スマートフォンを利用した誤積/誤納品防止オプションの提供を開始

ad
ad

2020-02-28 株式会社富士通九州システムズ

2020年3月から「SaaS型運行管理システム Logifit TM-NexTR(ロジフィット ティーエム ネクストラ)」(注1)に、誤積/誤納品を防止するための積降し検品オプションの提供を開始。

本オプションは、運送事業者や医薬品/食品卸業者などのお客様を主たる対象としており、拠点や軒先で対象貨物をスキャンすることで、誤積/誤納品を防止します。また、専用管理画面より運行管理だけでなく、簡易的な配車と作業の進捗管理も実現します。

当社は、配送や営業の効率改善や経費削減など、さまざまな課題を総合的に解決するSaaS型運行管理システムを提供しています。現在、乗務員が出荷伝票をもとに目視確認で荷積や納品の作業を行っており、見間違いや納品先の勘違いなどによる誤積/誤納品が後を絶ちません。これを踏まえ、当社は、スマートフォンを利用し、拠点や軒先で対象貨物をスキャンすることで、誤積/誤納品を防止する本オプションを提供します。

本サービスの特長

  1. 簡単操作

    スマートフォンを利用して、バーコードや二次元コードを読み取るだけで積降し検品作業が可能となり、作業の効率化や乗務員の負荷軽減が図れます。また、簡易的な配車機能を用意し、ドラッグ&ドロップにより貨物の割付け作業の進捗管理が可能となります。

  2. 自動チェック機能

タイトルとURLをコピーしました