2019-02-15

0403電子応用

高温動作可能な高出力テラヘルツ量子カスケードレーザー

「非平衡グリーン関数法」に基づく第一原理計算を用いて高エネルギーサブバンド準位を最適化した構造を用いて、「テラヘルツ光」を光源として用いる「テラヘルツ量子カスケードレーザー」の高出力化および高温動作性能の向上に成功した。
1602ソフトウェア工学

AI技術を用いてマイコプラズマ否定試験を省力化 iPS細胞由来治験製品の品質試験に有効

人工知能(AI)技術を応用し、第十七改正日本薬局方参考情報に掲載されているマイコプラズマ 否定試験を自動で判定する細胞画像解析ソフトを開発した。
0500化学一般

温室効果ガスを有用な化学原料に転換

金属・セラミックス複合材料のナノ相分離構造のトポロジーを操ることにより、メタンと二酸化炭素から有用な合成ガスを製造するメタンドライリフォーミング(DRM)に対して優れた低温触媒活性と長寿命特性を発揮する触媒材料の創成に成功した
2000原子力放射線一般

プラズマの電子を加熱する強力な電磁波をつくる

核融合発電の実現のため、プラズマを加熱するジャイロトロンの仕組みと、加熱手法の高度化を目指した新たなジャイロトロンの設計開発研究を紹介する。
ad
タイトルとURLをコピーしました