「的確な住民避難のための情報」に関する住民アンケート分析

スポンサーリンク

平成30年度 河川情報シンポジウム 講演集

一般財団法人河川情報センター

平成29年7月九州北部豪雨の被害状況を踏まえ,福岡県東峰村では災害復興の一環として情報・避難体制の改善を図ることとし、避難行動に関する住民アンケート調査を配布・回収した。河川情報センターでは、アンケートの分析を行い、その結果をもとに住民の避難行動の判断に役立つ情報内容などについて検討した。その結果、地先の降雨、近くの川の水位、いる場所の被災の危険度など周辺のリスク情報を提供することが効果的であることが明らかになった。
さらに、これを踏まえて、地先の降雨を詳細に把握するのに有効なレーダ雨量(XRAIN)のデータと住民アンケートによる被害状況にもとづいて、降雨と被害発生との関係を調べ、レーダ雨量を活用して大字単位で災害発生の危険性の情報を提供することを検討した。

Resident Questionnaire Analysis on “Information for Appropriate Resident Evacuation” Takanori HONDA, Masaaki NAKAYASU and Akihiko NUNOMURA

Based on the damage situation of Northern Kyushu heavy rain in July 2017, Toho Village in Fukuoka Prefecture decided to improve information and evacuation regime as part of reconstruction of disasterpreparedness, and distributed and collected resident questionnaire survey on evacuation behavior.
Foundation of River&basin Integrated Communications,JAPAN(FRICS) analyzed questionnaires and examined activity of information contents for judging the evacuation behavior of residents based on them. As a result, it was revealed that it would be effective to provide surrounding risk information such as local rain,water level of rivers in surrounding area, and local damage potential.
In addition, we investigated the relation between rainfall and damage occurrence, based on the data of radar rainfall (XRAIN) effective for detailed grasp of rainfall of in a place and the damage situation by the resident questionnaire. Then we investigated how to provide information on the risk of disaster occurrence in the district unit by utilizing radar rainfall.

181208kasenSinpo-report_07
スポンサーリンク
スポンサーリンク