1902環境測定

1902環境測定

藻類予測の精度向上で、より安全な水を(With better algal forecasts comes safer water)

2022-05-09 アメリカ・ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)の科学者と共同研究者は、新しい技術を使用して、毎年エリー湖に蓄積される藻類毒素のレベルをより正確に予測することに成功しまし...
1902環境測定

河川モニタリングのギャップを明らかにする研究(Study identifies gaps in monitoring of streams)

河川を流れる水の量を測定する「流速計」の設置に着目した研究 Research focuses on placement of stream gauges — instruments that keep tabs on how much w...
1902環境測定

気候変動により森林が拡大する地域、縮小する地域を高解像度で推定~気候ストレスの影響を地球規模で評価するモデルを開発~

2022-04-21 森林総合研究所,国立環境研究所 ポイント 植物にとっての様々な気候ストレスが森林分布に与える影響を地球規模で評価できるモデルを新たに開発しました。 気候が変化することで森林分布が拡大・縮小する地域...
1902環境測定

北極圏の大気中に発見された固体エアロゾルが、雲形成や気候に影響を与える可能性(Solid aerosols found in Arctic atmosphere could impact cloud formation and climate)

2022-03-28 ミシガン大学 ・北極の海氷は急速に減少しており、海水が増え、海水が増えると海から大気へのガスやエアロゾルの放出が増え、大気が温められ、曇りやすくなります。 ・ミシガン大学の研究者が2015年夏に北極圏の大気からエア...
1902環境測定

世界の変化を踏まえ、干ばつの意味と意義を再考する科学者たち(Scientists reconsider the meaning, implications of drought in light of a changing world)

2022-03-14 ミシガン大学 一部の地域では、深刻な干ばつや極端な干ばつを通り越し、例外的な干ばつに突入しています。しかし、ある科学者グループは、これ以上最上級の表現を増やすのではなく、干ばつの定義そのものを考え直す時期が来ていると...
1902環境測定

UCIとNASA JPLの研究者が西南極の氷河後退の原因について詳しく説明(UCI, NASA JPL researchers detail causes of glacier retreat in West Antarctica)

氷と海洋の相互作用がアムンゼン海湾の融解を加速している Ice-ocean interactions are accelerating melting into Amundsen Sea Embayment 2022-03-10 カリフ...
1902環境測定

雨の後、砂漠の微生物が温室効果ガスを放出(Following rain, desert microbes exhale potent greenhouse gas)

予報:曇りのち晴れ 汚染の可能性あり Forecast: cloudy with a chance of pollution 2022-03-09 カリフォルニア大学リバーサイド校(UCR) この研究は、砂漠に生息する細菌がどのように...
1902環境測定

サンゴを使ってシンガポールの海水準変化の歴史を探る(Using corals to gauge Singapore’s sea-level history)

2022-02-21 南洋(ナンヤン)理工大学(NTU) サンゴは、過去 1 世紀にわたるシンガポールの海水準の歴史を知る上で有効であり、20 世紀から 21 世紀にかけて記録された海水準の上昇は、気候変動の結果である可能性が非常に高いと...
1902環境測定

北極圏のエアロゾルをマッピングし、温暖化について理解を深める。(Scientists map Arctic aerosols to better understand regional warming)

2022-03-01 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL),パウル・シェラー研究所(PSI) EPFLとパウル・シェラー研究所(PSI)の科学者は、ロシアからカナダにまたがる地域のエアロゾルの化学組成と起源(自然起源か人為起源か)を...
1902環境測定

北極域のブラックカーボン濃度測定の標準化に成功~北極温暖化に与える影響を高精度で推定可能に~

独自に開発・改良したBC測定器コスモス(COSMOS)をアメリカ、カナダ、ノルウェー、フィンランドの国立観測所に設置し、欧米の研究者が使用している4種類のBC測定器のデータと比較しました。コスモスは、他の測定器で問題となるBC以外のエアロゾル成分の影響をほとんど受けないため、高い精度でBC濃度を測定できます。既存の測定器の観測値をコスモスのBC濃度スケールに統一化することに成功しました。
ad
タイトルとURLをコピーしました