1902環境測定

1902環境測定

水中のフッ素を簡単に検出できる新しい検査法を開発(Researchers detect fluoride in water with new simple color change test)

人工細胞センサーを用いた環境汚染物質検出実験に世界で初めて成功 Test is first to use artificial cell sensors to detect environmental contaminant 2023-...
1902環境測定

地下水中の「永遠の化学物質」の移動に光を当てる研究(Study sheds light on how ‘forever chemicals’ travel in groundwater)

2023-01-04 ペンシルベニア州立大学(PennState)  焦げ付き防止加工のフライパンから防水加工された衣服まで、私たちの生活を向上させるために何十年も使われてきた化学物質の多くは、環境中で容易に分解されず、体内に蓄積されると...
1902環境測定

パンデミック時にカリフォルニアのフリーウェイで測定された二酸化炭素の汚染度(Carbon dioxide pollution dropped on California freeways during pandemic)

UCI研究者の成果は、都市が将来の温室効果ガス排出を抑制するのに役立つ可能性があります。 UCI researchers’ results could help cities curb future greenhouse gas emis...
ad
1902環境測定

炭素を利用して外洋の新たな窒素源を発見(Scientists use carbon to detect a new nitrogen source in the open ocean)

2022-11-17 ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) 科学者は、これまで仮説とされていた表層海域での窒素固定を検出した。 研究チームは、新しい研究成果で、光合成を行わない別の種類の窒素固定生物が海洋粒子と結びつき、海洋の一部の...
1902環境測定

鳥の飛行が乱気流に関する予測に役立つことが、新しい研究で示された(Flight of birds can help provide predictions on turbulence, new study suggests)

スウォンジー大学を中心とする新しい研究により、鳥の飛翔が細かいスケールの環境条件に対する気象学的洞察を提供することが示されました。 A new study led by Swansea University has shown how t...
1902環境測定

雨粒を1分子ずつ追跡する(Tracking Raindrops, One Molecule at A Time)

降雨の過去、現在、未来を理解するためには、一滴一滴に含まれる重水素をより深く理解する必要があります To understand the past, present and future of rainfall, we need a bet...
1902環境測定

地下水の汲み上げ、汚染物質を含んだ若い地下水が新たな深さまで汲み上げられる可能性。(Slurping Up Groundwater:Researchers find that pumping draws young groundwater to new depths, potentially with contaminants in tow)

2022-10-04 カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB) カリフォルニア大学サンタバーバラ校の科学者たちは、揚水量の多い帯水層システムでは比較的若い地下水がより深い深さに到達する傾向があり、地表の汚染物質を一緒に運んでくる可能...
1902環境測定

新しいアプローチで天然ガス排出源の特定を改善(New approach improves identification of natural-gas emitters)

地球メタン宣言を達成するための鍵となる、より良い発生源の特定を可能にする複数の観測形態。 Multiple forms of observation allow better source attribution, key to meet...
1902環境測定

融解の早い氷が海洋酸性化に寄与している可能性(Fast-melting ice may contribute to ocean acidification)

デラウェア大学のWei-Jun Cai教授と共同研究者は、北極の雪解け水と海洋化学の変化の間に相関関係があることを発見しました。 UD’s Wei-Jun Cai and collaborators find correlation be...
1902環境測定

北極海の植物プランクトンの新たな大増殖現象を発見 ―温暖化によって北極全体で起こる現象に

2022-09-27 東京大学大気海洋研究所 発表のポイント ◆北極海には「陸だな」と呼ばれる水深数十mの浅い海域が拡がっている。この陸だな域では、夏に植物プランクトンの大増殖現象(ブルーム)が海の表面ではなく海底付近でも起こることが明...
1902環境測定

北極への暖気流入で汚染レベルが極端に上昇(A warm intrusion in the Arctic causes extreme pollution levels)

2022-09-09 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) 砕氷船Polarsternに設置された気象観測装置は、2020年4月14日から17日にかけて、地表付近の気温が-30.8℃からほぼ0℃まで大きく上昇することを記録した。これ...
1902環境測定

北極海の海氷減少の真相に迫る! ~北極点、海氷直下の熱の動きを徹底的に調査~

2022-08-23 東京大学大気海洋研究所,北海道大学,国立極地研究所 発表のポイント ◆ドイツの砕氷船を用いた国際的な北極海の観測プロジェクト「MOSAiC」に参加し、海氷直下の海氷-海洋境界層(注1)における熱の変化を徹底的に調査...
ad
タイトルとURLをコピーしました