タンパク質の動きが病気を引き起こす

ad
ad

パーキンソン病の原因タンパク質の分子運動を観測することに成功

2019-08-26  量子科学技術研究開発機構

発表のポイント

  • パーキンソン病の発症に関係するタンパク質「α-シヌクレイン」の分子の運動を、中性子を利用した最先端の分析技術及び新たに開発した解析法を用いて測定
  • 正常なタンパク質分子の特定の運動が、分子が集合して「アミロイド線維」と呼ばれる異常な塊を作る過程に関与することを世界で初めて発見
  • パーキンソン病をはじめとしたアミロイド線維が関わるさまざまな病気の発症のメカニズムを解明する手がかりとなることに期待

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(理事長 平野俊夫。以下「量研」という。)量子生命科学領域の 藤原 悟 専門業務員、松尾 龍人 主任研究員、河野 史明 研究員、名古屋大学シンクロトロン光研究センターの 杉本 泰伸 准教授、構造生物学研究センターの 成田 哲博准教授、松本 友治 研究員、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(理事長 児玉敏雄)J-PARCセンターの 柴田 薫 常勤特別嘱託らは共同で、脳内に存在する正常なタンパク質「α-シヌクレイン1)」の分子の特定の運動が、パーキンソン病発症のカギとなる「アミロイド線維2)」という異常な塊を作り出す原因となることを突き止めました。中性子準弾性散乱3)装置を用いて「α-シヌクレイン」の運動を分子レベルで調べたところ、線維状の集合は、このタンパク質の折れ曲がり運動と内部の局所的運動が同時に起こることでもたらされることを世界で初めて発見しました。

タイトルとURLをコピーしました