元の地中にある炭素の国勢調査を行う新しい方法を開発 - 気候変動管理の重要なツールに Scientists develop a new way to take a census of carbon in the g...
1206農村環境

ジャガイモ黒あし病の発生を防ぐための工程管理マニュアル

2022-03-31 農研機構 カテゴリ: 成果マニュアル タイトル: ジャガイモ黒あし病の発生を防ぐための工程管理マニュアル 発行年月日: 2022年3月23日 概要:近年、北海道の種ばれいしょ生産ほ場で、いもの腐敗、株の...
1206農村環境

猛暑年に国内水稲の高温不稔の実態を調査、モデル化で将来予測も可能に

広範囲で記録的高温となった2018年に、出穂・開花期に高温に遭遇した水田において水稲(コシヒカリ)の不稔が通常より高い割合で発生したことを確認しました。不稔の割合と気象要素との関係を調べ、開花期の穂温から水田における不稔割合を推定するシミュレーションモデルを開発し、推定した結果、近年頻発する猛暑と出穂のタイミングによっては、国内の水田で高温不稔が発生している可能性があることがわかりました。
1206農村環境

北海道内主要産地の小麦収量は開花期の晴天で増加、曇天・雨天で減少する

「きたほなみ」を主要品種とする近年の北海道内主要産地の小麦収量には、開花期と前後2日を含む5日間の天気が大きく影響することを明らかにしました。晴天時と比較して、曇天・雨天時には減収となり、最大で35%の差が出ると試算されました。本成果は、小麦の収量の安定化技術の開発に役立ちます。
1206農村環境

気候変動による水稲(コメ)の収量や外観品質への影響は従来の予測以上に深刻である

気候変動による国内の水稲(コメ)の収量および外観品質への影響を予測した。従来のモデルによる予測と比べ、高温と高CO2の複合影響を組み込んだ最新のモデルではコメの収量の減少や、外観品質の低下がより早く深刻化することが分かった。
ad
タイトルとURLをコピーしました