2018年07月02日一覧

平成29年九州北部豪雨に関する資料について

昨年の災害では、赤谷川等において洪水、流木、土砂等による甚大な被害が発生したが、寺内ダムの下流では、これらの被害はほとんどなく、ダムによる大きな効果を発揮しました。災害から1年、あらためて豪雨の概要、ダムの効果について情報提供します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク