2019-07-09

2100総合技術監理一般

EUが将来に向けた重要科学技術「ラジカル・イノベーション・ブレークスルー100」を公表

87の技術的ブレークスルーと13の社会的ブレークスルー(RSB)で構成され、世界中の技術予測調査結果と200のプラットフォームからの15万以上のニュース記事から、機械学習アルゴリズムと人間による評価を組み合わせた手順によって抽出された。
1701物理及び化学

第2回タッチダウンへのアプローチ ~その3:行うべきか、行わざるべきか~

リュウグウの場合、岩だらけの場所に衝突させないように降りる必要がある。探査機は、宇宙の遙か遠方で、厳しい環境の中で動作。常に不具合や故障というリスク(危険性)と隣り合わせです。タッチダウンを、科学的・技術的に検討する必要がある。
1600情報工学一般

多様な細胞における薬物応答遺伝子発現を高精度に予測する新技術を開発

細胞の薬物応答を示す遺伝子発現パターンを高精度で予測する機械学習手法を開発した。薬物のメカニズム解明や薬効予測などさまざまな用途への活用が期待できる。
1702地球物理及び地球化学

通信衛星群による天文観測への悪影響についての懸念表明

人工衛星は太陽光を反射し、天文研究用の可視・赤外線望遠鏡では「人工の星」として認識される。さらに衛星の通信電波が電波天文観測に影響を与えることも。天文観測環境を維持・保護するための活動を進めており「周波数資源保護室」を設立した。
0505化学装置及び設備

泳ぐ一細胞の代謝を経時測定

ガラス製マイクロ流体チップに「ダム構造」を持たせることで、泳ぐ微生物の単離と培養をマイクロ流路中で行い、複数の細胞の代謝物を一細胞ごとに経時測定することに成功した。
1700応用理学一般

ミミズで弁をつくる

ミミズの筋肉組織を用いて、電気刺激によらない、化学エネルギーのみで動作する小型の弁(バルブ)を開発した。
ad
タイトルとURLをコピーしました