キクタニギクのゲノムを解読、開花に関わる遺伝子探索へ

ad
ad

栽培ギクの起源を明らかにし、品種改良を加速

2019-02-04 農研機構
かずさDNA研究所、農研機構、東京大学、広島大学および日本大学は共同で、キクタニギクのゲノム解析を行い、開花に関わる遺伝子の探索と栽培ギクのゲノム配列変異の検出などを行いました。

キクタニギクはキク科キク属の植物で、日本では東北から九州にかけて自生しています。栽培ギクに比べてゲノム構造が単純なため、キクのモデル植物としてさまざまな研究に利用されています。
今回、全ゲノムの89%にあたる2.72Gbの配列を解読しました。解読した配列から推定された遺伝子数は71,057です。

キクタニギクのゲノムや開花に関わる遺伝子が明らかになったことで、キクの開花制御や花の形態形成に関する研究を一層すすめることができます。そして、これらの情報を利用した栽培ギクの育種の効率化が進むと期待できます。

研究成果は、DNA Research誌で1月27日にオンライン公開されました。

論文タイトル:De novo whole-genome assembly in Chrysanthemum seticuspe, a model species of Chrysanthemums, and its application to genetic and gene discovery analysis.(キク属のモデル種であるキクタニギクにおける全ゲノム構築とその遺伝学および遺伝子発掘解析への応用)
論文のURL: https://academic.oup.com/dnaresearch/advance-article/doi/10.1093/dnares/dsy048/5303208
DOI:10.1093/dnares/dsy048

データベース:MumGARDEN (http://mum-garden.kazusa.or.jp/)
NBRP広義キク属:http://shigen.nig.ac.jp/chrysanthemum/index.jsp


キクタニギクの写真:広島大学提供

詳しいプレスリリース

キクタニギクのゲノムを解読、開花に関わる遺伝子探索へ
〜栽培ギクの起源を明らかにし、品種改良を加速〜
1 月27日に DNA Research でオンライン発表

平成31年2月4日
公益財団法人 かずさDNA研究所
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)
国立大学法人 東京大学
国立大学法人広島大学
学校法人 日本大学
◇かずさDNA研究所、農研機構、東京大学、広島大学および日本大学は共同で、キクタニギ クのゲノム解析を行い、開花に関わる遺伝子の探索と栽培ギクのゲノム配列変異の検出など を行いました。
◇ キクタニギクはキク科キク属の植物で、日本では東北から九州にかけて自生しています。栽 培ギクに比べてゲノム構造が単純なため、キクのモデル植物としてさまざまな研究に利用さ れています。
◇ 今回、全ゲノムの 89%にあたる 2.72Gb の配列を解読しました。解読した配列から推定され た遺伝子数は 71,057 です。
◇ キクタニギクのゲノムや開花に関わる遺伝子が明らかになったことで、キクの開花制御や花 の形態形成に関する研究を一層すすめることができます。そして、これらの情報を利用した 栽培ギクの育種の効率化が進むと期待できます。
◇ 研究成果は、DNA Research 誌で1月27日にオンライン公開されました。

(問い合わせ先)
<報道に関すること> 公益財団法人かずさDNA研究所 広報・研究推進グループ
<研究に関すること> 公益財団法人かずさDNA研究所 植物ゲノム・遺伝学研究室 室長 磯部 祥子(いそべ さちこ)

 1. 背景
キク科に属する植物種は被子植物の約 10%を占め、特に栽培ギクの起源となったキク属は 主に東アジアで分化したことから、植物の多様性を研究する上で重要な植物群のひとつです。 また、栽培ギクは日本の切花生産の約 40%を占めており、世界的にもバラやカーネーション と並んで重要な花き品目です。

今回解析したキクタニギク(Chrysanthemum seticuspe)は、キク科キク属の多年草で、東 北から九州にかけて自生しており、10~11 月に黄色い花をつけます。キクタニギクの染色体 数は 2n=18 ですが、栽培されているキクは多くの野生ギクが交雑を繰り返し品種として成立 したため、複雑なゲノム構造になっています。そのため、ゲノム構造が単純なキクタニギク が、キクのモデル植物として開花制御の研究などに利用されています。

タイトルとURLをコピーしました