放浪する星が恒星育成の場を混乱させる(Wandering star disrupts stellar nursery)

ad
ad
ad
ad

旅する星が連星系を形成することを示す新たな証拠となる出来事
Event provides new evidence that traveling stars can form binary systems

2022-06-13 ノースウェスタン大学


A young protostar in L483 and its signature outflow peeks out through a shroud of dust in this infrared image from NASA’s Spitzer Space Telescope. Stars are known to form from collapsing clumps of gas and dust, or envelopes, seen here around a forming star system as a dark blob, or shadow, against a dusty background. The greenish color shows jets coming away from the young star within. The envelope is roughly 100 times the size of our solar system. CREDIT: NASA/JPL-Caltech/J.Tobin (University of Michigan)

ズームアウトした遠景から見ると、星形成雲L483は普通に見える。しかし、ノースウェスタン大学率いる天体物理学者のチームが、どんどん近づいてみると、事態はますます奇妙になった。
研究者たちは、この雲にさらに近づくと、その磁場が不思議なほどねじれていることに気づきました。そして、雲の中にある生まれたばかりの星を調べたところ、その後ろに隠れた星を発見したのです。
この研究を率いたノースウェスタン大学のエリン・コックス教授は、「この星は、基本的には兄弟星なのです」と言いました。「我々は、これらの星が遠く離れて形成され、一方が他方に近づいて連星を形成したと考えています。この星が兄弟星に近づいたとき、雲の力学を変化させ、磁場をねじ曲げたのです。
今回の発見は、連星形成や磁場が星の発達の初期段階にどのような影響を与えるかについての洞察を与えるものです。

<関連情報>

タイトルとURLをコピーしました