1600情報工学一般

1600情報工学一般

デジタルツインを活用した『次世代AI都市シミュレーター』の研究開発を開始

小田急線海老名駅と周辺施設を対象に、来訪者の行動変容を促す人流誘導アルゴリズムを実装する『次世代AI都市シミュレーター』の研究を開始する。
1600情報工学一般

計算シミュレーションとAIを連携させ、仮想実験環境を構築

「超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト」に取り組んでおり、今般、同プロジェクトで開発した伝導度などの計算を行う第一原理計算シミュレーターとAI技術の連携により、材料の電気伝導度計測を計算機上で再現する基盤技術を開発した。
1600情報工学一般

光を用いたスパイキングニューラルネットワークを実現

縮退光パラメトリック発振器(DOPO) を用いて、神経細胞の発火信号(スパイク)を模擬する人工光ニューロンを作成することに成功した。さらに、240個のDOPOニューロンのネットワークを構築し、集団となったDOPOニューロンの同期現象の観測を行った。DOPOニューロンは結合したニューロン間の同期を反映して、各々の発火モードを自発的に変化させる性質を持つことが発見された。
1600情報工学一般

AI を使って 3D ホログラムをリアルタイムに創出

AI を利用してほぼ瞬時に 3D ホログラムを作り出す、テンソルホログラフィー(tensor holography)技術を開発。効率的なディープラーニングをベースとするため、ラップトップでの高速処理が可能。
1600情報工学一般

AIによる不審行動検知や試験問題作成を支援するシステムの実証研究を実施

実証研究では、顔の有無や向きの検出などが可能なAIにより本人確認や試験中の不審行動を検知するオンライン自動試験監督システムと、多様な設問形式で柔軟かつ効率的にオンライン試験問題の作成や配信が可能なシステムを使用したオンライン仮試験を実施し、自宅などから受験する学生の様子をシステムで記録、解析することで、両システムの有用性を確認した。
1600情報工学一般

AI とニューロモーフィックコンピューティングでのフォトニクスの可能性を調査

フォトニック・ニューロモーフィックコンピューティングでは、光を利用した信号の移動と処理により、より高速な帯域幅とエネルギー損失量の大幅な低減を可能にする。脳のニューロンとシナプスの基本的な機能を直接模倣するデバイスを開発し、コンピューティングハードウェアのバイオロジカルな処理システムへの転換を試みる。
1600情報工学一般

原子・分子のイオン化エネルギーを量子コンピューターで直接計算する手法を開発

量子コンピューターを用いてスピン量子数が異なる電子状態(スピン状態)間のエネルギー差を直接計算できる量子アルゴリズムを改良し、量子コンピューター実機に実装しやすくするとともに、中性原子・分子が電子を放出してイオンとなるために必要なエネルギーであるイオン化エネルギーの直接計算へと応用した。
1600情報工学一般

「AI で制作したオンライン講座」が開講!~AI を活用して制作した MOOC 講座は、日本初~

AI技術を活用して大規模公開オンライン講座(MOO )を制作し、ガッコが運営する MOOC 学習サービス「gacco® 」において、2021年3 月12日から提供。
1600情報工学一般

データ活用社会創成プラットフォームmdxを導入

mdxは、高性能な計算機と大容量のストレージを備え、国立情報学研究所が運用する学術情報ネットワークSINET5と連携することで、広域からのデータ収集機能と、データ集積・処理機能を、企業や自治体との共同研究も含めた全国の大学・公的研究機関が関与する様々なデータ活用の取組に提供し、分野・セクタを横断した連携を触媒するハブとなることを目指す。
1600情報工学一般

リコー、現実空間に全方位映像を映し出せる投影装置を開発

現実空間に全方位映像を映し出すことのできる投影装置を開発した。まずはデジタルサイネージ用途で、2021年3月から「WARPE」(ワープイー)ブランドとして、ビジネスパートナーを募り、市場探索を開始。
ad
タイトルとURLをコピーしました