「だいち2号」によるガラパゴス諸島シエラ・ネグラ山噴火の観測結果について

ad
ad

2018/07/13 JAXA

概要

  • ガラパゴス諸島イザベラ島シエラ・ネグラ山において、2018年6月26日より噴火活動が開始した。
  • JAXAは「だいち2号」による観測を行い、火口内の沈降と火口から北西側において複雑な地殻変動を捉えた。
  • 夜間あるいは雲や噴煙の下でも地表を観測可能な「だいち2号」の特性を活かし、火山活動の監視に貢献している。

ガラパゴス諸島イザベラ島シエラ・ネグラ山において2018年6月26日より継続している噴火活動について、JAXA「だいち2号」(ALOS-2)搭載の合成開口レーダ「PALSAR-2」により継続的に観測を行います。表1に観測の概要を、図1に観測範囲を示します。

表1:「だいち2号」による観測の概要

 

観測日(UTC)軌道番号軌道方向観測モード偏波観測方向
2018年6月29日147南行軌道ScanSARHH+HVW2
2018年7月1日41北行軌道Stripmap 10mHH+HVF2-7
2018年7月3日145南行軌道SpotlightHH

タイトルとURLをコピーしました