2019-02-26

2004放射線利用

新種の超原子核(二重ラムダ核)を発見

大強度陽子加速器施設(J-PARC)を利用した国際共同実験(J-PARC E07 実験)で、ベリリウム(Be)原子核を芯とする新種の二重ラムダ核を発見し、「美濃イベント(MINO event)」と命名した。
0502有機化学製品

多発性骨髄種に対する治療薬として有望な抗BCMAイムノトキシンの開発

多発性骨髄腫(ミエローマ)の有望な治療薬候補として、がん細胞上のBCMA抗原に対する抗体医薬(イムノトキシン)を開発した。
1600情報工学一般

血中マイクロRNAを用いた認知症発症リスク予測モデルの構築

血液マイクロRNA(miRNA)の網羅的な発現情報をもとに、認知症発症のリスク予測モデルを構築した。
1701物理及び化学

赤ちゃん星はふたつの発声法で産声を上げる

原始星「MMS5/OMC-3」では、成長過程にある星から、高速で絞られたガス流と低速で幅の広いガス流とが放出されており、吹き出す向きが傾いていること、低速ガス流が高速ガス流よりも先に放出され始めたことが明らかになった。
0300航空・宇宙一般

タッチダウン直後の画像

「はやぶさ2」のタッチダウン運用(TD1-L8E1)を、2月20日~22日に行い, タッチダウン後の上昇中に広角の光学航法カメラ(ONC-W1)で撮影した画像を示す。
1202農芸化学

食糧生産に甚大な被害をもたらす寄生植物ストライガの養水分収奪機構を解明

サブサハラアフリカ地域で食糧生産に甚大な被害をもたらしている根寄生雑草ストライガが、高い蒸散を維持するために特異なたんぱく質を持っていることを発見した。
ad
タイトルとURLをコピーしました