1206農村環境

1206農村環境

気候変動による水稲(コメ)の収量や外観品質への影響は従来の予測以上に深刻である

気候変動による国内の水稲(コメ)の収量および外観品質への影響を予測した。従来のモデルによる予測と比べ、高温と高CO2の複合影響を組み込んだ最新のモデルではコメの収量の減少や、外観品質の低下がより早く深刻化することが分かった。
1206農村環境

稲作におけるカリ施肥の重要性ー放射性セシウム濃度の基準値超過ゼロを続けるためにー

2021-07-07 農研機構 カテゴリ:水田作技術紹介パンフレット 放射能対策技術 タイトル:稲作におけるカリ施肥の重要性ー放射性セシウム濃度の基準値超過ゼロを続けるためにー 発行年月日:2021年3月31日 ...
1206農村環境

除染後畑地のスギナ防除対策

放射性物質で汚染された農地の除染作業が進み,多くの農地で営農再開に向けた保全管理が⾏われている。除染後農地で円滑に耕作を再開するためには,除染前に侵⼊・繁茂してしまった⼤型の雑草を適切に駆除する必要がある。農研機構では,除染後農地の雑草対策に利⽤可能な管理技術の開発を進めてきた。
1206農村環境

気象リスクに対応した安定的な飼料作物生産技術の開発技術紹介パンフレット

気象リスクに対し収量や品質が大きく左右されない安定的な飼料作物の生産技術を開発した。栽培体系や適用地域毎に8つのパンフレットにとりまとめ紹介。
1206農村環境

スマホで簡単、麦の栽培診断を楽々ナビゲーション

スマートフォンに対応したWEBシステム「診断に基づく小麦・大麦の栽培改善技術導入支援マニュアル」に簡易診断機能などを追加して、リニューアル公開。麦の栽培上のリスクについての簡易診断と、リスクが高いとされた項目はフローチャート式の詳細な診断と対策の閲覧ができる。
1206農村環境

果樹・果菜類の受粉を助ける花粉媒介昆虫調査マニュアル

農作物の受粉を助ける「花粉媒介昆虫」を調査するために必要な基礎知識と調査方法を解説したマニュアル。
1206農村環境

セイヨウミツバチを夏のストレスから守る

養蜂場近くに花畑を用意することで、セイヨウミツバチが餌の少なくなる夏季に作物や農地周辺の雑草に訪花して起こる殺虫剤使用に伴う被害を低減できることを明らかにした。
1206農村環境

水田は、周辺地域の気温の上昇を緩和しているが、 その効果は大気CO2の増加により低下する

水田には、水田および周辺地域の日中の気温上昇を緩和する効果があるが、新たに開発した数値モデルで、水稲の気孔応答などを反映させることによりこの水田の持つ気象緩和効果の大きさを見積もることに成功した。
1206農村環境

コメのヒ素低減のための栽培管理技術導入マニュアル

コメのヒ素低減のための栽培管理技術導入マニュアル ~コメの収量・品質への影響を抑えつつ、ヒ素を低減するために~ (暫定第2版)
1201畜産

国内初、小規模酪農家向けの乾式メタン発酵プラント(バイオガスプラント)を開発

2020-11-25 新エネルギー・産業技術総合開発機構,株式会社北土開発,エア・ウォーター北海道株式会社,帯広畜産大学 NEDOの「ベンチャー企業等による新エネルギー技術革新支援事業(現:新エネルギー等のシーズ発掘・事業化に向けた技...
ad
タイトルとURLをコピーしました