1902環境測定

1902環境測定

空から放射線量の分布を迅速・広範囲に測る

緊急時における航空機モニタリング活用のための情報整備・技術開発 『原子力機構の研究開発成果2020-21』P.38 図2-16 航空機モニタリングの概要 機内に計測システムを搭載し、対地高度 300 m、飛行速度約160 km...
1902環境測定

南極海海氷域における窒素固定の発見~窒素固定が全球プロセスであることが明らかに~

2020-10-27 東京大学,海洋研究開発機構,国立極地研究所,ワシントン大学,豊橋技術科学大学,東京海洋大学 南極海海氷域で窒素固定(注1)が活発に行われていること、亜熱帯種と考えられていたシアノバクテリアのUCYN-A(...
1200農業一般

三球温度計:コンパクトな新原理のセンサ~野外で日よけを使わずに正確な気温を測定できる温度計を開発~

2020-10-26 農研機構 ポイント 大きさの異なる3つの小さな球の温度から、日射などの影響を計算で除去して正確な気温を求める新しい温度計を開発しました。本温度計を用いることで、野外でも日よけや通風装置を使わずに信頼性の高い...
1902環境測定

福島第一原子力発電所近傍海域の海水の放射性物質濃度測定結果2020/9/28

(東京電力ホールディングス㈱の発表をもとに作成※1 ) 令和2年10月13日 Oct 13, 2020 試料採取日:令和2年9月28日、10月4日~10日 Radioactivity concentration in the s...
1902環境測定

令和元年度アスベスト大気濃度調査結果について

2020-10-09 環境省 環境省では、アスベストによる大気汚染の状況を把握し、今後のアスベスト飛散防止を検討するための基礎資料とするとともに、国民に対し情報提供するため、平成17年度から毎年、大気中のアスベスト濃度を調査しています。今...
0300航空・宇宙一般

人工衛星と旅客機による大気成分等の観測に関する 共同研究を開始~宇宙と空から地球温暖化対策へ貢献~

2020-09-28 宇宙航空研究開発機構,ANAホールディングス株式会社  国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(理事長:山川宏、以下「JAXA」)とANAホールディングス株式会社(代表取締役社長:片野坂真哉、以下「ANAHD」...
1702地球物理及び地球化学

米国:急激な温暖化により、北極圏は新しい気候レジームに移行しつつある

Fast-warming Arctic transitioning to new climate state 「政策の科学」関連 海外情報  期間:9月17日~9月23日 (NSF記事) 元記事公開日: 2020/9/21 ...
1702地球物理及び地球化学

衛星から台風通過時の海面水温低下を測る~地球が見える 2020年~

2020-09-23 JAXA 2020年(令和2年)9月6日から7日にかけて沖縄県の大東島から九州地方に接近した大型の台風10号「HAISHEN」は、特別警報級の勢力で日本への接近・上陸の恐れがあったため、事前に各方面で警戒を促...
1101大気管理

霞ヶ浦流域の大気中アンモニア濃度が冬季に高い傾向を解明~富栄養化対策に継続的観測を~

2020-09-18 京都大学  福島慶太郎 生態学研究センター研究員、久保田智大 茨城大学修士課程学生(研究当時)、堅田元喜 同講師(研究当時)、国立環境研究所、気象研究所、森林総合研究所らの研究グループは、茨城県の霞ケ浦流域に...
1702地球物理及び地球化学

CO2に対する気候感度の不確実幅が低減~国際研究チームの4年がかりの研究による成果~

2020-08-04 東京大学 東京大学大気海洋研究所の渡部雅浩教授を含む国際研究チームは、4年をかけて平衡気候感度(大気中CO2濃度倍増時の地球全体の地表気温上昇量)の評価を行い、様々な証拠を組み合わせることでその推定幅を導きま...
ad
タイトルとURLをコピーしました