2019-02-08

スポンサー
1702地球物理及び地球化学

オーロラが爆発するとヴァン・アレン帯の電子が上空65kmにまで侵入する

オーロラ爆発の際、ヴァン・アレン帯から地球に降り注ぐ高いエネルギーの電子の数が急増し、上空65km付近の大気を電離させていることが、昭和基地の大型大気レーダー「PANSYレーダー」とジオスペース探査衛星「あらせ」(ERG衛星)で明らかに。
1801細胞遺伝子工学

コンパクトなDNAをスムーズに転写する仕組み

真核細胞の遺伝子発現を担う「RNAポリメラーゼⅡ(RNAPⅡ)」が、ヒストンに巻きついたDNA(ヌクレオソーム[2]DNA)をスムーズにほどきながら塩基配列を読み取り、RNAに転写する仕組みを解明した。
1701物理及び化学

アルマ望遠鏡、巨大赤ちゃん星のまわりで塩を発見

アルマ望遠鏡が地球からおよそ1500光年離れた若い星を観測し、その星を取り巻くガスの円盤の中に塩(塩化ナトリウム)が含まれていることを発見した。
1800生物工学一般

細胞の変形により生じる新たな細胞間情報伝達

動物の発生過程で重要な分泌性シグナルタンパク質であるWntの産生細胞自身が形態変化を起こすことで、遠く離れた細胞にまでWntシグナルが伝達されるという、新たな細胞同士の情報伝達の仕組みが発見された。
1702地球物理及び地球化学

平成31年1月の地殻変動

電子基準点等のGNSS連続観測網(GEONET)の観測結果から求めた2018年12月下旬から2019年1月下旬までの1か月間の地殻変動。
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました