2019-02-05

0303宇宙環境利用

衛星データをAIにより解析する手法の研究開発を開始

大規模AIクラウド計算システム(ABCI)を用いて、JAXAが保有する大量の衛星データを自動解析する人工知能(AI)技術の研究開発を開始する。
1604情報ネットワーク

IoT向け新国際無線通信規格Wi-SUN FAN対応の無線機を開発

IoT向け新国際無線通信規格Wi-SUN FAN (Field Area Network)を搭載した無線機器を開発した。
0501セラミックス及び無機化学製品

次亜塩素酸化合物によるカーボンナノチューブ廃水の工業的処理法の開発

カーボンナノチューブ(CNT)と次亜塩素酸化合物との化学反応を利用し、CNTを含む産業廃水から簡便で効果的にCNTを除去する方法を開発した。
0107工場自動化及び産業機械

工場での生産準備作業を効率化するAI技術を開発

工場での生産前に必要となる、FA(ファクトリーオートメーション)機器の調整やプログラミングなどの生産準備作業を大幅に効率化するAI技術を開発した。
1701物理及び化学

若い星を取り巻く円盤での雪解けが有機分子を放つ

アルマ望遠鏡が、若い星を取り巻く円盤の中に有機分子を捉えた。星が明るさを増したことで星から離れた場所にある円盤の中の氷が解け、氷に閉じ込められていた有機分子が観測できるようになった。
0303宇宙環境利用

地球が見える 2019年

広範囲での大気汚染物質は、JAXAの気候変動観測衛星「GCOM-C」はや砂塵などの大気中の微粒子を全球規模で観測することができ、偏光の測定を利用すると、PM2.5のような小さい微粒子を従来よりも捉えやすくなる。
2004放射線利用

統合失調症やパーキンソン病の治療薬の標的の構造解明

セロトニン2A受容体の立体構造を、X線結晶構造解析の手法を用いて世界で初めて解明しました。
1202農芸化学

キクタニギクのゲノムを解読、開花に関わる遺伝子探索へ

キクタニギクのゲノム解析を行い、開花に関わる遺伝子の探索と栽培ギクのゲノム配列変異の検出などを行った。今回、全ゲノムの89%にあたる2.72Gbの配列を解読しました。解読した配列から推定された遺伝子数は71,057。
ad
タイトルとURLをコピーしました