0502有機化学製品

0502有機化学製品

ブタジエンのバイオ生産に初成功 ~バイオマス資源由来原料から合成ゴムなどの原料を直接生産~

大腸菌を菌体触媒とすることで、工業原料である1,3-ブタジエン(ブタジエン)をバイオマス資源由来の原料から発酵法により直接生産することに成功した。
0502有機化学製品

セント・ジョーンズズ・ワートの花がグリーンな触媒を提供

薬用植物であるセント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)のドライフラワーから抽出したヒペリシンが、光化学反応の活性触媒として利用できることを発見。
0502有機化学製品

マンニッヒ反応における40 年来の問題を解決~アミドやエステルを原料として直接用いる触媒的不斉マンニッヒ反応を開発~

医薬品原料である光学活性β―アミノ酸誘導体を合成できる触媒的不斉マンニッヒ反応において新たな高活性触媒系を開発し、有機合成化学において40年来の懸案であった、反応性の非常に乏しいアミドやエステルを予め活性化することなくそのまま原料として用いる反応を実現した。
0502有機化学製品

X線自由電子レーザーで捉えた、光照射によるチャネルロドプシンの 構造変化の過程

X線自由電子レーザーを用いて、光受容タンパク質であるチャネルロドプシンの構造変化を捉えることに成功した。チャネルロドプシンの光照射による動きを世界で初めて観測し、陽イオン輸送の分子基盤を解明することに成功した。
0502有機化学製品

スズとグラフェンの界面を利用した二酸化炭素を高効率に還元する新しい触媒を開発

二酸化炭素からの化成品合成技術の加速へ 2021-03-04 金沢大学,筑波大学,大阪大学,科学技術振興機構 金沢大学 理工研究域 機械工学系の辻口 拓也 准教授、ナノ生命科学研究所の髙橋 康史 教授、大阪大学 大学院基礎工...
0502有機化学製品

水素製造に太陽光エネルギーを活用~エタノールから水素を獲得し水素ガスを発生する有機化合物を開発~

2021-03-02 京都大学 村上正浩 工学研究科教授、石田直樹 同講師、釜江祥希 同修士課程学生、上農悠花 同修士課程学生、成瀬啓司 工学部生、石津啓伍 同学部生(研究当時)らの研究グループは、太陽光のエネルギーを駆動力として利用...
0502有機化学製品

DISC中分子ライブラリーのアカデミアへの提供~BINDSワンストップ窓口での申請で利用可能に~

2021-02-19 日本医療研究開発機構 発表のポイント これまで創薬総合支援事業(創薬ブースター)での支援が決定したテーマに限定されていた、DISCライブラリーのうち、中分子ライブラリーについてアカデミアでの利用が可能になり...
0502有機化学製品

コンブチャに着想を得た「生きた材料」開発 (Inspired by kombucha tea, engineers create “living materials”)

2021/1/11 アメリカ合衆国・マサチューセッツ工科大学(MIT) ・ MIT と英国・インペリアル・カレッジ・ロンドンが、細菌と酵母菌の混合物のスコビー(SCOBY: symbiotic culture of bacte...
0502有機化学製品

木質バイオマスを高配合した新しい樹脂複合材料を開発 ~減プラスチックと温室効果ガス排出量削減~

2021-02-10 株式会社日本製鋼所 株式会社日本製鋼所(代表取締役社長:宮内 直孝、以下「当社」)は、日本製紙株式会社(代表取締役社長:野沢 徹、以下「日本製紙」)と共同で、木材を原料とする木質バイオマスを高配合した樹脂複合材料...
0502有機化学製品

バイオマニュファクチャリングの急展開を約束する微生物の「リワイヤリング」技術

(Microbe “Rewiring” Technique Promises a Boom in Biomanufacturing) 2020/11/10 アメリカ合衆国・ローレンスバークレー国立研究所(LBNL) ・ L...
ad
タイトルとURLをコピーしました