0400電気電子一般

0400電気電子一般

超高感度鉛センサーが水質監視を大幅に改善する可能性(Ultra-sensitive Lead Detector Could Significantly Improve Water Quality Monitoring)

2024-02-05 カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD) ◆カリフォルニア大学サンディエゴ校のエンジニアは、グラフェンで作られた超感度センサを開発しました。このデバイスは、過去のセンシング技術よりもはるかに低い濃度の鉛イオンを検出...
0400電気電子一般

視覚障害者が物を「見る」ためのAI搭載「目」を開発(NUS researchers develop AI-powered ’eye’ for visually impaired people to ‘see’ objects)-

2024-02-05 シンガポール国立大学(NUS) AiSee: The AI-powered ‘eye’ for visually impaired people to ‘see’ objects around them. AiSeeは...
0400電気電子一般

ホログラフィによるフルカラー動画投影を実現~次世代ディスプレイの開発に向けて~

2024-01-29 東京農工大学 国立大学法人東京農工大学大学院の山口眞和氏(博士後期課程1年)と齋藤洋輝氏(2023年3月博士前期課程修了)、早稲田大学理工学術院の池沢聡研究院講師、東京農工大学大学院の岩見健太郎准教授は、メタサーフェス...
ad
0400電気電子一般

壊れやすい2次元材料を安全にデバイスに統合することに成功(Researchers safely integrate fragile 2D materials into devices)

2023-12-08 マサチューセッツ工科大学(MIT) ◆マサチューセッツ工科大学(MIT)などの研究者は、2次元材料を従来の製造手法を使わずにデバイスに統合する新しい技術を開発しました。この手法は、2次元材料を他のデバイス層に物理的に積...
0400電気電子一般

室内の一部をミュートする形状変化型スマートスピーカー (UW team’s shape-changing smart speaker lets users mute different areas of a room )

2023-09-21 アメリカ合衆国・ワシントン大学(UW) ・ UW が、複数の発話者の位置を特定してそれらの発話を分離する、「音響制御ロボットスウォーム」による形状変化型スマートスピーカーシステムを開発。 ・ 仮想会議室ではミュートを使...
0400電気電子一般

乾式製造プロセスにより、よりクリーンで安価な高エネルギーEV電池への道が開ける(Dry manufacturing process offers path to cleaner, more affordable high-energy EV batteries)

2023-07-18 オークリッジ国立研究所(ORNL) ORNL researchers found that a battery anode film, made by Navitas Systems using a dry proce...
0400電気電子一般

持続可能社会の実現に向けたパワーエレクトロニクス技術のスペックロードマップを策定~2050年のカーボンニュートラル社会に必要な先進パワーエレクトロニクス技術の普及に貢献~

2023-07-13 産業技術総合研究所 ポイント ワイドバンドギャップ半導体によるパワーエレクトロニクス技術のスペックロードマップを策定 本ロードマップ活用による先進パワーエレクトロニクス技術の普及拡大を図る 本ロードマップの希望者への提...
0400電気電子一般

NISTの「トグルスイッチ」が量子コンピューターのノイズ除去に役立つ(NIST ‘Toggle Switch’ Can Help Quantum Computers Cut Through the Noise)

2023-06-26 米国国立標準技術研究所(NIST) ◆米国国立標準技術研究所(NIST)の科学者チームが、量子コンピュータの設計上の課題を解決するための新しいデバイスを開発しました。このデバイスは、2つの超伝導量子ビット(qubit)...
0400電気電子一般

新しい小さな原子ビーム時計は、GPSが届かない場所に安定したタイミングをもたらす可能性がある(New Tiny Atomic Beam Clock Could Bring Stable Timing to Places GPS Can’t Reach)

2023-06-21 米国国立標準技術研究所(NIST) ◆米国国立標準技術研究所(NIST)の研究者が、ジョージア工科大学の研究者と共同で、ミニチュア原子時計の新しいタイプを開発しました。このチップスケール原子時計は、現行システムよりも週...
0400電気電子一般

研究者は、よりエネルギー効率の高いデバイスのために、材料の熱伝導率を「オンザフライ」で調整します。(Researchers tune thermal conductivity of materials ‘on the fly’ for more energy-efficient devices)

2023-06-08 ミネソタ大学 ◆ミネソタ大学の研究チームが熱伝導率を制御する新しい方法を発見。この方法は材料の熱伝導率を調整し、エネルギー効率の高い電子デバイスの開発に貢献する。彼らの研究は、Nature Communications...
0400電気電子一般

原子層強誘電材料のバルク光起電力発電を実証~ナノ発電実現へ新たな道を開拓~

2023-06-07 東京大学 発表のポイント ◆2次元層状材料である硫化錫(SnS)において、中心対称性を持たない強誘電体相を成長し、pn接合を必要としないバルク光起電力効果による発電を実証した。 ◆強誘電体SnSにおける分極ドメイン境界...
0400電気電子一般

電子機器の信頼性評価の迅速化に光明 ~様々な中性子施設で半導体ソフトエラー評価を可能にする技術を開発~

2023-06-05 日本原子力研究機構 概要 自動運転や介護ロボットの実用化が期待される中、コンピュータの中核をなす半導体チップの信頼性確保の重要性が高まっています。一方で、地上には宇宙線が空から降り注いでおり、宇宙線に含まれる中性子によ...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました