世界初、燃料電池の劣化を大幅に抑制する白金‐コバルト合金水素極触媒を開発

ad
ad

電解質膜の耐久性が4倍以上、FCVなどの耐久性向上に期待

2020-01-14  新エネルギー・産業技術総合開発機構,山梨大学,田中貴金属工業株式会社

NEDOは燃料電池自動車(FCV)用燃料電池の革新的な電極触媒や電解質膜の開発事業を行っています。今般、NEDOと山梨大学、田中貴金属工業(株)は、固体高分子形燃料電池の水素極における電解質膜劣化の原因となる過酸化水素(H2O2)の発生を半分以下に抑制可能な白金‐コバルト合金水素極触媒の開発に世界で初めて成功しました。

この触媒を燃料電池に組み込むことで、従来の燃料電池向け市販白金水素極触媒を用いた場合に比べて、電解質膜の耐久性を4倍以上に高められます。これにより、FCVや定置用燃料電池の耐久性の飛躍的な向上が期待できます。

1.概要

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「固体高分子形燃料電池利用高度化技術開発事業」※1において、燃料電池自動車(FCV)※2用燃料電池の性能と耐久性をさらに向上させると同時にコストの大幅な低減を実現する革新的な電極触媒や電解質膜の開発に取り組んでいます。

その一環として2019年1月22日には「 FCV課題共有フォーラム」を、FCVを開発・販売しているトヨタ自動車株式会社、株式会社本田技術研究所と共に開催しました。本フォーラムにおいて大学や研究機関などの研究者・技術者に取り組むべきFCV用燃料電池に関する重要課題の一つとして、固体高分子形燃料電池の水素極側での高分子電解質膜※3(以下、電解質膜)の化学的な分解劣化の抑制を挙げました。

タイトルとURLをコピーしました