愛知県瀬戸地域に分布する未利用原料「青サバ」の賦存状況と利用技術開発

ad
ad

陶磁器原料の枯渇対策に向けて

2019-02-04 産業技術総合研究所

ポイント

  • 瀬戸地域に分布する「青サバ」は、カオリン化作用を受けた花こう岩風化殻であることを解明
  • 青サバを、磁力選鉱により窯業原料として利用する技術を開発
  • 陶磁器・タイル用原料に青サバを混合することで、良質な原料の使用量を削減し、資源の安定供給に道

概要

国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)地圏資源環境研究部門【研究部門長 光畑 裕司】高木 哲一 上級主任研究員、鉱物資源研究グループ 綱澤 有輝 研究員は、愛知県陶磁器工業協同組合【理事長 丹羽 誠】、愛知県珪砂鉱業協同組合【理事長 山中 俊博】、岐阜県窯業原料協同組合【理事長 水野 清司】、合資会社丸藤鉱山【代表社員 青山 茂】と共同で、愛知県瀬戸地域に分布する未利用原料「青サバ」の賦存状況を明らかにすると共にその利用技術を開発した。

愛知県瀬戸地方に分布する今まで使用できなかった資源「青サバ」の性質や分布を調査し、それがカオリン化作用を受けた花こう岩風化殻であること、数百万トンの資源量があることを明らかにした。さらに、青サバに含まれる雲母類を水ひと磁力選鉱で一定程度除去し、窯業原料として利用する技術を開発した。青サバを陶磁器・タイルの原料に混合し、良質な原料の使用量を削減することにより、資源の安定供給を図ることができると期待される。なお、この成果の詳細は産総研地質調査総合センター発行の地質調査研究報告に2016年10月18日に、また米国Mineralogical Society of America発行の学術誌American Mineralogistに2018年7月1日(米国東部夏時間)にオンライン掲載された。

写真1

青サバは、蛙目粘土(良質な陶磁器原料)の下位に広く分布し、カオリン分に富むが、不純物(雲母類)が多く、これまで採掘・利用されなかった(写真:瀬戸市暁鉱山)。

青サバの野外での産状

写真2

岐阜県窯業原料協同組合による、青サバ粘土を使用した焼成試験(青サバ%は非可塑性成分を除く)。蛙目粘土と混合し還元焼成することにより、十分に商品化が可能。

青サバを原料に使用した陶磁器

開発の社会的背景

愛知県瀬戸地域、岐阜県東濃地域は、日本の陶磁器・タイルの7割程度を生産する窯業の中心地であるが、長年の採掘により良質な原料の枯渇が進んでいる。そこで、広く分布し未採掘な資源「青サバ」の利用が検討されてきた。青サバ(図1)は、陶磁器原料に必須なカオリン分を多く含むが、不純物(雲母類)による製品の着色や石こう型から成型した土をはずす際の容易性(離型性)に問題があり、従来の製造工程では利用が難しかった。

図1

タイトルとURLをコピーしました