1202農芸化学

1202農芸化学

幼若ホルモンの働きを抑える薬剤探索法の開発と新たな昆虫成長制御剤の候補となる化合物の発見

ターゲット分子を狙い撃ちにした薬剤開発に期待 2020-10-27 農研機構 ポイント 農研機構は、昆虫の幼若(ようじゃく)ホルモンの働きを抑える昆虫成長制御剤1)の候補となる化合物を、大規模な化合物ライブラリー2)から効率的...
1202農芸化学

単為結果性品種の育成に道

ナスに単為結果性をもたらす仕組みを解明した成果が 国際科学誌「米国科学アカデミー紀要」に掲載!~果菜類の生産安定化と作業労力削減に期待~ 2020-10-26 タキイ種苗株式会社 タキイ種苗と農研機構(本部:つくば市、理事長:久間和...
1202農芸化学

ドローンによるリモートセンシングを利用した小麦追肥重点型多肥栽培

2020-10-23 農研機構 カテゴリ:水田作 :技術紹介パンフレット :その他 タイトル:ドローンによるリモートセンシングを利用した小麦追肥重点型多肥栽培 発行年月日:2020年10月23日 概要: ...
1202農芸化学

大豆畑の帰化アサガオ類とヒロハフウリンホオズキの除草剤体系処理による防除

2020-10-23 農研機構 カテゴリ:水田作 :技術紹介パンフレット :その他 タイトル:大豆畑の帰化アサガオ類とヒロハフウリンホオズキの除草剤体系処理による防除 発行年月日:2020年10月23日 概要: ...
1202農芸化学

オレンジ色の加工用サツマイモ新品種 「あかねみのり」と「ほしあかね」

カロテンを含み、外観の良い製品が加工できます 2020-10-20 農研機構 ポイント 農研機構は、オレンジ色の肉色をもつ加工用サツマイモ新品種「あかねみのり」と「ほしあかね」を開発しました。「あかねみのり」はチップ等への加工...
1202農芸化学

スーパー作物キヌアの多様性を解明 ~高い環境適応性と優れた栄養特性をもつキヌアの品種改良に期待~

2020-10-14 国際農研,京都大学,理化学研究所.鳥取大学,株式会社アクトリー,科学技術振興機構,国際協力機構 ポイント 分子レベルの研究に必要な遺伝的に均質なキヌア系統コレクションを作出 キヌア系統...
1202農芸化学

収量安定性を改善した加工用イチゴの新品種「夢つづき2号」を育成

2020-10-14 アヲハタ株式会社 アヲハタ株式会社(本社:広島県竹原市、代表取締役社長:山本範雄、以下アヲハタ)と国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(本部:茨城県つくば市、理事長:久間和生、以下農研機構)は、加工に適...
1202農芸化学

米粉適性の高い水稲多収品種「ミズホチカラ」の栽培技術

2020-10-06 農研機構 カテゴリ:標準作業手順書(SOP) タイトル:米粉適性の高い水稲多収品種「ミズホチカラ」の栽培技術 発行年月日:2020年9月30日 概要: 米粉...
1202農芸化学

カーネーションの花にもカロテノイドの存在を発見

今までにない鮮やかな黄色のカーネーションの品種開発が期待 2020-09-14 東京農工大学 カーネーションの花が、バラやキクの花の黄色の素であるカロテノイドを作ることを見つけました。 カーネーションを含むナデシコの仲間の花は、カ...
1202農芸化学

自家和合性のウメ新品種「麗和」と「和郷」~受粉樹が不要で果実が大きくヤニ果の発生が少ない~

2020-09-14 農研機構 ポイント 農研機構は、自家和合性1)のウメ新品種「麗和」と「和郷」を育成しました。両品種とも果実が大きく2)、ヤニ果3)の発生が少ないため、梅干しや梅酒などの用途に優れた特性をもつとともに、開花期...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました