2004放射線利用

2004放射線利用

世界最強のJ-PARC MLFのパルス中性子源が目標性能を達成~世界一の強度で長期運転を実現~

2024-05-31 日本原子力研究開発機構,J-PARCセンター 【発表のポイント】 J-PARC 物質・生命科学実験施設(MLF)のパルス中性子源は、2024年4月8日から開始した運転で、施設建設時からの目標性能である「1000 kW相...
2004放射線利用

100兆分の1秒の一瞬で生きた細胞の姿を捉えることに成功~X線自由電子レーザーを利用した新たな軟X線顕微鏡を開発~

2024-05-24 東京大学,理化学研究所,高輝度光科学研究センター 発表のポイント X線自由電子レーザーを利用した高輝度・超短パルス照明により細胞の一瞬の姿を撮影できる新たな顕微鏡を開発しました。 従来の軟X線顕微鏡では、放射線ダメージ...
0110情報・精密機器

シリカがタイヤを高性能化する秘密を中性子と水素のスピンで解明~「埋もれた界面」を観測する新技術で、複合材料の高機能化に貢献~

2024-05-16 日本原子力研究開発機構,J-PARCセンター,山形大学,総合科学研究機構,三重大学,横浜ゴム株式会社,京都大学 【発表のポイント】 自動車用タイヤでは、ゴム材料をシリカナノ粒子に結合させることにより分子間の滑りを減らし...
ad
2004放射線利用

3GeV高輝度放射光施設ナノテラスが稼働~日本の競争力の強化に大きく貢献~

2024-04-01 量子科学技術研究開発機構 ポイント 令和5年12月のビームラインへの放射光導入に成功、令和6年3月の施設検査合格を経て、令和6年4月1日より予定通り稼働 触媒化学や生命科学、磁性・スピントロニクス、高分子科学などの先端...
2004放射線利用

「フランケンシュタイン・デザイン」が3Dプリント中性子コリメータを可能にする(‘Frankenstein design’ enables 3D printed neutron collimator)

2024-04-01 オークリッジ国立研究所(ORNL) Images of the 3D printed “Frankenstein design” collimator show the “scars” where the indivi...
2004放射線利用

がん組織近くで使える高エネルギー電子線をレーザーで発生 ~内視鏡型電子線発生装置を用いた放射線がん治療の実現へ~

2024-03-29 量子科学技術研究開発機構 ポイント 細孔が多数開いたガラス板へのレーザー光照射により、放射線の一種である、高エネルギー電子線が発生することを実証。 体内の患部近くで放射線を発生可能な内視鏡型の電子線発生装置が実現可能に...
2004放射線利用

単結晶の超高速分子運動を撮影(Filming Ultrafast Molecular Motions in Single Crystal)

2024-03-25 韓国基礎科学研究院(IBS) 物質の振る舞いを理解するためにX線結晶構造解析が重要である。最近の技術進歩により、時間分解連続フェムト秒結晶学(TR-SFX)が開発され、一度のX線照射で試料を損傷せずに構造を測定できるよ...
2004放射線利用

より優れた中性子ミラーは物質の内部の秘密を明らかにできる(Better neutron mirrors can reveal the inner secrets of matter)

2024-02-29 リンショーピング大学 リンショーピング大学の研究者によって開発された改良型中性子ミラーは、ESSなどの中性子源における物質分析の効率を高めることができる。このミラーは、シリコンプレートに鉄とホウ素炭化物を混合した極薄の...
2004放射線利用

解析が難しい微小結晶試料の構造を高精度で解明 ~新規の薬剤候補物質や有機半導体材料の分子構造解明に貢献~

2024-02-29 東北大学 多元物質科学研究所 教授 米倉功治 【概要】 理化学研究所(理研)放射光科学研究センター生体機構研究グループの高場圭章基礎科学特別研究員(研究当時)、SACLAビームライン基盤グループイメージング開発チームの...
2004放射線利用

SPring-8-IIで高い正確度のデータを得るための条件が明らかに ~バンチモードと光子計数型検出器の関係を定量化~

2024-02-27 高輝度光科学研究センター,理化学研究所 高輝度光科学研究センター 回折・散乱推進室の今井康彦 主幹研究員、理化学研究所 放射光科学研究センター 先端放射光施設開発研究部門 制御情報・データ創出基盤グループの初井宇記 グ...
2004放射線利用

小型加速器技術がエネルギーのマイルストーンに到達(Compact Accelerator Technology Achieves Major Energy Milestone)

2023-11-28 テキサス大学オースチン校(UT Austin) ◆テキサス大学オースティン校の研究者らは、20億電子ボルト(10GeV)のエネルギーを持つ電子ビームを生成する、長さ10メートル未満のコンパクトな粒子加速器を実証しました...
2004放射線利用

AIでX線自由電子レーザー(SACLA)の輝度を大幅増~人による調整では到達できない性能を実現~

2023-10-27 理化学研究所,高輝度光科学研究センター 理化学研究所(理研)放射光科学研究センター 先端光源加速器研究開発グループの田中 均 グループディレクター(研究当時)、基盤光源チームの稲垣 隆宏 チームリーダー、岩井 瑛人 客...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました