0110情報・精密機器

0110情報・精密機器

一般的な多関節ロボットでハンドリング可能な電動ピペットシステム「ぴぺすま」を5月27日に販売開始!~外部制御なので人手が不要だから、取扱い注意の液体も容易に分注~

2024-05-27 株式会社藤原製作所,日本原子力研究開発機構 【発表のポイント】 バイオや化学分野の検査、実験などで、試薬など少量の液体を必要なだけ分注(吸引/排出)する「マイクロピペット」と呼ばれるツールが使われています。マイクロピペ...
0110情報・精密機器

微小ナノダイヤモンド量子センサで安定的に温度計測実現~細胞内などの微小領域での量子センシングに期待~

2024-05-16 水落憲和 化学研究所教授、蘇梓傑 同博士課程学生(現:量子科学技術研究開発機構博士研究員)、藤原正規 同特定研究員、五十嵐龍治 量子科学技術研究開発機構チームリーダー、株式会社ダイセルらの共同研究グループは、独自に開発...
0110情報・精密機器

シリカがタイヤを高性能化する秘密を中性子と水素のスピンで解明~「埋もれた界面」を観測する新技術で、複合材料の高機能化に貢献~

2024-05-16 日本原子力研究開発機構,J-PARCセンター,山形大学,総合科学研究機構,三重大学,横浜ゴム株式会社,京都大学 【発表のポイント】 自動車用タイヤでは、ゴム材料をシリカナノ粒子に結合させることにより分子間の滑りを減らし...
ad
0110情報・精密機器

X線顕微鏡の進化! 新形状可変ミラーで原子レベルの収差補正を実現

2024-05-08 名古屋大学 名古屋大学大学院工学研究科の松山 智至 教授(兼:大阪大学大学院工学研究科招へい准教授)、井上 陽登 助教、理化学研究所放射光科学研究センターの矢橋 牧名 グループディレクター、香村 芳樹 チームリーダー、...
0110情報・精密機器

偏光の世界を一回の撮影で解き明かす(Unveiling a polarized world – in a single shot)

2024-05-02 ハーバード大学 物体と光の波長、つまり色の相互作用から得られる情報は豊富です。色は医療診断においても重要で、デジタルイメージングでは大きな進歩が見られますが、光の性質は波長だけではありません。偏光、つまり光の波の振動方...
0110情報・精密機器

世界最高の空間分解能を持つ中赤外顕微鏡を開発~約100ナノメートルの空間分解能で分子振動分布の可視化が可能に~

2024-04-17 東京大学 発表のポイント 約100ナノメートルの世界最高の空間分解能を有する中赤外顕微鏡の開発に成功し、細菌内部の生体分子の分布を観察することに成功しました。 単一の対物レンズを用いた開口合成イメージング法を新たに開発...
0110情報・精密機器

超高速の光パターン照明手法を開発 ~次世代光産業、光科学の基盤的手法として期待~

2024-04-09 北海道大学,岡山大学,科学技術振興機構 ポイント ●超高速の光パターン照明手法を開発。 ●独自開発の高速空間光変調器と、照明パターン形状を拡張する「すりガラス」により実現。 ●生体計測の高速化・大規模化や金属3Dプリン...
0110情報・精密機器

DIY構造化照明顕微鏡を発表(Scientists unveil a DIY structured-illumination microscope)

2024-03-04 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) ◆光学顕微鏡は光の回折により100 nm未満の解像度での観察が不可能でした。しかし、約15年前に超解像顕微鏡が開発され、生きた標本の内部を観察し、細胞の挙動やウイルス、蛋白質...
0110情報・精密機器

ペットボトルの水に何が含まれているのか?数十万個の小さなプラスチック片が存在する可能性を示唆する研究結果(What’s in Your Bottled Water? Study Suggests There May Be Hundreds of Thousands of Tiny Plastic Bits)

2024-01-08 ラトガース大学 ◆ラトガースヘルスとコロンビア大学の研究チームが開発した画期的な微小なプラスチック粒子を検出できる技術が、ボトル入り水の中に存在するこれらの微粒子が人間の血液、細胞、胎盤に影響を及ぼす未知の健康効果でき...
0110情報・精密機器

メタレンズと星の出会い:全面ガラス製の大型メタレンズで太陽、月、星雲を撮影(The metalens meets the stars:Large, all-glass metalens images sun, moon and nebulae)

2024-01-17 ハーバード大学 ◆ハーバード大学の研究者は、直径10センチのガラスメタレンズを開発し、太陽や月、遠くの星雲などを高解像度で撮影できると発表しました。このメタレンズは、可視光の範囲で大量生産可能であり、全ガラス製で、従来...
0110情報・精密機器

電子・スピンの運動を可視化する走査型顕微鏡の開発~マイクロメートル領域のスピン流を精密に測定~

2024-01-12 広島大学 本研究成果のポイント 物質内を伝導する電子・スピンを精密に観察できる走査型顕微鏡を開発 約10万分の1メートルまで微小な領域のスピン流を可視化することに成功 超省電力スピントロニクスデバイスの精密な評価手法と...
0110情報・精密機器

高速度撮影の時間スケールをつなぐ光学技術を開発~電気的撮影法と光学的撮影法の谷間であるナノ秒撮影問題を解決~

2023-12-21 東京大学 発表のポイント ◆ 色の異なる光パルス列をナノ秒間隔で生成する精密な光学システムを開発し超高速撮影を行うことで、従来の高速度撮影法が抱えていたナノ秒撮影問題を解決しました。 ◆ 実証例として、細胞中を伝播する...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました