2019-02-09

1601コンピュータ工学

量子コンピュータ開発の進展

量子コンピュータ開発が世界的に活発化しており、この1年間で9から72量子ビットへと集積度は急激に向上し、量子状態の持続(コヒーレンス)時間も、この20年間でナノ秒から数百マイクロ秒まで飛躍的に伸びている。
0300航空・宇宙一般

革新的衛星技術実証1号機 実証テーマ 太陽電池パドルの大幅な小型軽量化で宇宙産業の活性化を狙う

衛星の高機能化に伴い、大電力化のために太陽電池パネルの軽量化と高出力化が求められている。従来の1/3という大幅軽量化を実現する「軽量太陽電池パドル」の開発を率いた JAXAに、革新的衛星技術実証1号機での実証に対する期待を聞いた。
0300航空・宇宙一般

小型実証衛星1号機 RAPIS-1 軽量太陽電池パドルTMSAPの展開成功

平成31年1月18日に打ち上げられた「小型実証衛星1号機」に搭載した「軽量太陽電池パドル」(TMSAP)が正常に展開していることを確認し、太陽電池からの発生電力も正常を確認した。また、「展開確認用モニタカメラ」(CMRD2)も正常に作動。
1504数理・情報

位置情報ゲームを利用する中高年の歩数が有意に増加

2016年7月の「Pokémon GO」リリース前後における中高年の歩数について、位置情報ゲーム利用者と非利用者で歩数の平均変化量に統計的に有意な差があり、利用群はよく歩いてい るということが分った。
ad
タイトルとURLをコピーしました