0505化学装置及び設備

0505化学装置及び設備

レーザー書き込みにより、マルチガスセンサーの「電子ノーズ」を実現できるかもしれない(Laser writing may enable ‘electronic nose’ for multi-gas sensor)

2022-06-29 ペンシルベニア州立大学(PennState) ペンシルベニア州立大学の共同研究により、病気や汚染を示す可能性のある複数のガスを同時に嗅ぎ分ける環境センサーが実用に一歩近づいた。チームは、レーザー書き込みと応答性センサ...
0505化学装置及び設備

傷んだ植物や香水の偽物を見分ける嗅覚(A nose for damaged plants and fake perfumes)

2022-06-21 マックス・プランク研究所 香りのキラル成分から、その香水が本物か偽物かを知ることができます。同様に、植物の発光のキラルシグネチャーから、その植物が健康か病気かを知ることができるのです。マインツにあるマックス・プランク化...
0505化学装置及び設備

CO2からメタノールへの変換を活性化させる触媒の構造を解明 効率的な触媒開発でCO2回収・利用の推進に期待

2022-06-21 東京大学 茨城大学大学院理工学研究科(工学野)の多田 昌平 助教、城塚 達也 助教、高輝度光科学研究センター(JASRI)の本間 徹生 主幹研究員、東京大学大学院工学系研究科の伊與木 健太 講師らの研究グループは...
0505化学装置及び設備

光合成に着想を得たプロセスで汎用化学品を製造(Photosynthesis-inspired process makes commodity chemicals)

新しい戦略は、現在の工業プロセスよりも安価で、エネルギー集約的ではない New strategy is less expensive, less energy intensive than current industrial proce...
0505化学装置及び設備

新しい電極触媒は、より安価な水素燃料に希望をもたらす(New electrocatalyst offers hope for less expensive hydrogen fuel)

2022-06-03 バッファロー大学(UB) 二硫化モリブデンにさらに2種類の材料(MXenesとカーボンナノチューブとして知られる無機化合物の一種)を加えて濃縮すると、電極触媒として白金に取って代わる可能性があり、燃料電池電気自動車、...
0505化学装置及び設備

繊維フィルターによる炭素捕捉の実証実験(Textile Filter Testing Shows Promise for Carbon Capture)

2022-06-02 ノースカロライナ州立大学(NCState) ノースカロライナ州立大学の研究者らは、綿布と炭酸脱水酵素と呼ばれる自然界の化学反応を促進する酵素を組み合わせた新しい繊維ベースのフィルターを用いて、空気および混合ガスから二...
0505化学装置及び設備

材料 – テーラーメイド分子(Materials – Tailor-made molecules)

2022-06-02 オークリッジ国立研究所(ORNL) オークリッジ国立研究所の研究者たちは、レアアースの回収やクリーンエネルギー技術に不可欠な材料の確保に必要な化学分離に光を当てるため、最先端の方法を用いています。 研究チームは、理...
0505化学装置及び設備

ナノ材料と人工知能を利用した高精度の一酸化炭素センサを開発 ~ヒトの呼気による肺疾患の検査・早期診断への応用が加速~

2022-05-12 東北大学電気通信研究所 助教 但木大介 【発表のポイント】 酸化チタンナノチューブ(注1)のナノ微細構造を検出媒体とする半導体式ガスセンサを開発しました。 得られた特性に対し、人工知能(AI)の機械学習(注2)を用い...
0505化学装置及び設備

給電せずに電気化学反応を駆動 ~環境にやさしい手法として期待、極限環境での利用も~

2022-05-27 東京工業大学,科学技術振興機構 ポイント 電解液の送液により生じるエネルギーを利用して駆動する電気化学反応(以下、電解反応)手法を開発 環境にやさしい電解反応法を用いて、電解重合の実証に成功 ...
0505化学装置及び設備

3Dを瞬時に:Jia研究室、次世代型オルガノイドイメージングシステムを開発(3D in a Snap: Jia Lab Develops Next Generation System for Imaging Organoids)

2022-05-25 ジョージア工科大学 Shu Jiaの研究室で開発された、実験室で培養された組織の動的な3D情報を1枚の画像に収めることができる新しいシステムで撮影された大腸オルガノイドの画像です。生画像は0.1秒で撮影された。色...
ad
タイトルとURLをコピーしました