ドコモの外国人向け日本語会話トレーニングアプリに「みんなの日本語」を収録

スポンサーリンク

海外・国内の教育機関で学習効果を検証

2019-07-10 株式会社NTTドコモ,NTT DOCOMO ASIA Pte. Ltd.,株式会社スリーエーネットワーク

 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と株式会社スリーエーネットワーク(以下、スリーエーネットワーク)は、ドコモの外国人向け日本語会話トレーニングアプリ(以下、本アプリ)に、スリーエーネットワークが出版する日本語学習教材「みんなの日本語初級Ⅰ※1」を収録しました。ドコモとドコモのシンガポール現地法人であるNTT DOCOMO ASIA Pte. Ltd.(以下、ドコモアジア)は、日本国内外で日本語教育を行っている教育機関や日本語学校へ本アプリを提供し、日本語の発話の学習効果を検証する実証実験(以下、本実証実験)を2019年7月10日(水)より順次開始します。本アプリはドコモの外国人向け日本語会話トレーニング支援プラットフォーム「Japanese Language Training AI」を活用しています。

 近年、アジア諸国を中心に日本語学習に対する関心が高まっており、日本語能力試験(JLPT)の受験応募数は年々増加しています※2 。また、2019年4月1日(月)に施行された改正出入国管理法により、今後5年間で約34万5000人の外国人労働者の受け入れが見込まれています。

 本アプリは、日本語でスマートフォンに話しかけると、AIが日本語の適切な言い回しを判定し画面上でアドバイスするもので、2018年12月よりトライアルで一般の方向けに提供しています。2019年4月からは、日本国内の飲食・宿泊・介護・ITなどの事業を行う企業に、外国人スタッフの教育用コンテンツを収録したアプリを提供し、外国人スタッフが一人で学習する時間を設ける実証実験を行い、業務に必要な会話習得が可能なことを確認しました。
 一方で、実証実験に参加された企業・団体・教育機関より、日本語授業の副教材として活用したいという声を多くいただき、さらには海外の日本語学習者の多くの方からも、日本人と話す機会が少なく、日本語の発話の練習を行える機会が少ないため、本アプリを用いた口頭のトレーニングの利用のご要望もいただきました。

 そこで今回、日本語教材として世界で広く使われている「みんなの日本語初級Ⅰ」を本アプリに収録することで、教材をベースに学習者が自身で口頭でトレーニングすることが可能となりました。本実証実験では、IKOMA Language Schoolやシンガポール日本人幼稚園などの8社の参加が決まっており、今回は過去の実証実験で希望の多かった来日前の外国人を対象に本アプリの提供を初めて行い、学習効果の有効性を検証します。
 なお、現在も「みんなの日本語初級Ⅰ」を使用している国内外の教育機関から、本実証実験への参加を受け付けています。

<アプリイメージ>


 本取り組みは、ドコモが推進する課題解決型ソリューション「トップガン®」の一環として取り組んでいるものです。
 各社は今回の実証実験を通し、より学習者の日本語学習に役立つ製品の実現をめざします。また、ドコモは、今後もAIなどの先進技術を活用し、さまざまなシーンで利用者のサポートができる製品の開発を行ってまいります。

※1 「みんなの日本語」とは株式会社スリーエーネットワークが提供する日本語教材シリーズです。「初級Ⅰ、初級Ⅱ、中級Ⅰ、中級Ⅱ」および副教材があり、今回は「初級I本冊」の文型・例文・会話・練習が本アプリに収録されます。
※2 日本語能力試験(JLPT)の受験応募数は、2017年度 116万8000人(海外771,920人/日本国内396,080人)に上ります。
* 「みんなの日本語」は株式会社スリーエーネットワークの登録商標です。(https://www.3anet.co.jp)
* 「トップガン」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。(https://www.nttdocomo.co.jp/biz/special/topgun/story06.html)

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
株式会社NTTドコモ
移動機開発部 第三アプリ開発担当

NTT DOCOMO ASIA Pte. Ltd.
Business Development担当

株式会社スリーエーネットワーク
第一営業部

実証実験の概要
1.実証実験内容
 日本語の発話の練習を必要としている教育機関、企業、団体にて「みんなの日本語」を収録した会話トレーニングアプリをご利用いただき、学習効果を検証します。

2.実証実験期間
2019年7月10日(水)~2019年11月30日(土)

3.各社の役割
ドコモ
・「みんなの日本語初級Ⅰ」を収録した会話トレーニングアプリの提供
・「発音」や「言い回し」を判定し、アドバイスする「発音/表現判定AI」※1機能の提供
・国内教育機関への実証実験実施、ヒアリング

ドコモアジア
・海外教育機関への実証実験実施、ヒアリング

スリーエーネットワーク
・「みんなの日本語初級Ⅰ」コンテンツの提供・アプリの監修別紙

4.これまでの実証実験参加企業※2  19社<2019年6月28日(金)時点>

5.お申込み先
<国内>
株式会社NTTドコモ 移動機開発部 第三アプリ開発担当
<海外>NTT DOCOMO ASIA Pte. Ltd. Business Development担当

※1 「発音/表現判定AI」はNTTグループのAI「corevo®」を構成する技術です。
※2 実証実験参加企業については、2019年9月30日(月)まで募集いたします。
* 「corevo」は日本電信電話株式会社の登録商標です。(http://www.ntt.co.jp/corevo/)

スポンサーリンク
スポンサーリンク