2019-03

1401漁業及び増養殖

平成30年における国内のクロマグロ養殖実績について(速報値)

水産庁は、平成30年における国内のクロマグロ養殖業者の養殖実績を取りまとめた。
1401漁業及び増養殖

「平成30年度新南極海鯨類科学調査」の終了について

平成31年3月31日(日曜日)、南極海における鯨類科学調査(新南極海鯨類科学調査計画(NEWREP-A))が終了した。
1701物理及び化学

熱エネルギーで秩序状態と無秩序状態を行き来する化学システムを開発

分子が自発的に集合化する自己集合という系を利用して化学的に秩序状態と無秩序状態間を繰り返し行き来する化学システムを構築した。無秩序状態のナノキューブの混合物を100 °Cで加熱後、0 °Cへ急冷すると単一の構成要素からなる秩序状態へ変換。
1703地質

いつ山は高くなったのか? 山地形成過程の解明に新たなアプローチ

電子プローブマイクロアナライザ(EPMA)を用いて大量の重鉱物の化学組成を1粒子ずつ迅速に分析し、そのデータをもとに重鉱物の種類の判定と存在比の計測を効率よく行うことのできる手法を開発した。
2000原子力放射線一般

最新分析技術でIAEAの保障措置に貢献

これまでに開発してきた試料前処理技術と高感度かつ高分解能な質量分析装置を利用することにより、個々のウラン粒子の同位体比を効率的かつ正確に分析できる技術を開発し、IAEAによる分析能力の評価試験に合格した。
0106流体工学

水蒸気バブルで液体を自在に動かすことに成功しました

マイクロバブルを使って少量の液体を一方向にポンピングすることで、急激な流れを発生させることに成功した。水をレーザー光と金ナノ粒子を使って局所的に加熱してマイクロバブルを発生させ、レーザー光の形を変えることで流れの向きの制御に成功した。
0110情報・精密機器

プラント保安分野におけるドローンの安全な活用の促進に向け「ガイドライン」と「活用事例集」

プラント保安分野におけるドローンの安全な活用の促進に向け、平成31年3月13日、消防庁、厚生労働省と連携し、プラント内でドローンを安全に運用するための「ガイドライン」と、国内外企業の先行事例を盛り込んだ「活用事例集」をとりまとめた。
1600情報工学一般

バーチャルリアリティー治療で緩和される幻肢痛の特徴

幻肢痛を多変量解析した結果、“筋肉がひきつるような”などの運動感覚に関連した幻肢痛と、“焼けるような”などの皮膚感覚に関連した幻肢痛に大別でき、VR治療は前者の運動感覚に関連した幻肢痛の対象者において効果を発揮しやすいことが分かった。
1701物理及び化学

固体冷媒を用いた新しい冷却技術の開発に期待

柔粘性結晶の中に巨大な圧力熱量効果を持つものがあり次世代の固体冷媒の候補と成り得り、その機能発現のメカニズムを原子レベルで解明した。メカニズムをJ-PARCの中性子線やSPring-8のX線などを利用した解析により原子レベルで解明した。
1600情報工学一般

皮膚がんの形態形成の数理モデルを開発

メラノーマなどの皮膚がんの形態形成を説明する数理モデルを考案し、病理学的に観察される皮膚がんの異なるパターンは、がん細胞の増殖率と流体力学的相互作用の強さの違いに起因することを明らかにした。
ad
タイトルとURLをコピーしました