令和元年(2019年)浅間山の火山活動に関する対応

スポンサーリンク

2019-08-08  国土地理院

航空機SAR観測結果

国土地理院は、令和元年8月8日、測量用航空機くにかぜに搭載したSARを用いて浅間山の噴火周辺の観測を行いました。
航空機SARの観測結果の詳細については、PDFをご覧下さい。

地理院地図から、より高解像度の画像がご覧いただけます。
地理院地図による閲覧

航空機SARの観測結果の詳細(PDF)

火山災害対策用図

火山災害対策用の地図としてご利用いただけます。

火山災害対策用図「浅間山周辺」(PDF:62.2MB)
(地理院地図による閲覧)

赤色立体地図

赤色立体地図は、浅間山周辺の地形がよくわかる地図です。
火山特有の地形が詳細に分かります。

赤色立体地図「浅間山周辺」(PDF:67.5MB)
(地理院地図による閲覧)

このwebページで公開している地理空間情報のご利用について

国土地理院コンテンツ利用規約に従い、出典を明示いただくだけで、転載も含めご自由にお使いいただけます。
これらの地理空間情報等につきましては、
・現地の被災状況を心配されている国民の皆様への直接の情報提供
・関係機関が行う今後の対応等についての検討
等に対する重要な情報を提供する目的で行っています。

問い合わせ先

(航空機SARに関すること)
国土地理院基本図情報部
管理課長 中村 孝之
管理課長補佐 伊東 欣英 
(火山災害対策用図、赤色立体地図に関すること)
国土地理院応用地理部
企画課長 勝田 啓介 
企画課長補佐 小野 康 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク