0505化学装置及び設備

0505化学装置及び設備

前例のない分離につながる膜の新しい挙動を発見(Scientists discover new behavior of membranes that could lead to unprecedented separations)

2024-06-20 アルゴンヌ国立研究所(ANL) 開発した膜は、従来よりもシャープなナノスケールの分離をします。ナノスケールの溶質は、サイズのわずかな違いで、同一の穴を持つ膜で分離可能です。アルゴンヌ国立研究所のダーリング氏は、全ての穴...
0505化学装置及び設備

常圧・低濃度CO2からポリカーボネート・ポリウレタンの原料の合成に成功~加圧・精製設備を必要としないCO2の資源化に貢献~

2024-06-10 産業技術総合研究所 ポイント 火力発電所などからの排ガスに含まれる常圧・低濃度CO2からジエチルカーボネートを合成可能 反応液中にエチル炭酸塩としてCO2を取り込んで直接利用 カーボンニュートラル社会の実現に向け、CO...
0505化学装置及び設備

科学者らが結晶内部を見る「X線ビジョン」技術を開発(Scientists Develop “X-Ray Vision” Technique to See Inside Crystals)

2024-06-07 ニューヨーク大学 (NYU) ニューヨーク大学の研究チームは、結晶の内部構造を可視化する技術「Crystal Clear」を開発しました。この技術は、透明な粒子と蛍光染料、レーザーを使用した共焦点顕微鏡により、結晶の各...
ad
0505化学装置及び設備

再生可能エネルギーの余剰分を天然ガスに変換する新技術 (New technique converts excess renewable energy to natural gas)

2024-03-19 アメリカ合衆国・ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) ・ LLNL、ロサンゼルスを拠点とする SoCalGas およびドイツ・ミュンヘンを拠点とする Electrochaea が、風力や太陽光発電の余剰電力を再生可...
0505化学装置及び設備

「永遠の化学物質」発見は飲料水浄化を助けることができる(‘Forever chemical’ discovery can aid drinking water cleanups)

2024-05-30 カリフォルニア大学リバーサイド校(UCR) カリフォルニア大学リバーサイド校の科学者たちは、飲料水中の「永遠の化学物質」PFASを除去する新しい化学プロセスを発見しました。PFASは多くの製品に使用されてきましたが、地...
0505化学装置及び設備

水溶性溶媒のナノクラスター化による新しい二酸化炭素化学の確立(Establishing Novel Carbon Dioxide Chemistry through Nano-Clustering in Water-Lean Solvents)

2024-05-29 パシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL) 水分が少ない溶媒は、CO2の効果的な捕捉に有望です。新しい研究では、これらの溶媒が4つの分子からなるミセル状のナノサイズクラスターを形成し、その内部に酵素の活性部位に...
0505化学装置及び設備

サンプル材料が転がり落ちる(Sample materials can now take a tumble)

回転するサンプルホルダーが新しいタイプの中性子実験を可能にする Rotating sample holder enables new types of neutron experiments 2024-05-28 オークリッジ国立研究所(O...
0505化学装置及び設備

三菱重工と日本ガイシ、バイオエタノールとe-メタノールの膜分離脱水システムを共同開発~クリーン燃料としての利用拡大に向け、既存の脱水プロセスを低コスト・高効率化~

2024-05-22 三菱重工業株式会社,日本ガイシ株式会社 ◆ ガソリン代替およびSAF原料として注目されているバイオエタノール、船舶を中心に次世代燃料として注目されているe-メタノールの脱水工程に、膜分離方式を用いたシステムの導入を目指...
0505化学装置及び設備

大気や工場から排出される二酸化炭素のリサイクルに、コストのかかるガス分離は不要かもしれない(Costly gas separation may not be needed to recycle CO2 from air and industrial plants)

2024-05-21 ミシガン大学 ミシガン大学の研究者たちは、二酸化炭素(CO2)をバイオ燃料や医薬品などの有用な製品に変換する際、高価なガス分離工程が不要である可能性を示しました。従来の金属電極は空気や排ガスの不純物に敏感ですが、バクテ...
0505化学装置及び設備

二酸化炭素を家庭用化学薬品にリサイクル(Recycling carbon dioxide into household chemicals)

2024-05-21 アルゴンヌ国立研究所(ANL) 低コストのスズベースの触媒が二酸化炭素(CO2)をエタノール、酢酸、蟻酸に選択的に変換できることを発見しました。この研究はアルゴンヌ国立研究所、北イリノイ大学、バルパライソ大学の共同プロ...
0505化学装置及び設備

有毒ガスを連続的に監視する検出器を開発(Researchers develop a detector for continuously monitoring toxic gases)

2024-05-18 マサチューセッツ工科大学(MIT) MITの研究者は、低コストで有毒ガスを継続的に監視できる新しい検出器を開発しました。このシステムは、高感度だが性能が劣化しやすい金属有機構造体(MOF)と、耐久性が高いが感度が低いポ...
0505化学装置及び設備

イオン交換によりCO2分解触媒の性能が飛躍的に向上(Ion swap dramatically improves performance of CO2-defeating catalyst)

2024-05-16 オークリッジ国立研究所(ORNL) オークリッジ国立研究所のチームが、複数の材料からなる触媒の効率を向上させる革新的な方法を発見しました。この方法は、触媒の活性、選択性、安定性を高める設計の道を示しています。チームは、...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました