AI技術の早期社会実装に向けた研究開発プロジェクトで新たに7件を採択

ad
ad
ad

AI技術により熟練者の暗黙知のモデル化を目指す

2019-05-14  新エネルギー・産業技術総合開発機構

NEDOは、人工知能(AI)技術の早期社会実装に向けた研究開発プロジェクトで、新たに7件の研究開発テーマを採択しました。具体的には、AI技術の導入期間を従来比10分の1へ短縮する具体的な社会実装の研究開発・実証のテーマで2件、AI技術適用領域の拡大や人間の発想などを支援する共通基盤技術の確立として、新たにものづくり現場の暗黙知をAIに適用できる体系化と熟練者の判断をモデル化する「作業判断支援を行う人工知能技術」として5件を採択し、AI技術の社会実装の更なる加速を目指します。

これらをアジャイル型の開発手法で進め、AI技術の社会実装を加速し、グローバル市場の獲得につなげます。

本プロジェクトの研究開発の概要

図1 本プロジェクトの研究開発の概要

1.概要

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「生産性」や「空間の移動」などの重点分野における人工知能(AI)技術の社会実装の実現に向けた研究開発プロジェクトを2018年度から推進しています。具体的には「交通」「プラント」「発電」「土木」「流通」での新たな領域へのAI導入を加速するためのAI技術開発・実証と、それらAI技術をより広い分野・領域で短期間に導入・構築できるアノテーション※1自動化、最適ハイパーパラメータ※2探索高速化、施策の仮説立案を支援する経営支援システムなどの共通基盤技術の開発・実証を、アジャイル型※3の開発手法で進めてきました。今年度はそのテーマとして2件を採択しました。また、新たな取り組みとして、ものづくり現場で暗黙知として熟練者に蓄積している設計・製造技術情報をAIに適用できるように体系化するとともに、熟練者の判断をモデル化することで非熟練者の判断を支援するAI技術を開発するための研究開発項目を設定した上で5件の研究開発テーマを採択し、合わせて7件のテーマを採択しました。

今回の採択分を含めたすべての研究開発テーマを通じて、次世代AI技術の導入期間を従来比10分の1に短縮することを実証するとともに、AI技術の適用領域の拡大、人間の発想や創造を支援する共通基盤技術の確立を目指します。これらをアジャイル型開発手法で進め、AI技術の社会実装を加速させることにより、グローバル市場の獲得につなげます。また、従来の人間による管理では達成できない一層の生産性向上と平準化による省エネルギー効果を得るなど、AI技術の導入による省エネルギー化とCO2排出削減につながることが期待できます。

2.研究開発プロジェクトの概要
事業名:
次世代人工知能・ロボットの中核となるインテグレート技術開発
実施期間:
2018年度~2023年度(予定)
予算:
16億円(2019年度)
研究開発項目1:
人工知能技術の社会実装に向けた研究開発・実証
研究開発項目2:
人工知能技術の適用領域を広げる研究開発
研究開発項目2-1:
「人工知能技術の導入加速化技術」
研究開発項目2-2:
「仮説生成支援を行う人工知能技術」
研究開発項目2-3:
「作業判断支援を行う人工知能技術」(今年度新規設定)

(i)設計における問題点・改善点を自動的に指摘する人工知能技術の開発

(ii)製造における非熟練者の判断を支援する人工知能技術の開発

今年度は、研究開発項目1と2-3(i)、2-3(ii)について公募・採択。

3.採択テーマおよび委託予定先一覧
<研究開発項目1:人工知能技術の社会実装に向けた研究開発・実証>

タイトルとURLをコピーしました